banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 三角(みすみ)駅2014年2月10日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Misumi Station

駅名標 駅舎 駅構内

熊本駅から普通列車で約1時間の終着駅。三角は有明海と不知火海を分ける宇土半島に突き出た港町であり、明治時代の近代築港から1966(昭和41)年の天草五橋の開通まで港湾で賑わった。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2003年に撤退、2011年の観光列車の登場で各社の駅弁が売られ始めたが、今はない模様。1899(明治32)年12月25日開業、熊本県宇城市三角町三角浦。

【終売】海辺のたこ飯(980円)2012年2月12日に三角駅改札外駅舎内待合室で購入
Umibe no Takomeshi (end of sales)

掛紙
外観 外観 外観 中身 中身 中身

熊本駅と三角駅を結ぶ観光列車「A列車で行こう」の運行開始に合わせて、2011(平成23)年10月8日から同列車の運転日に限り「海辺のたこ飯」「浜のときずし」「小西行長城下町弁当」「おこしき弁当」4種が三角駅で販売されるようになった街おこしタイプの駅弁のうちのひとつ。調製元は三角駅前の観光物産館。

長方形の竹皮編み容器を、海とタコと三角駅舎と高速船をなんとなく描いた薄手の掛紙で包む。中身はタコ入り五目飯の上にイイダコ煮をまるまる1匹載せ、ニンジンやレンコン、みかんやガリを添えるもの。最近の弁当にしては味付けが控えめでしっかりとした食感のタコが印象深い。

今は毎時1本の各駅停車が熊本駅との間を行き来するだけの三角線は、明治時代には鹿児島県や宮崎県への鉄道延伸に先駆けて開業し、昭和時代にも別府や阿蘇への急行列車が乗り入れる重要な路線であった。それも明治の三大築港のひとつである三角港の存在と、有明海と八代海に挟まれて一定の人口と漁業と観光資源を抱える天草諸島への玄関口であったことによるもの。しかし前者は八代や熊本での埋め立てでできた大きな港に代わられ、後者は1966(昭和41)年の天草五橋の全通で自動車に代わられ、今に至る。三角町もいわゆる平成の大合併による5町の新設合併により、2005年1月に消えてしまった。

なお、この駅弁は2012年11月までは土休日の駅での販売があったようだが、それ以降の販売を確認できていない。

※2014年2月補訂:終売可能性を追記
販売駅
三角線 三角(みすみ)駅 1899(明治32)年12月25日開業 熊本県宇城市三角町三角浦
調製元
三角フィッシャーマンズワーフ 熊本県宇城市三角町大字三角浦1160−179 0964(53)2666 http://www.city.uki.kumamoto.jp/kankou/q/aview/115/82.html

【終売】おこしき弁当(1,000円)2012年2月12日に三角駅改札外駅舎内待合室で購入
Okoshiki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

熊本駅と三角駅を結ぶ観光列車「A列車で行こう」の運行開始に合わせて、2011(平成23)年10月8日から同列車の運転日に限り「海辺のたこ飯」「浜のときずし」「小西行長城下町弁当」「おこしき弁当」4種が三角駅で販売されるようになった街おこしタイプの駅弁のうちのひとつ。調製元は実物では不明だが、ネットで調べると「宇土マリーナおこしき館」である模様。

木目柄で長方形の容器を、商品名の由来になったと思う御輿来海岸(おこしきかいがん)の絵画をデザインした薄手の掛紙で巻く。中身はイカとアサリの炊込飯に、シイタケやカボチャやコンニャクなどの煮物、イカのかき揚げ、イカとキュウリの和え物、おこしき貝(マテ貝)の煮物、オレンジなど。容器の安っぽさを吹き飛ばす食材の彩りと、イカや貝の雰囲気の良さは、都会を離れ旅に出て出会えた良かったなと思えるレベル。

宇土半島で有明海島原湾に面し、1958(昭和33)年までは単独で村制を敷いた宇土市網田(おうだ)地区は、かつて海水浴場で栄え、平成に入りマリーナや道の駅が建設され、今は4〜5月に漁れるコウイカを名物として推しているという。ここの干潟の砂模様が1200年前の天皇から現代のカメラマンまで魅了する。国道57号とJR三角線が併走するが、列車の車窓からよく見えた記憶がない。

なお、この駅弁は2012年11月までは土休日の駅での販売があったようだが、それ以降の販売を確認できていない。

※2014年2月補訂:終売可能性を追記
販売駅
三角線 三角(みすみ)駅 1899(明治32)年12月25日開業 熊本県宇城市三角町三角浦
調製元
道の駅 海の駅宇土マリーナおこしき館 熊本県宇土市下網田町3084番地1 0964(27)1788 http://okoshikikan.net/

