banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 八代(やつしろ)駅2011年2月5日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Yatsushiro Station

駅名標 駅舎 駅構内

熊本駅から普通列車で約40分。JR鹿児島本線、JR肥薩線、肥薩おれんじ鉄道の接続駅。八代市は熊本県の中部で不知火海に面する人口約13万人の城下町で、干拓地や埋立地での農業や工業がさかん。駅弁は2004年の九州新幹線部分開業と共に進出した駅前の鮎問屋がつくる「鮎屋三代」がヒット、以後は新八代駅と同じ数種類の駅弁が売られる。1896(明治29)年11月21日開業、熊本県八代市萩原町1丁目。

肥後牛とろ玉しぐれ(1,050円)2012年2月12日に新幹線熊本駅改札内コンコース売店で購入
Higogyu Torotama Shigure

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR九州の駅弁キャンペーン「九州の駅弁グランプリ」へのエントリーに向けて、2011(平成23)年10月1日までに登場か。真っ黒な長方形の発泡材容器を、中身のイメージ写真に商品名を載せた掛紙を巻く。中身は御飯の上を肥後牛の牛肉煮、シイタケとニンジンとレンコンと菜の花と大根桜漬で覆い、半熟タイプの卵を載せるもの。

つまり、2010年に京王百貨店駅弁大会と地元で人気となった松江駅弁「島根牛みそ玉丼」の模倣であり、これは現代的にうまい。模倣は悪いことではなく、昭和の昔から構内営業中央会の会員の間では、駅弁のヒット商品が数年のうちに各地へ広がるようになっている。寒い日だったので見た目には牛肉に脂が浮いていたが、ビーフの味と香りに影響するものではなかった。価格は発売当時や購入時で980円、2016年時点で1,050円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

阿蘇赤うし(1,150円)2005年11月3日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Aso Akaushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

2005(平成17)年の夏頃に登場か。赤い長方形のふた付きプラ容器を、駅弁名と阿蘇を描いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に阿蘇赤うしのバラ肉煮込みを詰めてモモ肉焼きを貼り付ける。薄切りでないと噛み切れない硬いモモ肉の風味や食感にワイルドさが満点、脂味と柔らかさを競う国産ブランド牛や同駅弁とは、一線を画すような。2005年10月からの「九州の駅弁ランキング第2弾」対象駅弁。価格は発売当時や購入時で1,000円、2016年時点で1,150円。

阿蘇を代表する風景である草原は、多くが放牧や採草や野焼きによる半人工物であるが、緑肥や屋根材の需要減少に畜産の苦戦で放棄地が増え、林や森に還るか住宅地等に転用されつつある。それでもいいような気はするが、国や地域はこれを問題視しており、環境省主導でそんな二次自然の再生を頑張っている。阿蘇の赤牛を食べることは、それに一役買うそうな。

なお、阿蘇と八代に直接の関係は感じられないが、2004年に特急「あそ」と急行「くまがわ」を統合した史上初のワンマン列車での特急「九州横断特急」が出現し、直通列車が一日7本も登場した。2016年3月ダイヤ改正での肥薩線特急の廃止で、「あそ」は熊本駅発着に戻る。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

阿蘇赤うし(1,150円)2005年12月30日に八代駅キヨスクで予約購入
Aso Akaushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

上記「阿蘇赤うし」の現地版。価格も中身も一緒だが、容器がプラ製から発泡材に変わり、牛肉の焼き方がウェルダンからミディアムに変わり、ワイルドさを保持しながら一般受けする味になっているような。九州新幹線新八代駅、肥薩おれんじ鉄道八代駅、JR八代駅で販売され、入手の容易さもこの順番という印象。これも価格は購入時で1,000円。

※2016年10月補訂:値上げを追記
販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

【終売】鮎屋の極薦(1,100円)2011年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ayuya no Gokusen (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

