banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 三島(みしま)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Mishima Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 沼津(ぬまづ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Numazu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

韮山(にらやま)反射炉弁当(1,000円)2015年7月31日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Nirayama Hansharo Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

韮山反射炉のユネスコ世界文化遺産への登録を記念し、2015(平成27)年7月27日に発売。専用のボール紙の容器には、その韮山反射炉と、その前に建つ江川太郎左衛門英龍像が描かれる。食器の絵柄を持つ9区画のトレーの中身は、黒米飯、鶏そぼろ炊込飯、鶏照焼とマダイ山葵味噌焼、根菜の煮物、豚肉チーズ巻とシイタケ焼、うぐいす豆と反射炉の焼き印が入る玉子焼、エビ天とミートローフ磯部揚、山菜や漬物、イチゴジャムゼリー。江川家の食卓や韮山の特産を詰めたという、なんでもまるごと弁当。

2015年7月15日に世界文化遺産への登録が決まった「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、登録の十数年前に九州で近代化産業遺産を見直し始めたことから始まるため、その対象が各地に点在することとなった。申請や推薦と前後して炭坑関連施設が増えたり減ったりして、結果的には九州や山口を中心に岩手県釜石市と静岡県伊豆の国市を飛び地として8県11市に点在する23資産で構成された。世界遺産委員会での議論において、韓国が日韓外相会談での約束を反故にして反日感情に基づく登録反対の主張を展開し、また国内での反感と嫌韓を招いてしまった。

静岡での対象は韮山反射炉のみ。日本でいう江戸時代の製鉄に使われた技術と構造物で、国内では唯二、山口県萩とここに残る。ここは従前から100円の入場料を取り、ボランティアガイドの案内を聞けたり、周囲に観光売店やビアホールがある、ささやかな観光地であったが、世界文化遺産への登録やその前の勧告により、来場者が3〜9倍に激増したという。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

甘藷(かんしょ)みしまコロッケ(130円)2012年12月21日に三島駅南口駅前の仮設駅弁売店で購入
Kansho Mishima Korokke

掛紙 外観 外観 中身 中身

三島駅の駅弁売店で販売されていたコロッケ。サツマイモ入りの甘く平たいコロッケがひとつ、ソースのボトルとともに紙袋へ収まる。これはけっこう売れているのだろう、この1個入りに加えて2個入り、3個入り、4個入り、5個入りの各種が、仮設の小さな駅弁売店に並べられていた。

2008年7月1日に誕生したと2009年に設定された「みしまコロッケ」の定義は、三島馬鈴薯(メークイン)を100%使用する、だけ。三島市役所では商工観光課に「みしまコロッケの会事務局」を設置し、ジャガイモの仕入先を確認することで認定をし、あとは民間の創作、つまり勝手に作らせて売らせて、三島馬鈴薯の普及や三島の街の活性化を目指している。このサツマイモを使う「甘藷みしまコロッケ」は、みしまコロッケの姉妹品と位置付けられており、駅弁売店では12〜6月にこれを、7〜11月に甘藷の付かない「みしまコロッケ」を販売。調製元の桃中軒も同会の認定を得ている。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

伊豆龍馬飛翔会席膳(980円)2011年1月8日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Izu Ryoma Hisho Kaiseki Zen

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010年放送のNHK大河ドラマ「龍馬伝」にちなみ、2010(平成22)年2月25日に登場。正八角形の柔らかい発泡材枠容器に木目柄のボール紙でふたをして、下田の風景と駅弁名などを描いた正八角形の掛紙で包む。中身はヒョウタン型と扇型の白御飯、キンメダイ酒蒸し、カツオ昆布巻、野菜とイセエビの煮こごり、海老アメリカンソース、鶏つくね焼、玉子焼、ニンジンやコンニャクなどの煮物など。容器の強度のなさが気になるが、内容と風味は上々。

駅弁の名前も中身も掛紙もしおりも、龍馬と下田にちなんでいるという。大河ドラマの放送による龍馬ブームの発生を期待してか、2008年4月には静岡県下田市で「伊豆龍馬会」が発足、無名の脱藩藩士が後に司馬遼太郎に書かれる英雄になったきっかけが下田であると「龍馬、飛翔の地」を売り出そうと頑張り始めたそうな。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

さとやまのさち(880円)2006年5月20日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Satoyama no Sachi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年11月の登場。経木枠の平たい長方形容器や。ボール紙のふたの図柄には、新駅弁らしくない古風さを感じる。中身は黒米混じりの俵飯にカレイ照焼、桜えび炒煮、ひじき煮、玉子焼と蒲鉾と煮物類など。中身の見栄えや風味や雰囲気もやはり古風な感じ。華やかさはまるでないけれど、実力だけで勝負してくるかなりのしっかり者。価格は購入当時で850円、2014年4月の消費税率改定により880円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】沼津からの贈りもの(1,000円)2008年12月14日に三島駅駅弁売店で購入
Numazu Kara no Okurimono (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

沼津商業高校との共同開発駅弁として、2008(平成20)年12月12日に高校の体験実習と三島駅と沼津駅で発売、実習は翌日まで、駅では翌年5月末までの予定で一日20個が販売される。発泡材枠の正六角形容器にフィルムをかけて、おしぼりとお客様ハガキと駅弁のしおりを置き、富士とお茶とトビウオと牛を描いたボール紙でふたをして、駅弁では見たことがない6方向の放射状にひもでしばる。

