banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 和歌山(わかやま)駅2017年1月28日訪問Googleマップ
JR-West Wakayama Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪駅から特急列車で約70分。和歌山市は和歌山県の北東端に位置する人口約36万人の城下町かつ県庁所在地で、紀州徳川家や製鉄所その他の臨海工業で栄えた。駅弁は昭和時代(創業は明治時代)からの駅弁屋が、改札外の駅ビル内に店舗を構えて販売。1924(大正13)年2月28日開業、和歌山県和歌山市美園町。

2004年度JR西日本「駅弁の達人」

小鯛雀寿し 特上(2,250円)2004年9月4日に和歌山駅ビル内駅弁売店で購入
Kodai Suzume Zushi Tokujo

掛紙 外観 外観 外観 中身

個数やグレードで数種類が販売されている「小鯛雀寿し」の、駅弁では最高価格のパッケージ。特に高級感のない発泡材の正八角形容器を、金箔銀箔を織り込んだ高級感のある厚手のボール紙容器に入れる。中身は小鯛の握り寿司が放射状にたった五個だけ、つまり一個562.5円換算。

これは街で丼物一杯が食べられる値段で、それだけ希少で高級な品物なのであろう。夏の暑い時期に購入したためか小鯛はやや塩辛かったが、その弾力性豊かな身を飯と共に口に含めば、尾ヒレがまるで生きているようにプルンプルンと跳ねる様は、他の駅弁はもちろん普通の寿司屋でも味わえないのではないかと思う。

しかしこれを2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁としてしまうところはなかなか罪作り。土産物としては20個入り8,500円などというパッケージもある。

※2004年10月補訂:写真の掲載と解説文の改訂
販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 073(424)3141 http://www.w-suiryoken.co.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

熊野牛の巻寿し(830円)2004年9月4日に和歌山駅ビル内駅弁売店で購入
Kumanogyu no Makizushi

掛紙 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンの実施に伴い、2004(平成16)年5月1日に登場した、他では牛肉駅弁の松阪駅付近にしかないと思う牛巻寿司駅弁。熊野牛を高菜で巻いて、酢飯で巻いて、海苔で巻いて太巻とし、八分割にスライスして細長いパッケージに詰める。

そぼろやしぐれでなく薄切焼で入った牛肉がジューシーで、海苔や高菜が隠し味となりそれを引き立てる、もちろん飯の品質も良くなければならないだろう、容器が小柄で目立たないが、味がいつまでも記憶に残る駅弁。

キャンペーンへの応募用シールが紙箱に直接印刷されているので、駅弁掛紙を切り刻むことに抵抗があるコレクターには、応募を諦めるか、断腸の思いでハサミを入れるか、または二個買うかの選択を迫られる。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。価格は購入当時で800円、2015年時点で830円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2004年10月補訂:写真の掲載と解説文の改訂
販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 073(424)3141 http://www.w-suiryoken.co.jp/

めはり寿司(500円)2014年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Meharizushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身 中身

和歌山名物のめはりずしを、5個詰めて500円。「寿司」とあるが、醤油飯を高菜の塩漬けで巻いたものである。かみ切れない高菜に醤油味のきつい飯という、媚びない味が心地良い。これは駅弁の俵飯のサイズ。郷土料理のめはりずしは、もっと大きなものらしい。下記の6個600円の「高菜めはり寿し」と、どちらが現地で売られているかは分からない。

販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 073(424)3141 http://www.w-suiryoken.co.jp/

高菜めはり寿し(600円)2003年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Takana Meharizushi

掛紙 外観 外観 中身

めはりずしの駅弁は紀伊勝浦や新宮など南紀のものというイメージがあるが、その和歌山県の最北端でも県庁所在地である和歌山駅にも存在している。小柄な紙箱のトレーを入れて、飯を完全に目張りする形で高菜を巻いためはりずしが、にぎり寿司サイズの大きさで6個入る。「めはり」の由来はこの目張りにあるという説もある。

販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 073(424)3141 http://www.w-suiryoken.co.jp/

小鯛雀寿し(1,080円)2002年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kodai Suzume Zushi

掛紙 外観 中身

1899(明治32)年頃の登場。木の香りが漂ってくるような定期券3枚分くらいの大きさの容器の中に、鯛の握り寿司が6個入って1,050円。さすがに鯛は高い。だから、酢飯はもう少し形を整えたほうが良かったかもしれない。

味は他の握り鯛寿司駅弁と変わらないのだが、フルカラーのパッケージにのし紙がついてしおりまで入り、これを読むだけでも楽しい。小鯛雀寿しは廃れた紀州名物を駅弁で再現したものの、逆に郷土料理ではなく名物駅弁として世に知られてしまったそうな。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改訂により1,080円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 073(424)3141 http://www.w-suiryoken.co.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】紀州寿司めぐり(1,000円)2004年12月11日に和歌山駅ビル内駅弁売店で予約購入
Kisyu Sushi Meguri (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2004(平成16)年頃の登場か。木目調な長方形の発泡材容器を、昔は紀州によくあったのだろうか、のれんに寿司と掲げた茶店のイラストを描いた、大きな掛紙ですっぽり包む。中身は正方形に2×4=8分割され、そのひとつひとつに、めはり寿し、太刀魚寿司、こけら寿司、さんま寿司、小鯛雀寿し、柿の葉寿し、梅寿し、わさび寿司と、スシの名の付く以外は共通点に乏しい食材が8種9個入る。

それぞれがとても個性的、悪気はないがまるで好き嫌いチェックのよう。全部がおいしく食べられたら、きっと国内の料理や食材に怖いものはない。私は梅干しとワサビが苦手なので、そのふたつに食感の良さを感じつつ、風味に泣きながら食べた。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。2011年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
※2005年3月補訂:写真の掲載と解説文の大幅手直し
販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 073(424)3141 http://www.w-suiryoken.co.jp/

【終売】えびずし(1,100円)2003年7月27日に和歌山駅阪和線ホーム上そば屋で購入
Ebizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1969(昭和34)年の登場。庄内米ササニシキの酢飯に天然物のゆで海老を載せた、寿司屋でよく見掛けるタイプの海老の握り寿司が6個、レモンとだし醤油付きで経木枠の長方形の箱の中に入っている。エビが見てつややか、食べてプリプリで、寿司屋で握ってもらう味に匹敵すると評判が良い。

改札内外に数軒の駅弁売店や駅そば屋がある和歌山駅でも、この商品は阪和線ホームでのみ販売されている。同じ売店でプラ容器のえびずしは、5個入り480円(当時)で販売されており、単価がえらく違うが不思議と共存している。価格は購入当時で1,030円、2015年時点で1,100円。ホーム上売店の閉店により、2016(平成28)年1月限りで終売となった。

※2017年1月補訂:終売を追記
※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
阪和線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
有限会社 阪和第一食堂 和歌山県和歌山市太田578 073(472)1903

【掛紙】紀州名物 柿の葉寿し(500円)1977年頃調製
Kisyu Meibutsu Kakinohazushi

掛紙

入手状況等から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の和歌山駅弁の掛紙。シンプルだが風情のあるデザインだと思う。昔も今も柿の葉寿司の駅弁は土産物としての機能が大きいのか、この掛紙には例えば空き箱は列車のデッキへ等の、車中消費を意識した注意書きがない。

販売駅
紀勢本線 和歌山(わかやま)駅 1924(大正13)年2月28日開業 和歌山県和歌山市美園町
調製元
株式会社 水了軒 和歌山県和歌山市美園町5丁目12−1 0734(24)3141