banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

冷凍みかん(400円)2015年5月5日に小田原駅新幹線高架下コンビニで購入
Reito Mikan

掛紙 外観

その名のとおり、凍らせた温州みかんが、ビニール袋に4個入って400円。当たり前だが氷点下の冷たさで、カチカチに固くて歯にしみて、一方で表面から氷が溶けて水になっていき、手と周囲を湿らせた。2個入り220円のものは売り切れていた。昭和の時代の昔懐かしいアイテム。

冷凍みかんの発祥地は、現在のJR小田原駅だという。1955(昭和30)年ないし1956(昭和31)年に、冷凍食品会社と小田原のみかん業者が商品化し、鉄道弘済会がここを始めに全国の国鉄の駅で販売することで普及した。高度経済成長期の昭和40年代にはよく売れたが、その後はアイスクリームや冷房の普及で廃れたという。東海道本線の主要駅のキヨスクには必ず備え付けられていたと思う、もっぱら冷凍みかんを販売するアイスケースも、20世紀中に見なくなった。

しかし冷凍みかんそのものの需要は、学校給食やみかん産地の努力で健在だったようで、21世紀に入ると昔懐かしいアイテムとして復活、この発祥駅でも新幹線の売店で積み上げるようになった。アイスやスイーツや他のフルーツより美味いとは思わないが、冷菓がほんとうの冷菓であった半世紀前を昔懐かしむ体験。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
松田商事 株式会社 静岡県三島市日の出町3番6号 055(975)0339

シュウマイ(230円)2004年5月16日に小田原駅コンコース駅弁売店で購入
Syumai

掛紙 外観 外観 中身

小田原の駅弁屋さんの焼売のミニサイズ。通常は15個で510円(当時)のところが、たった6個しか入っていないから、一瞬で食べ尽くしてしまった。ビール1缶にこれ1個という組み合わせが最適か。なお、これを購入した時に初めて、小田原駅在来線部でシュウマイを発見できた。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

シュウマイ(600円)2002年5月19日に小田原駅新幹線下りホーム上駅弁売店で購入
Syumai

掛紙 外観 中身

小田原の駅弁屋さんのシュウマイ。新幹線の隣駅のシウマイと、本当に良く似ているが、脂気がやや多い味と、陶製ではなくポリ容器の醤油入れ、そしてこちらのパッケージには駅弁マークが入るという違いがある。商品名も、やや異なる。価格は購入当時で510円、2014年時点でも現役で600円。

新幹線「こだま号」から売店の営業がなくなり、車内でたこ焼きや焼売が買えなくなったため、この駅のホーム上で「ひかり」や「のぞみ」に抜かれる長い停車時間を利用して購入しよう。

※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

駅弁屋のシュウマイ(680円)2017年3月19日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Ekibenya no Syumai

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2017(平成29)年の2月か3月頃から、東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」へ大量に出現し始めた商品。調製元も内容も、上記の小田原駅弁の「シュウマイ」と同じものだが、名前に「駅弁屋の」が加わり、パッケージが黒くなり、中身のシュウマイが15個から12個へ減り、価格が事実上4割以上の値上げとなる680円へ上がった。長らく小田原駅では、シュウマイの販売に出会えていない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

ヨコハマ博雅(特)シウマイ(430円)2015年5月5日に小田原駅自由通路弁当売店で購入
Yokohama Hakuga Toku Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

小田原駅でしぶとく残る駅売り焼売に、赤い紙箱の通常版に加えて黒い紙箱の特製版が出たのかと思って購入したら、かつて横浜市内で買えた焼売の名を名乗っており、しかし調製元が小田原の蒲鉾屋であり、しかも製造者固有記号が付いているという、属地が不詳な商品。

ボール紙のトレーに6個の、横浜駅の崎陽軒にたとえれば特製サイズの焼売が6個、ボール紙のトレーごと真空パックされて収まっていた。豚とその脂の臭みが強く、どうも常温ではなく加熱しないとうまくない商品のよう。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 丸う田代 神奈川県小田原市浜町3−6−13 0120-22-9221 http://www.maruu.com/

とりそぼろ(380円)2004年5月16日に小田原駅コンコース駅弁売店で購入
Torisoboro

掛紙 外観 中身

世にも珍しい、おかずだけの駅弁。ハンディサイズの惣菜用容器に、とろみのあるグリーンピースとタケノコ入り鶏そぼろが詰まる。

食べるとかなり甘味があり、確かに売店の販売員から「おかずだけしかないよ」と売り惜しみされるとおり、たとえ酒のつまみにしたくても、これだけでは食べられたものではない。白御飯のお供にしたいが、あいにく小田原駅では御飯だけの駅弁が販売されておらず、御飯とセットになった「とりそぼろ弁当」のような商品もなかった。