中身は1/3が茶飯をあしたか牛のそぼろで覆い、ブロッコリーとサツマイモとニンジンを添える「あしたかめし」、1/3が酢飯の上にキンメダイとエビとタコを刻んでクロムツを載せる「トロール漁の駿河ちらし」、1/6が白御飯の上に茶葉を敷いてメギス揚げを置く「トロール漁のなめろうめし風」、1/6が西浦みかんゼリー。予定を超えて2010年まで販売か。

沼津商業高校3年経営コースの授業の一環として、沼津の市役所や商工会や農協の協力のもと、2008年6月から地元食材を利用した駅弁開発に取り組んだという。それをこうやって地元の駅弁屋が商品化。御飯ばかり食べさせられていることを感じさせない、見た目も味も彩り豊かな印象。しおりには誕生経緯やおしながき、沼津駅周辺地図や年中行事に地元のクイズが記される。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】天城の本わさびづくし海ひこ山ひこ(1,000円)2003年6月14日に撮影
Amagi no Hon-wasabi-zukushi Umihiko Yamahiko (end of sales)

外観 中身
※写真提供:日本暇人協会会長さん

1987(昭和62)年11月に「新幹線グルメ」キャンペーンで登場した、通常は添え物のわさびを前面に出した駅弁。正八角形の容器の中身は、ワサビの小片が散らばった白飯と、海の幸の煮物を中心とした旅館の夕食のような他種類のおかずで構成。おろし金付きの本ワサビに、それを持ち帰るための小袋付き、おかずも味付きとわさび醤油で食べる物とが分けてあり、ワサビのための配慮が出ている。しかし筆者はワサビが苦手なのでこの駅弁の一番おいしいところが食べられない。2006年に販売終了。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】伊豆の思ひ出 文士の玉手箱 夏目漱石編(1,050円)2011年1月8日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Izu no Omoide Bunshi no Tamatebako Natsume Soseki Hen (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

文士の玉手箱シリーズの第4弾として、2010(平成22)年10月に登場。下記の第2弾である若山牧水編と同じ容器を使用、中身はエビピラフ、ビーフステーキ、じゃこスパゲティ、鯛フライ、椎茸フリッター、玉子焼、いちごジャムゼリーなど。内容は意欲的かつ個性的だが、飯と肉は固く、おかずは油っぽく、出来立てでないと味が落ちる、駅弁らしくない洋食弁当という印象。この駅弁シリーズは、この第4弾で終了した模様。

明治時代の文豪である夏目漱石は、英語教師としての赴任先である松山と熊本で観光資源に駆り出されているが、本来は江戸生まれの東京育ちであり、両地及びイギリス留学の期間中を除き一貫して東京在住である。晩年に療養のため修善寺に滞在したことで伊豆とつながり、この駅弁の題材にもなった。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】伊豆の思ひ出 文士の玉手箱 若山牧水編(1,050円)2008年12月14日に三島駅駅弁売店で購入
Izu no Omoide Bunshi no Tamatebako Wakayama Bokusui Hen (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

文士の玉手箱シリーズの第2弾として、2008(平成20)年5月から1年間の予定で発売。ボール紙を小さな本か大きな筆箱のように組み立てた容器を使用、中身はクルミとくこの実と松の実を混ぜた御飯に玉子焼、キンメダイ照焼、アイガモくん製、ナスの鶏挟み焼、イワシ緑揚げ、なます、セリ胡麻和え、ニンジンやサトイモなどの煮物など。

若山牧水の歌に登場する食材を使ったところが「若山牧水編」なのだそうで、食べ終わると容器の底から歌が3つ出てくる。文学的素養がゼロな私の感想としては、小粒なものを細々と添えた内容と風味に、年齢と作品を重ねた文士が渋い顔をしながら食べていそうな雰囲気があった。

若山牧水(わかやまぼくすい)は1885(明治18)年に宮崎県に生まれ、1928(昭和3)年に沼津にて43歳で没した歌人。15の歌集その他に収めた8794首の他に、旅と酒が大好きで大正時代には紀行文も書いており、鉄道やバスや船や馬車などを使い各地へ出掛けているため、東海道線その他の駅弁もきっと食べているのだろう。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】三嶋旅情頼朝公旗挙げ御膳(1,180円)2008年8月9日に三島駅前の弁当売店で購入
Mishima Ryojo Yoritomoko Hataage Gozen (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

三島商工会議所と桃中軒の共同開発により、2006(平成18)年8月17日に登場。発売日と価格は下記の故事にちなむ。外側が金色に光り、内側が朱色に輝く専用の紙箱は二段構造、下段に梅とみょうがを添えた黒米飯と茶葉を添えた緑茶飯をそれぞれ梅花型に固め、上段に鶏肉生姜煮、蒸し白身魚、サザエ醤油煮、栗、玉子焼、ナス味噌焼、海老のすり身、人参などが小さな一口サイズで収まる。2009年頃までの販売か。

おしながきに書かれるとおり、中身のすべてが源頼朝やその時代にちなんでいる。1192年に鎌倉に幕府を開いたと小学校の社会科で教えられた源頼朝が、流刑地である伊豆で1180年8月17日に「旗挙げ」(挙兵)したことが、平家征伐そして全国平定への足掛かりとなる。そのゆかりの地である三島では「公」付けで親しまれるそうな。なお、鎌倉時代の開始年について、最近は1192(いいくに)年ではなく1185(いいはこ)年と教えられているらしい。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/