banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁三重県 > 松阪駅 > その他の駅弁 (5種類収蔵)

←前は[松阪駅牛肉弁当の駅弁] | 次は[三重県その他の駅弁]→

JR東海 紀勢本線 松阪(まつさか)駅 2013年1月1日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 名古屋から近鉄特急またはJR快速「みえ」で1時間強、近鉄山田線とJR紀勢本線が接続しJR名松線を分けるターミナル。松阪市は三重県中部で伊勢湾に面した人口約17万の城下町で、主に工業の街だが日本一の銘柄牛「松阪牛」の主要産地として名高い。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「あら竹」が改札口の脇で1番ホームと改札外に面した小売店を構え、雑貨に加え主に牛肉の駅弁を販売する。1893(明治26)年12月31日開業、三重県松阪市京町。

霜ふり寿司(840円) 2003年7月26日に松阪駅駅舎内駅弁等売店で予約購入

掛紙 外観 中身

 1965(昭和40)年の登場。松阪駅弁にしては小柄な横長のボール紙容器には、元祖特選牛肉弁当と同じ牛頭の絵柄と、松阪肉すき焼弁当と同じ牛すき焼き肉の絵柄が描かれる。その中に、牛そぼろがぎっしり詰まる8分割された太巻き寿司が、1本まるごと収まっている。

 酢飯もぎっしり詰まっているため、歯ごたえがあるしサイズの割には腹持ちがする。一方でシンプル過ぎるため食べ続けるとやや飽きが来る気がするので、おつまみ代わりにちびちびつまむか、多人数で分ける食べ方が向いている感じ。価格は購入当時で840円、2015年時点で880円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
※2004年5月補訂:登場年を訂正

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
牛肉しぐれ弁当(1,000円) 2003年7月26日に松阪駅駅舎内駅弁等売店で予約購入

掛紙 外観 中身

 1963(昭和38)年の登場。牛の墨絵と特大の駅弁マークが描かれたピンク色のボール紙容器にトレーを入れる。中身は日の丸御飯に牛しぐれ煮が入るシンプルなもので、時雨煮を噛み締めるとビーフの風味がにじみ出てくる感じ。一日数個程度しか作られないそうで、確実な入手には予約が無難。価格は購入当時で950円、2015年時点で1,000円。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
すき焼弁当(1,000円) 2003年7月26日に松阪駅駅舎内駅弁等売店で予約購入

掛紙 外観 中身

 煮たり焼かれる前のすき焼き肉を描いたシンプルなデザインの黄色い紙箱に黒いトレーを入れる。中身は日の丸御飯に柔らかくタレの効いた牛すき焼き肉に各種付け合わせを添える、こちらも比較的シンプル。すき焼き肉を使う駅弁で、肉を御飯に載せないものは珍しいと思う。一日数個程度しか作られないそうで、確実な入手には予約が無難。価格は購入当時で950円、2015年時点で1,000円。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
五街道彩(いろどり)弁当(1,100円) 2009年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 三重県立相可高等学校食物調理課調理倶楽部のプロデュースで2008年5月1日に登場。ふたも本体も竹皮製の長方形容器に、割りばしとしおりを置き、スタンプ風に駅弁名を描いた掛紙を巻いて、セロテープで留める。中身は御飯とおかず。御飯には梅干しと錦糸卵に加えて牛そぼろ煮が載り、おかずには厚焼き卵、、カマボコ、鶏団子、さくらもち麩、野菜のおひたし、ニンジンやゴボウなどの煮物などに、ミニ和菓子が入っている。

 学校の先生と駅弁屋の社長が幼なじみであったことが駅弁誕生のきっかけになったらしい。このような手作り感のあるお弁当は、催事場では見栄えがしないし、最高級牛肉でその地位を築く松阪のイメージとは相反してさえしまうから、旅の途中で地元の駅にて偶然に出会うほうが合っている。風味もそういう期待であれば裏切らないはず。価格は発売時や購入当時で1,050円、2015年時点で1,100円。

 五街道とは通常、江戸・日本橋を起点とする東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道を指すと思うが、この駅弁での五街道とは伊勢街道、伊勢本街道、和歌山街道、和歌山別街道、熊野街道を指すそうで、三重の五街道とか紀勢界隈五街道などと称している。その目的地は伊勢神宮。古事記や日本書紀の時代からこの地にあったと言われ、江戸時代にはお伊勢参りが何度もブームになって庶民が徒歩で押し寄せ、明治〜大正時代には参宮鉄道〜国鉄、参宮急行電鉄、伊勢電気鉄道の三社が伊勢を目指し、現在も国内一級の観光地として年間500万人以上の参拝者で賑わう。

※2015年8月補訂:値上げを追記

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
【終売】お料理(1,160円) 2003年1月3日に松阪駅駅舎内駅弁等売店で購入

掛紙 外観 中身

 松阪駅の上等幕の内駅弁。ボール紙製ながら高級感の漂うデザインのお料理弁当容器を使用、黒いトレーの中に日の丸御飯と煮物揚げ物等のおかずが入り、他の駅弁のすべてに入っている牛肉は見当たらない。松阪駅で牛肉なしの駅弁を積極的に選択する理由は乏しいものの、値段に割高感を感じない程度の味は出ていると思う。駅弁としては現存しないものと思われる。

※2015年8月補訂:現況の推測を追記
※2004年7月補訂:駅弁名を入れ価格を訂正

【紀勢本線松阪(まつさか)駅】1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
【株式会社新竹商店】三重県松阪市日野町729−1 TEL:0598(21)4350
 http://www.ekiben-aratake.com/
←前は[松阪駅牛肉弁当の駅弁] | 次は[三重県その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2009年9月11日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.