九州新幹線全線開業記念駅弁22種のひとつとして2011(平成23)年1月1日から8月31日まで販売。その後も販売が継続された。赤い木目調の発泡材枠容器を、熊本城を描き九州新幹線マーク、駅弁マーク、九州駅弁マークを載せた黒い掛紙で巻く。中身はつまり新八代駅の既存駅弁「鮎屋三代」と「天草大王」を半分ずつ詰めたもの。

だから味は保証付き。しかし九州の駅弁が京王の催事場でシンプルさに欠けて負けた過去があるにもかかわらず、シンプルさを欠いたこのような駅弁で勝負に来てしまったため、ライバルでシンプルな新青森駅弁「浜焼きホタテ海鮮ひつまぶし」に、見た目で完敗していた。熊本駅でも販売。2014年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

【終売】がらっぱ弁当(650円) 
Garappa Bento (end of sales)

2001(平成13)年3月13日の登場。日奈久の竹輪を入れたチャーハンに、八代ががらっぱ、つまり河童の渡来の地とされることにちなみ、河童の頭を模した焼売にキュウリ漬物を添える。地元の中華料理店の店主が考案した。地元の高校生が製作した河童姿の衣装のおじさんが、11〜13時の間にホーム上で立ち売りする、街おこし型の駅弁。月曜定休。しかしどうも、2004年3月の九州新幹線開業の頃に、駅から追い出されてしまった模様。

販売駅
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
中華料理タロー 熊本県八代市麦島東町11−14 0965(32)5833 http://kappataro.otemo-yan.net/

【終売】ぶたかま(940円)2013年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Butakama (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR九州「第9回九州駅弁グランプリ」へ出品された、2012(平成24)年10月の新商品。他の駅弁でもよく使われるプラスティック製のミニ釜に、トンコツ味の御飯を詰め、豚角煮のブロックをいくつも置き、からしれんこん、タケノコ、ニンジン、菜の花、酢生姜を添える。冷たいのにとろける豚角煮、刺激が少なくてありがたい辛子蓮根揚、淡い茶飯は、重くパワフルな内容なのに淡くスッキリした風味。2年間ほどの販売か。

黄色いパッケージには、熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」が12体も描かれる。2011年春に予定されていた九州新幹線鹿児島ルート(博多駅〜鹿児島中央駅)の全線開業により、観光客が熊本を通過して鹿児島へ流れてしまわないよう、関西地方へのPR活動の一環として2010年3月に用意したキャラクターである。

2011年11月に開催された「ゆるキャラグランプリ2011(第2回)」のインターネット投票で349種類中第1位の得票数を稼いだことが東京のテレビなどのメディアで取り上げられたことで人気となり、ゆるキャラと熊本県と、キャラクターの生みの親のひとりである小山薫堂氏(現在の熊本県天草市出身)の名を大いに上げた。今では熊本県内の土産物店はくまモンに占拠されている。

販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/

肥後牛(1,260円)2009年1月18日に京王百貨店駅弁大会で購入
Higogyu

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年1月の京王百貨店駅弁大会で、新八代駅弁を名乗りそのブースで実演販売されていたお弁当。同時に実演販売されていた「阿蘇赤うし」と同じ掛紙と容器を使用し、掛紙に「肥後牛」の金色シールを貼る。中身は白御飯の上を色の濃い牛肉の細切れやそぼろが覆い、玉子焼、菜の花、レンコン、はじかみ、紅生姜が添付されるもの。食べて無難な商品だが、現地にはあるのだろうか。

販売駅
九州新幹線 新八代(しんやつしろ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 熊本県八代市上日置町
鹿児島本線 八代(やつしろ)駅 1896(明治29)年11月21日開業 熊本県八代市萩原町1丁目
調製元
有限会社 みなみの風 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(39)5150
合資会社 頼藤商店 熊本県八代市萩原町2丁目1−6 0965(33)1145 http://www.yorifuji.org/