banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

横濱中華弁当(1,080円)2015年10月15日に高島屋横浜店崎陽軒売店で購入>
Yokohama Chuka Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2014(平成26)年8月1日のリニューアル。中身は俵型に型押しした白御飯、エビチリ、酢豚、チンジャオロース(細切り肉野菜炒め)、ナスと鶏挽肉の炒め物、鶏肉揚、春巻、ザーサイ、クラゲとカニカマと錦糸卵の酢の物、特製シウマイ。黒い容器が赤くなり、掛紙が黒くなり、白御飯が俵型になり、メインでない具がちょっと入れ替わっただけ。あまり変わらないが、これがよい。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱中華弁当(1,020円)2010年3月19日に鶴見駅駅弁売店で予約購入
Yokohama Chuka Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年8月1日のリニューアル。容器と掛紙は従前と同じものを使う。中身は白御飯に鶏黒酢風味、エビチリ、肉野菜炒め、エビカニ団子、春巻き、イカの玉子揚げ、クラゲとカニカマと錦糸卵の酢の物、シウマイ1個など。雰囲気は変わっていないが、中身はかなり変わった。崎陽軒の駅弁という点では、シウマイが2個から1個に減ったのに値上げされたことが先に気になったが、中華駅弁の老舗であり最高峰の実力は変わらない。価格は購入当時で1,000円、2010年9月1日の値下げで990円、2014年4月の消費税率改定により1,020円。2014年8月に上記へリニューアル。

※2014年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】中華風御辨當(1,000円)2009年7月5日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Chuka-fu Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年6〜8月に実施されたJRグループの観光キャンペーン「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」に伴い、同年7月限りで横浜、桜木町、関内の各駅で販売された、復刻版中華弁当。1978(昭和53)年から1996年まで販売されたものを再現したという。

赤い正方形の発泡材容器を、やはり赤い柄の掛紙で包み、ひもで珍しい形にしばる。中身は白御飯に酢豚、肉団子、中華クラゲ、海老団子、シャーヨーペン、海老南蛮揚、シナチク、ザーサイ、シウマイ3個など。中華弁当に長ける調製元だから、味も雰囲気も安心できる。懐かしいという話題や記事は見なかったが、キャンペーンと駅弁売店に彩りを添えた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱中華弁当(980円)2007年8月25日に横浜駅西口地下街弁当売店で購入
Yokohama Chuka Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007(平成19)年8月1日のリニューアル。毎年のようにリニューアルされる崎陽軒のフラッグシップ。今回は御飯が日の丸になり、おかずはエビチリ、カニ団子、キス南蛮揚、イカ塩炒め、鶏あんかけ、酢の物。ザーサイとシウマイ2個も添付し、価格は20円下がった。

今回の掛紙の背景絵柄は、大観覧車コスモクロック、マリンタワー、横浜ベイブリッジ、ランドマークタワー、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル、中華街の門、赤レンガ倉庫、客船か。横浜観光の中心地はすでに、かつての関内地区からみなとみらいに移り、番手に付けていたイゼザキその他の根岸線の線路の西側は、ガイドブックにあまり載らなくなった。2008年8月に上記商品へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱中華弁当(1,000円)2006年8月12日に横浜高島屋崎陽軒売店で購入
Yokohama Chuka Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2006(平成18)年8月1日のリニューアル。容器や掛紙や内容は、列記すれば変化を読み取れるし、大きい点では3個の通常版シウマイが2個の特製シウマイに置き換わったが、全体的な雰囲気に変化はない。価格も据え置き。中華料理の雰囲気を駅弁で手軽に味わえる、全国的に類例が少ないが横浜では定着した中華駅弁。

前作も前々作も抽象画だった掛紙の絵柄は、今回はシウマイ御弁當のように具体的な建造物を描いた。コスモクロック、ランドマークタワー、ベイブリッジ、中華街の媽祖廟(まそびょう)を描いた新掛紙に、スケールの大きな美しさを感じる。2007年8月に上記商品へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱中華弁当(1,000円)2005年4月30日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Chuka Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年4月15日のリニューアル。黒い蓋付き発泡材容器に中華風の赤い掛紙を巻いてゴムで留める。中身は胡麻振り御飯に海老マヨネーズにかじきまぐろ中華揚や五目XO醤炒めやザーサイなどにシウマイ3個。以前と比較して見栄えが向上するとともに奇抜さが取れ、より安心して買える商品になったと思う。2006年8月に上記商品へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱中華弁当(980円)2001年6月19日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Chuka Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

2000(平成12)年12月登場。「シウマイ御弁當」でおなじみのシウマイと俵飯に、海老チリソース・豚肉炒め・唐揚げ・海老団子を加えた。殻付きの海老には閉口するが素材はいずれも確かで、特に香り高い海老団子はシウマイを凌ぐ逸品。崎陽軒では「シウマイ御弁當」に次ぐナンバー2の存在として売り出した。2005年4月に上記商品へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

中華三昧弁当(850円)2007年7月15日に横浜駅中央北口改札内コンコース弁当売店で購入
Chuka Zanmai Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

正方形の大きな専用紙箱を使用、トレーに入った中身は、炒飯、肉団子、焼売各種、春巻、春雨、ザーサイなどで商品名どおり。見栄えは特に美しいわけではないが、箸でつかみにくいほどパラパラの炒飯に10種類もの中華おかずは、食べ甲斐があった。調製元の公式サイトによると、JRCPで東京や新横浜、膳まいで東京、横浜、鶴見の各駅に進出したようだが、アイテ

ム数を見ると軸足は羽田の空弁に置かれている模様。

なお、2007年末頃に京急連絡口脇の弁当売店が撤去されたため、この弁当は現在は駅では買うことができない。

※2011年2月補訂:販売現況を追記
調製元
株式会社 イズミ食品 神奈川県横浜市保土ケ谷区東川島町27−11 0120-895551 http://www.isg.co.jp/

横浜中華三昧弁当(850円)2013年4月13日に東海道新幹線東京駅駅弁売店で購入
Yokohama Chuka Zanmai Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

上記の弁当の2013(平成25)年4月時点での姿だと思われる。この頃には横浜駅やその周辺では買えなくなっていたと思うが、こうやってJRCPの駅弁売店では買えた。新横浜駅でも売られていた模様。容器は市販の仕出し弁当向けボール紙製容器に掛紙をかけるタイプに変更、中身はチャーハン、焼売、春巻、肉団子、鶏甘酢あんかけ、カニかまぼこ揚、中華春雨、エビチリ、蒸し鶏、ザーサイなどで、これはほぼ変わらない。価格も同じ。

調製元
株式会社 イズミ食品 神奈川県横浜市保土ケ谷区東川島町27−11 0120-895551 http://www.isg.co.jp/