banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 伊東(いとう)駅2017年6月10日訪問Googleマップ
JR-East Ito Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から特急列車で約1時間45分。伊東市は静岡県と伊豆半島の東端に位置する人口約7万人の温泉町。毎分30キロリットル以上も湧出する豊富で刺激の少ない湯を、安い銭湯から高級温泉旅館まで様々な形で楽しめる。駅弁は駅舎内で駅前とホームに面した売店で販売。いなりずしに定評がある。1938(昭和13)年12月15日開業、静岡県伊東市湯川3丁目。

いなり寿し(600円)2017年6月10日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Inari Zushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1959(昭和34)年3月に登場。外見は変哲のないおいなりさん6つを、まとめてラップで密封し、木目を印刷した強度のある長方形のボール紙製容器に入れて薄い木のふたをして、茶色の包装紙で土産物のように糊付けして完全に包む。

味は絶品。あげは油分が多い感じも、辛さも甘さもほどほどで、酢飯はもちっとした食感。毎年秋の明治神宮の例大祭に献上されるほどの、最近は減ったもののかつてはどこにでもあった稲荷寿司駅弁の最高峰と評される品物で、「いなり寿しは伊東」と断言する人も多いとか。満腹でも食が進む。

※2017年7月補訂:写真を更新
※2015年10月補訂:値上げを追記
※2009年2月補訂:発売開始年の訂正
販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860 http://www.gionzushi.jp/

いなり寿し(340円)2017年6月10日に道の駅伊東マリンタウンで購入
Inari Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

伊東駅弁名物のいなりずしの、3個入りパッケージ。専用の白いボール紙箱に、おいなりさんを3個収める。味はもちろん、通常版と同じ。パッケージに駅弁マークが入っているが、この商品が駅で売られている場面を見たことがない。駅以外の店舗で売られる商品ではないかと思う。

販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860 http://www.gionzushi.jp/

のり巻入いなり(650円)2014年3月2日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Norimaki iri Inari

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

上記「いなり寿し」とまったく同じ容器や包装紙を使用。いなりずしを4個に減らし、代わりにかんぴょう巻きを4つ入れたもの。いなりずしはとても美味いが細巻は普通の味で、これでいなりずし6個より価格が50円高いとなると、私なら「いなり寿し」を選択したいところ。価格は購入当時で620円、2015年時点で650円。

※2017年4月補訂:写真を更新
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860 http://www.gionzushi.jp/

おにぎりランチボックス(540円)2014年12月28日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Onigiri Lunch Box

掛紙 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年10月4日の発売という、伊東駅の駅弁ではかなり久しぶりの新作。おおむね楕円形の容器に、鮭おにぎり、ワカメおにぎり、玉子焼、鶏唐揚、ダイコンつぼ漬を詰めて、透明なふたをして、商品名を書いたシールを貼る。もとは調製元の「道の駅伊東マリンタウン」内の店舗向けの商品だったのか、シールにはそのイメージキャラクター「マリにゃん」が描かれる。コンビニ弁当の機能を持つ、駅弁屋の味。

販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860 http://www.gionzushi.jp/

特製おむすび弁当(680円)2002年4月21日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Tokusei Omusubi Bento

掛紙 外観 中身

薄手のボール紙を使った細長い直方体の容器の中に、これまた細長い白いトレーが入る。中身はおむすびが3個と、大きめの鶏唐揚がひとつ、他にはごぼうや玉子焼など。この値段で味と量はちゃんと確保されている。

容器には取っ手や開封口がミシン目で刻まれており、本来なら下の写真のように開けるべきだと思うが、中身の水分を吸ってボール紙がふやけており、トレーを横から抜くか容器をビリビリに破くかしなければ中身を取り出せない。工夫が生かされず残念。価格は購入当時で600円、2015年時点で680円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860 http://www.gionzushi.jp/

特製おむすび弁当(赤飯)(680円)2002年4月21日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Tokusei Omusubi Bento

掛紙 外観 外観 中身

上記「特製おむすび弁当」と容器やおかずや価格を全く変えずに、おむすび3個を赤飯の握り飯に置き換えたもの。赤飯おむすびが変形しているのは上記「いなり寿し」と同様の理由で、こちらは上に載せた他の弁当が容器を押し潰したもの。もちろん味は変わらなく、この値段で味と量がちゃんと確保されている。価格は購入当時で600円、2015年時点で680円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860 http://www.gionzushi.jp/

【掛紙】いなり寿し(600円)2008年1月27日に横浜駅西口の駅弁イベントで購入
Inari Zushi

掛紙

2008(平成20)年1月27日の調製である、伊東駅弁の包装紙。JR東日本横浜支社が2008(平成20)年1月26〜27日に、管内の駅弁屋4社(崎陽軒、大船軒、東華軒、祇園)を集めて横浜駅西口で実施したイベント「どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア」にて販売されたもの。いつもの絵柄に伊豆半島や特急電車やイベント名を加える、過去の伊東駅弁では記憶にない限定特別版だった。容器は中身は通常版の6個入りと同じ。

調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860

【掛紙】のり巻入いなり(620円)2003年9月1日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Norimaki iri Inari

掛紙

2003(平成15)年9月1日に購入した、伊東駅弁の包装紙。上記の11年後との違いは、価格を掛紙に印刷していたことと、調製元公式サイトのURLがないだけ。

販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860

【掛紙】いなり寿し(570円)2002年4月21日に伊東駅駅舎内そば屋で購入
Inari Zushi

掛紙

2002(平成14)年4月21日の調製である、伊東駅弁の包装紙。現在のもの、そして過去のものと、ほとんど変わらない。だから古書店やネットオークションに古い掛紙が出てきても、あまり良い値段が付いていない。

販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
株式会社 祇園 静岡県伊東市広野1−2−15 0557(37)2860

【掛紙】寿し(100円)1963年5月27日調製
Sushi

掛紙

1963(昭和38)年5月27日の調製と思われる、昔の伊東駅弁の掛紙。デザインは現在のものと同じだが、「空箱・空ビンなどは窓外に棄てず腰掛の下にお置き下さい」の注意書きに、時代を感じる。

販売駅
伊東線 伊東(いとう)駅 1938(昭和13)年12月15日開業 静岡県伊東市湯川3丁目
調製元
祇園 所在地の記載なし (3)2860