banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

KIYOKEN YOKOHAMA(本店限定オリジナル手作りシウマイ)(1,150円)2012年2月5日に調製元で購入
KIYOKEN YOKOHAMA (Honten Gentei Original Tezukuri Siumai)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅東口駅前の崎陽軒本店ショップでのみ販売されている特製シウマイ。フカヒレと大葉のシウマイ、甲州健味鶏と軟骨のピリ辛シウマイ、クワイシウマイが各3個ずつ、木と紙でできた正方形の箱に収まり、包装紙に包まれる。価格は購入時で1,100円、各5個入りだと1,800円。2015年時点での価格は各3個入りで1,150円、各5個入りで1,880円。

冷蔵状態で販売され、蒸し器で温めることが推奨されている。今回は旅の道中で食べたが、冷蔵では食感がざらざらしており、確かに加熱したほうが味が出ると思った。この値段なら通常版の30個入りがいいと思う味覚の持ち主は対象でなし。

※2015年9月補訂:値上げを追記
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

おいしさ長もち特製シウマイ(1,370円)2014年7月21日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Oishisa Nagamochi Tokusei Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2012(平成24)年10月1日にシウマイ4種と弁当1種で一斉に発売された「おいしさ長もちシリーズ」のひとつで、製造日を含めた賞味期限を従前の5日から11日へと拡大した要冷蔵商品。エンボス加工で見た目や手触りで高級感を出した紙箱の中に、特製シウマイを6個詰めたパックがふたつと辛子が入る。容器の底面で電子レンジまたは蒸し器の使用を指示されるので暖めて食べると、香りや刺激は以前の冷蔵販売な特製シウマイより柔らかいような気がした。価格は発売当時で1,200円、2014年4月の消費税率改定により1,230円、同年8月の豚肉高騰による価格改定で1,300円、2016年9月から1,370円。

※2016年8月更新:値上げを追記
※2016年6月補訂:写真の更新
※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】おいしさ長もち特製シウマイ(1,200円)2012年10月27日に横浜高島屋崎陽軒売店で購入
Oishisa Nagamochi Tokusei Siumai

掛紙 掛紙 掛紙

2012(平成24)年10月27日に購入した、横浜駅の特製シウマイのパッケージ。上記の現行品と何も変わっていないように見えて、底の「召し上がり方」中「蒸し器の場合」に描かれるシウマイの個数が異なったり、折れ目あたりのパッケージの構造が少し違ったりする。もちろん、それに気が付いて購入したわけではない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380

おいしさ長もち黒豚シウマイ(670円)2015年1月3日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Oishisa Nagamochi Kurobuta Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2014(平成26)年12月15日に発売された、崎陽軒の冷蔵シウマイ「おいしさ長もちシリーズ」の新作。粗挽きと細挽きの黒豚肉をブレンドした特製シウマイが6個、専用の紙箱に真空パックで収まる。ここのシウマイは本来、干帆立貝柱の混入で冷めてもウマイものだが、これは豚肉の「脂」が薫るうまいもので、これを食べてしまうといつものものは「油」に感じるほど。ポン酢はあってもなくても。価格は発売時や購入当時で650円、2016年9月から670円。

※2016年8月更新:値上げを追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

特製シウマイ(740円)2014年7月21日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Tokusei Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1981(昭和56)年7月15日に登場し、最近では2001(平成13)年と2005(平成17)年にリニューアル。名前のとおり、横浜名物シウマイの特製版。木目に金文字の紙箱を、白い包装紙で包む。中身は帆立を増量しハーブ豚を使用した、通常版のシウマイよりやや大きめで、単価は3倍の特製シウマイが6個入る。価格は購入当時で700円、2016年9月から740円。

横浜駅弁のシウマイは、昭和初期当時の中国人街の焼売を、コンパクトで常温向けにしたもの。となると、これはその工夫を元に戻したものとなる。なかなか高価な商品であると思うが、崎陽軒のどこの売店でも売られるくらいの定番の地位を得た。 ※2016年8月更新:値上げを追記