なお、おかずだけの駅弁はかなり昔にいくつかの駅で販売されていたという話は聞いている。デパートでもスーパーでもコンビニでも多種多様な惣菜が買える時代に、駅弁屋で惣菜を扱う意義はないが、この商品には根強いファンがいるのだろう、駅弁と同じ売店に並んで販売されている。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

とりそぼろ(200円)2013年3月15日に小田原駅改札脇駅弁売店「駅弁屋 和」で購入
Torisoboro

掛紙 外観 中身 中身 中身

上記「とりそぼろ」の、2013(平成25)年時点での姿。内容量と価格が約半分になった。シールが紙帯になっても、売店が駅弁屋の直営からNREになっても、この味と中身は変わらない。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

海老天むすび(570円)2011年11月27日に箱根湯本駅改札外コンコース弁当売店で購入
Ebiten Musubi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

表は竹皮柄で内面は銀色の寿司向けなボール紙箱を、商品名を書いた掛紙で巻く。中身は白御飯に海老天を合わせて海苔を巻いた、海老天むすびが4個と、きゃらぶき。というか、これは名古屋名物の天むすに他ならない。味も例えば「地雷也」の商品と変わらない。価格は購入当時でおそらく480円、2014年時点で570円。

※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
小田原あじ彩(株式会社丸高)神奈川県小田原市栄町2−3−15 0465(22)4180 http://marutaka29.com/

【終売】稲荷すし(510円)2001年7月29日に平塚駅コンコース駅弁売店で購入
Inari Sushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

小田原・東華軒のいなりずし。土産物風のパッケージで、包装紙を破いて蓋を開けると、いなりずしが5個とかんぴょう巻が4個入っている。名が体を表す期待通りの駅弁。

味も辛すぎず酸っぱすぎず、食感もなかなかしっかりしていて、駅ビルのテナントが売るいなりずしより明らかに上質だ。価格も納得。小田原駅弁は東海道線の平塚から熱海まで、時刻表に駅弁の記号が付く全9駅で販売される。2009年頃に「箱根黒糖稲荷寿司」へリニューアルされた模様。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】手作りかざり寿司(550円)2010年4月16日に熱海駅駅弁売店で購入
Tezukuri Kazari Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年1月の登場か。小柄な長方形の発泡材枠容器にボール紙でふたをして、実は中身を控えめに描いているオレンジ色の掛紙で包む。中身はひじき混じりのおいなりさんが3個分6切れと、三色の細巻を3つ束ねた「かざり寿司」が4切れ。

おいなりさんは無難な味。かざり寿司は見栄えこそ個性的だが、中身がタクアン、カンピョウ、広島菜ということで、飯に合わずにまずかった。こうやって駅で普通に買えたけれど、収穫報告がほとんどない幻の駅弁。2011年以降は販売されていないのではないかと思う。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

まさカリーパン(680円)2011年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Masacurry Pan

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

商品としては2008(平成20)年8月2日に登場。駅弁としては2011年1月の京王百貨店駅弁大会と阪神百貨店駅弁大会でしか売られていないのではと思う。ボール紙製でカレー色の専用紙箱の中に、透明な袋に密封される、ごぼうと牛肉が入った丸いカレーパンが3個収まる。単独で百貨店の催事場にも来る富士屋ホテルの総料理長が監修ということで、小柄であるがなかなかうまい。調製元は小田原の駅弁屋であるのに、パッケージに駅弁マークが付いていない。

神奈川県足柄地域の情報発信による地域活性化を目指し、地元の商工業者などで2008年に「金太郎プロジェクト推進委員会」が発足、プロジェクトの第一弾として、地元のヒーローである金太郎、地元産の足柄牛、金太郎の息子の金平(きんぴら)にちなんでゴボウを使い、この「まさカリーパン」が誕生した。以後「まさカリーライス」「黄金のPOT」等の商品を生んでいる。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

はんなりいなり(940円)2008年8月3日に小田原駅コンコース駅弁売り場で購入
Hannari Inari

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

小田原の駅弁売店で売られていた稲荷寿司。ふたに宣伝文を印刷したボール紙製の紙箱に黄色い掛紙を巻いている。中身は黒ゴマや黒ミツを混ぜて黒くなった酢飯を海苔と油揚げで巻いた、棒状のおいなりさんが3本、それぞれ4切れにカットしてぴったり収めるもの。風味はふんわり、適度なサイズと水気で口にポンポン入っていく。

調製元は鎌倉に近い横浜市南部の住宅街にある寿司屋で、鎌倉の駅前と市街に売店を出している模様。鎌倉は街弁としてのおいなりさんが地元限定で親しまれている。しかしこれがなぜ鎌倉ではなく、小田原と熱海の駅弁売店で売られるのだろうか。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
有限会社 マルハン食楽サービス 神奈川県横浜市栄区犬山町39−5 045(892)1675 http://www.maru-han.co.jp/