【終売】小西行長城下町弁当(1,000円)2012年2月12日に三角駅改札外駅舎内待合室で購入
Konishi Yukinaga Jokamachi Bento (end of sales)

掛紙
外観 外観 外観 中身 中身 中身

熊本駅と三角駅を結ぶ観光列車「A列車で行こう」の運行開始に合わせて、2011(平成23)年10月8日から同列車の運転日に限り「海辺のたこ飯」「浜のときずし」「小西行長城下町弁当」「おこしき弁当」4種が三角駅で販売されるようになった街おこしタイプの駅弁のうちのひとつ。調製元は宇土駅徒歩11分の居酒屋兼ホカ弁フランチャイズか。

市販の仕出し弁当向けボール紙製容器に、商品名と小西行長の紹介文や銅像写真をデザインした掛紙をかける。9区画の中身は、あさりごはん、グリーンピースの豆御飯、カボチャとニンジンとオクラの煮物、チキン南蛮、沢ガニ唐揚とかまぼこと玉子焼と茹でエビ、エビやシソなどの天ぷら、たくあんと切り干し大根、煮豆とミカンなど。おそらく気合いを入れて開発し心を込めて調製したぶん、内容がごちゃごちゃしていることとその解説がないことで、駅弁として売り込むには損をしていると思った。

小西行長(こにしゆきなが)は戦国時代の宇土城主。現在の大阪府堺市に生まれ、豊臣秀吉の家臣として活躍したことで天正15年(1587年)に肥後に20万石の所領を与えられ、宇土の城と街を築いた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで西軍に付き、その敗戦により斬首されている。小西行長城下町とはつまり宇土のことであり、今でも行長は宇土の市民と行政に深く親しまれている。

なお、この駅弁は2012年11月までは土休日の駅での販売があったようだが、それ以降の販売を確認できていない。

※2014年2月補訂:終売可能性を追記
販売駅
三角線 三角(みすみ)駅 1899(明治32)年12月25日開業 熊本県宇城市三角町三角浦
調製元
居酒屋・お弁当 せんば橋 熊本県宇土市本町5−49 0964(23)1948 http://city-uto.com/member/store.do?id=11

【終売】鯛の姿すし(850円)2003年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Tai no Sugata Zushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

魚型というか葉っぱ型に固めた酢飯の上に、塩漬けの後酢で締めたレンコ鯛という小ぶりの鯛を半身で頭から尻尾まで丸ごと、魚そのままの形で載せる、その名のとおりの姿ずし。タコ煮物や海老佃煮など、付け合わせも海のもの。

三角は駅前がすぐ港であり、天草や島原への玄関口で豊肥本線の急行「火の山」が別府や阿蘇から乗り入れていたものの、天草五橋の開通や観光形態の変化でその地位は低くなり、今は熊本とを結ぶ普通列車がぴったり60分毎に発着する小さな終着駅。

なお、2003年8月限りで駅弁業者が駅構内営業から撤退したそうで、その後は事前予約による販売が行われていたそうだが、現在は入手できない模様。

販売駅
三角線 三角(みすみ)駅 1899(明治32)年12月25日開業 熊本県宇城市三角町三角浦
調製元
有限会社 おさふね 熊本県宇土郡三角町三角浦1159−151 0964(52)2173

【終売】天草四郎寿し(950円)2003年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入
Amakusa Shiro Zushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1983(昭和58)年までには登場。多治見焼の容器をボール紙のパッケージに入れているので、手に持つとずしりと重い。木のふたを開けて出てきた中身は、中身は天草地方の郷土料理「とぐ寿司」。コノシロという魚を刻んで酢飯にとぐように混ぜるのでこの名が付いているそうで、その上に栗や椎茸や海老やキュウリを載せている。現地では要予約の駅弁。

なお、2003年8月限りで駅弁業者が駅構内営業から撤退したそうで、この駅弁については現在は予約でも入手できない模様。

販売駅
三角線 三角(みすみ)駅 1899(明治32)年12月25日開業 熊本県宇城市三角町三角浦
調製元
有限会社 おさふね 熊本県宇土郡三角町三角浦1159−151 0964(52)2173

【掛紙】かにすし(720円)1993年1月1日にどこかで購入
Kani Sushi

掛紙

1993(平成5)年1月1日の調製と思われる、昔の三角駅弁の掛紙。自分で購入したはずが、中身や購入状況を全く覚えていない。天草五橋の開通から大きく遅れて急行が廃止され、駅弁の撤退も大きく遅れた感はある。

販売駅
三角線 三角(みすみ)駅 1899(明治32)年12月25日開業 熊本県宇城市三角町三角浦
調製元
有限会社 おさふね 熊本県宇土郡三角町三角浦1159−151 0964(52)2173