banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 塩尻(しおじり)駅2017年10月15日訪問Googleマップ
JR-East Shiojiri Station

駅名標 駅舎 駅構内

新宿駅から特急列車「あずさ」で約2時間40分。塩尻市は長野県の中部で松本盆地に位置する、人口約7万人の宿場町。ワインの生産や精密機械工業で知られるほか、空港があり幹線鉄道と高速道路が通る交通の要衝でもある。駅弁は1907(明治40)年からの調製元が健在。松本駅の駅弁も買える。1902(明治35)年12月15日開業、長野県塩尻市大門。

とりめし梓(1,200円)2017年10月15日に松本駅コンコース駅弁売店で購入
Torimeshi Azusa

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

JRグループの観光キャンペーン「長野県・信州デスティネーションキャンペーン」の実施に合わせて、2017(平成29)年7〜9月に期間限定で販売。同年10月にはJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2017」にエントリーされ、販売が継続されている。

横に細長い容器に、茶飯を敷き、とりそぼろと鶏照焼、野沢菜の油炒め、錦糸卵、山菜、紅生姜で覆い、生野菜サラダとワインゼリーを添える。その内容はまるで、まるで既存の塩尻駅弁「とりめし」の拡大版。掛紙の絵柄も似ているし、だいたい1.5倍くらいの分量が入り、ざらついて油っぽい味も健在。

販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門8−9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/

信州ジビエ祭弁当(1,200円)2016年11月19日に松本駅コンコース駅弁売店で購入
Shinsyu Gibier Matsuri Bento

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

諏訪大社の式年造営御柱大祭を記念し、2016(平成28)年4月に発売。そう言われると確かに、掛紙の絵柄が御柱祭の木落としの光景である。同年秋のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」では、「主な販売駅 松本駅・塩尻駅」でエントリーされたが、、掛紙に「中央線 塩尻駅」とあるので、塩尻駅弁のページに収蔵。

市販の大きな仕出し弁当容器を、もっと大きな掛紙で包む。9区画の中身は、日の丸御飯、茶飯と高菜漬、ワカサギ南蛮漬、煮物類、イカ山菜寿司、かまぼこと玉子焼と肉味噌、鶏味噌焼とナガイモ煮、漬物と甘味、つくね。このうち、肉味噌とハンバーグのようなつくねに、「ジビエ」こと鹿肉が使われる。食べれば臭みも美味もなく、牛や豚にしては細かくてざらざらしているな、と思う程度。

ジビエとは、フランス語由来の外来語で、畜産でなく狩猟により食材として捕獲した鳥獣。獣肉と呼ぶと分かりやすい。日本国内では主に、保護により増えすぎて農林業や交通に悪影響を及ぼす、エゾシカやニホンジカを狩って食べて減らそうという場面で、主に使われていると思う。そんなカタカナ語ができる前から、イノシシやキジなど、各種の獣肉が駅弁になってきている。

販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門8−9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/

信州黄金シャモめし(1,200円)2014年8月9日に松本駅の改札内コンコースの駅弁売店で購入
Tori Kamameshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)3月の発売か。長方形の容器に鶏ガラならぬシャモガラスープで炊いた茶飯を詰め、野沢菜の油炒め、錦糸卵、信州黄金シャモ肉の照焼と煮物の各2切れ、ネギや糸こんにゃくやマイタケなどで覆い、五平餅とワインゼリーを添える。つまり鶏飯。信州黄金シャモの照焼は締まってうまく、価格が高いためか他の食材の種類や見栄えも類例よりさすがに優れているが、どこかを略して千円になれば、駅弁として買いやすくなると思った。

販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門八番町9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/

信州牛和風牛肉弁当(980円)2008年1月1日に松本駅コンコース駅弁売店で購入
Shinsyugyu Wafu Gyuniku Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

ボール紙製の専用紙箱には、白樺と牧場と牛と山々が描かれる。白いトレーに入った中身は、1/3が日の丸御飯、2/3がおかずで、駅弁名どおりの牛焼肉が和風つまり醤油風味の味付けで詰まり、レタスとキュウリの生野菜サラダ、ゆで卵、ポテトフライ、リンゴ、ワインゼリーなどが入る。

メインの牛肉は柔らかさ、脂の乗り、味付けともにほどよく無難な印象。千円を切る価格を考えると、それが上々だと感じる。全体的に風味も中身もとても整然と整然とした、派手に売ろう勝とう戦おうという雰囲気のない、清く正しい駅弁。価格は購入当時で950円、2015年時点で980円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門八番町9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/

とりめし(650円)2005年4月9日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Torimeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

下記「とり釜めし」の陶製釜型容器を経木の正方形容器に変えて、栗とうずらの卵を抜いたもの。ざらついて油っぽい鶏唐揚や鶏そぼろを不味いと思う人は少なくなさそうだが、塩尻駅弁の他にない特徴であり安心感を覚えると共に、コンビニ弁当並みの価格なのに体裁がまさに駅弁なので、中央本線の車窓をおかずにすれば良い味が出ると思う。掛紙代わりの紙蓋に描かれるニワトリの絵柄にも、天然系のボケが効いて暖かみが出ている。価格は購入当時で610円、2015年時点で650円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門八番町9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/

とり釜めし(860円)2014年8月9日に松本駅の改札内コンコースの駅弁売店で購入
Tori Kamameshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

プラスティック製の釜飯容器に、ニワトリでデザインした掛紙をかける。中身は茶飯の上に、衣に水気の多い鶏唐揚、淡い色の鶏そぼろ、野沢菜の油炒めに栗やうずらの卵などを載せるもの。他の釜飯駅弁や鶏飯駅弁と比較して、見た目も味も家庭料理に近い素朴な感じがした。味は油っぽいと思う。

販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門八番町9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/

とり釜めし(860円)2003年2月15日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Tori Kamameshi

掛紙 外観 中身

上記の駅弁「とり釜めし」を、近所のスーパーの駅弁大会で買ったもの。容器の本体が陶製であるのは、2003(平成15)年当時のものか、あるいは輸送販売のときに使うものか。価格は購入当時で820円、2015年時点で860円。

※2017年11月補訂:新版の収蔵で解説文を整理
※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
中央本線 塩尻(しおじり)駅 1902(明治35)年12月15日開業 長野県塩尻市大門
調製元
株式会社 カワカミ 長野県塩尻市大門八番町9−36 0263(52)1234 http://kawakami.ekiben.or.jp/