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】特製シウマイ(700円)2015年1月23日に横浜で購入
Tokusei Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅弁の特製シウマイの、2015(平成27)年時点での姿。陶製醤油入れ「ひょうちゃん」の生誕60周年を記念し、1月8日から8月中旬まで、その醤油入れを体感値で1/3くらいの確率で赤い「還暦記念ひょうちゃん」14種に、数万分の一かそれ以下の確率で金地の「金色の還暦記念ひょうちゃん」14種に差し替えた。写真は赤い還暦記念ひょうちゃんの一種。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】特製シウマイ(600円)2003年1月1日にどこかで購入
Tokusei Siumai

掛紙

2003(平成15)年1月1日に購入した、横浜駅弁の包装紙。昭和初期からの通常版シウマイの掛紙のデザインを取り入れた現行版より、こちらのほうがデザインとしては現代的であると思う。容器と中身は13年後と同じ。

価格は購入当時で600円、後に630円、2006年9月の豚肉や帆立の高騰による価格改定で680円、2010年9月の値下げで650円、2014年4月の消費税率改定により670円、同年8月の豚肉高騰による価格改定で700円。

>※2016年6月補訂:新版の収蔵に伴う写真の削除と文章の整理
※2015年9月補訂:価格改定を追記
※2004年4月補訂:リニューアル年と12個入り新価格を記載
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒

【終売】特製シウマイ(650円)2010年12月20日にどこかで購入
Tokusei Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

上記「特製シウマイ」の、2010(平成22)年12月時点での姿。包装紙のデザインが変わったが、中身は変わらない。劇団四季「CATS」横浜公演1周年を記念して、2010年11月11日から2011年2月末頃まで、陶製醤油入れ「ひょうちゃん」の絵柄をCATSに置き換えて販売した。今回購入のものもそうなっている。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

特製シウマイ(1,420円)2014年7月21日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Tokusei Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

特製シウマイの12個入り。1981(昭和56)年7月の発売当時は、12個入りで1,000円だったとのことで、つまりこれが元祖のパッケージとなる。見た目も強度も木箱のような紙箱に、大きな特製シウマイが12個入る。醤油入りひょうちゃんや、辛子、楊枝、しおりも添付。価格は購入当時で1,350円、2016年9月から1,420円。

※2016年8月更新:値上げを追記
※2016年6月補訂:写真の更新と文章の整理
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場シウマイ製造部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】特製シウマイ(1,350円)2015年1月23日に横浜で購入
Tokusei Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜駅弁の特製シウマイの、2015(平成27)年時点での姿。陶製醤油入れ「ひょうちゃん」の生誕60周年を記念し、1月8日から8月中旬まで、その醤油入れを体感値で1/3くらいの確率で赤い「還暦記念ひょうちゃん」14種に、数万分の一かそれ以下の確率で金地の「金色の還暦記念ひょうちゃん」14種に差し替えた。写真では通常版が入っており、これはハズレ。6個入りから赤い還暦記念ひょうちゃんを持ってきてみた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場シウマイ製造部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】特製シウマイ(1,200円)2005年7月1日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Tokusei Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年7月1日に購入した特製シウマイ。この約3週間後の7月20日に、上記の現在の姿へ全面リニューアルがかかった。中身は変わらないが、包装紙の絵柄と容器の縦横比が異なる。

価格は購入当時で1,200円、2006年9月の豚肉や帆立の高騰による価格改定で1,300円、2010年9月の値下げで1,250円、2014年4月の消費税率改定により1,290円、同年8月の豚肉高騰による価格改定で1,350円。

※2016年6月補訂:新版の収蔵による文章の整理
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 横浜工場シウマイ製造部 神奈川県横浜市都筑区川向町675−1 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

特製シウマイ(2,360円)2004年3月28日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Tokusei Siumai

掛紙 外観 外観 外観 中身

いつの間に登場していた、横浜駅の特製シウマイの最大個数パッケージ。強度のある木目調厚紙容器を土産用包装紙で包む。ふたには金文字が記され、中身はあの特製シウマイが22個も詰められている。これだけ入っていれば食べ応え充分。なお、発売箇所はかなり限られている模様。

価格は購入当時で2,100円、2006年9月の豚肉や帆立の高騰による価格改定で2,200円、2010年9月の値下げで2,100円、2014年4月の消費税率改定により2,160円、同年8月の豚肉高騰による価格改定で2,250円、2016年9月から2,360円。

※2016年8月更新:値上げを追記
※2015年9月補訂:価格改定を追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/