banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR四国 高松(たかまつ)駅2005年7月31日訪問Googleマップ
JR-Shikoku Takamatsu Station

駅名標 駅舎 駅構内

岡山駅から快速「マリンライナー号」で一時間弱の、四国を代表する鉄道ターミナル。高松市は四国北部で瀬戸内海に面する人口約四十二万人の城下町かつ港町で、県庁の設置と国鉄宇高連絡船の就航で行政都市として発展した。駅弁は2014年5月に国鉄時代からの駅弁屋が消え、以後は岡山駅の駅弁屋の製造委託でキヨスクが販売。駅のうどんは名物である。1897(明治30)年2月21日開業、香川県高松市浜ノ町。

げんき100ばいアンパンマン弁当(1,300円)2015年11月15日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Genki 100-bai Anpanman Bento

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年3月20日の発売。アンパンマンの顔だけを抜き出したプラ製の容器を、その顔が見えるようにくり抜いたボール紙の箱に詰め、アンパンマンやアンパンマン列車などを描いた専用のビニール袋に入れる。中身は中央にアンパンマンの顔を模したチキンライスを、ハンバーグ、オムレツ、チキンナゲット、ゼリー、焼売、サツマイモ煮、カボチャ煮、ミニトマトで囲む。

冷凍食品の味がするお子様ランチという感じも受けるが、発売当初の500円のものから格段の進化を遂げたものだと思う。当初の調製元は高松駅弁。2014年5月の同社の廃業により、同じくJR四国100%子会社の駅ビル会社が販売を引き継ぎ、調製は瀬戸内海の向こう側の駅弁屋である岡山駅の三好野本店が担当する。発売から3年間で9万4千個が売れたという。価格は発売時や購入当時で1,240円、2016(平成28)年10月から1,300円。

※2016年7月補訂:値上げと販売個数を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 ステーションクリエイト東四国 香川県高松市浜ノ町8−24 087(823)2014 http://www.jr-shikoku.co.jp/stc-shikoku/

【掛紙】げんき100ばいアンパンマン弁当(1,200円)2014年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Genki 100-bai Anpanman Bento

掛紙 掛紙

2014(平成26)年1月19日に購入した、高松駅弁のパッケージ。箱も容器も中身も、翌年のものと変わらない。この年の5月までは、商品の愛称ではなく調製元が高松駅弁であったため、パッケージの右上の表記がやや異なる。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

アンパンマン弁当(1,200円)2005年11月5日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Anpanman Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年3月20日に従前の下記商品を大きくリニューアル。アンパンマンとアンパンマン列車を描いた白いプラ袋に、アンパンマンのプラ製弁当箱が入る。中身はアンパンマン顔のチャーハンにウインナー、唐揚げ、焼きそば、枝豆、プチゼリー。袋の中のアンパンマンは空の水筒で、消費後の使い回しのためにある。

リニューアル前よりさらに中身が減少し、その分量は子供向けでも寂しい200円程度か。しかし容器を買う駅弁として四国一の人気を続けていくと思うし、実際に現地では売り切れで買えなかった。旧作同様、四国すべての県庁所在地駅で販売。

当初の調製元は高松駅弁。2014年5月の同社の廃業により、同じくJR四国100%子会社の駅ビル会社が販売を引き継ぎ、調製は瀬戸内海の向こう側の駅弁屋である岡山駅の三好野本店が担当する。リニューアル発売から11年間で81万8千個が売れたという。価格は発売時や購入当時で1,050円、後に1,100円、2014年4月の消費税率改定により1,140円、2016(平成28)年10月から1,200円。

※2016年7月補訂:値上げと販売個数と販売継続を追記
※2014年6月補訂:終売可能性を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 ステーションクリエイト東四国 香川県高松市浜ノ町8−24 087(823)2014 http://www.jr-shikoku.co.jp/stc-shikoku/

【終売】アンパンマン列車弁当(740円)2007年12月31日に高松駅舎内駅弁売店で購入
Anpanman Ressha Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

JR四国20周年を記念して2007年11月8日に登場。形状もデザインもアンパンマン列車を模したボール紙製容器を、アンパンマンの各キャラクターを描いた専用のビニール袋に詰める。中身はアンパンマン顔の炊込飯、アンパンマン顔の焼き印が付くいなりずしが2個、玉子焼、ウインナー、肉団子、枝豆というお子様メニュー。

添付のソース入れもアンパンマン型で、フォークや間仕切りにもアンパンマンを描く。さらに購入日にはアンパンマンのポスターカレンダーももらえた。そんなこだわりは下記「アンパンマン弁当」と同じで、持ち帰っても容器がかさばらない簡易版という印象。これは高松駅の改札外売店2箇所のみで、一日20個を限定販売するという。

なお、調製元が会社解散を前に、2014年5月11日に高松駅の駅弁売店を閉めたため、この駅弁も買えなくなったと思われる。

※2014年6月補訂:終売を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】アンパンマン弁当(500円)2002年3月2日に天王町サティ駅弁大会で購入
Anpanman Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

リニューアル特急気動車「アンパンマン列車」の登場に伴い、2000年10月14日に登場。発泡材のトレーに透明なふたという、スーパーの惣菜のような八角形の容器を使用し、ふたにシールを貼って掛紙の代わりとする。中身はアンパンマンの顔をケチャップとソースで描いた色付け御飯を正面上部に配置し、周りを唐揚げ・ウインナー・焼きそば・薩摩芋スティックと一口ゼリーなどで囲むもの。分量も内容も子供向け。先割れスプーンで食べる。

JR四国は、土讃線の特急にアンパンマンを描いて走らせたら乗客が増えたと喜んで、2001年以降次々と同種の車両を増やしている。駅弁はこれでいいのだが鉄道が、時間や運賃や本数などの利便性向上ではなく、ドラえもんやアンパンマンで利用者が増えたと鉄道会社が喜んでいるようでは、その路線の先行きが心配される。

なお、この駅弁は2005年3月20日に上記の1,050円の商品へリニューアルされた。同じ駅弁が高松・松山・高知・徳島の各駅で販売される。

※2005年3月補訂:リニューアルを追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711