banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

2.駅弁のはじまり

東京都・羽田空港「こだわり親子むすび」

日本の駅弁の始まりは、次のようにいくつかの説はありますが、定説となりうるだけの証拠が出てきていないため、まだ判明していません。ただ、群馬県の信越本線横川駅で荻野屋が1885(明治18)年から、神奈川県の東海道本線国府津駅で現在の東華軒が1888(明治21)年から、それぞれ駅弁の販売を開始したことが分かっているため、少なくとも1872(明治5)年の鉄道開業から十数年後の1880年代には、駅弁が登場していたことになります。

(1)栃木県・東北本線宇都宮駅説

栃木県・東北本線宇都宮駅「大人の休日汽車辨當」

1885(明治18)年7月16日、日本鉄道大宮・宇都宮間が開業し宇都宮駅が開設されたことを機に、地元の旅館が駅構内で、握り飯2個とタクアンを竹の皮で包んだ駅弁を5銭で販売した、というもの。1958(昭和33)年6月発行「会員の家業とその沿革」(社団法人国鉄構内営業中央会)が出典です。昭和中後期には唯一の定説とされ現在でも信じられていますが、林順信氏の文献調査により否定されたため、駅弁業界や駅弁趣味者はこれを定説と見なさなくなりました。

(2)大阪府・東海道本線大阪駅説

1877(明治10)年に、官営鉄道梅田駅で駅弁販売が開始された、というもの。第二次大戦前に発行された鉄道辞典や旅行雑誌などが出典です。しかしその根拠や、駅弁の内容に関する記述はありません。なお、大阪駅そのものは1874(明治7)年5月11日に開業しています。

(3)兵庫県・東海道本線神戸駅説

1877(明治10)年7月に、官営鉄道神戸駅で駅弁販売が開始された、というもの。1957(昭和32)年発行「神戸駅史」(神戸駅)の年表が出典です。しかしその根拠や駅弁の内容に関する記述および他の出典はありません。

(4)東京都・東北本線上野駅説

1883(明治16)年7月28日に、日本鉄道が上野駅構内での駅弁販売の許可を個人に出した、というもの。1883(明治16)年12月発行「改正日本鉄道規則及び諸賃金明細独案内」(日本鉄道)が出典です。しかし駅弁の販売や内容に関する記述および他の出典はありません。

(5)栃木県・東北本線小山駅説

1885(明治18)年7月16日に、日本鉄道小山駅で駅弁販売が開始された、というもの。「おきなすし」を販売したとか。なお、小山駅は宇都宮駅と同じく、この日に開業しています。

(6)群馬県・高崎線熊谷駅説

1883(明治16)年7月28日に、日本鉄道熊谷駅で駅弁販売が開始された、というもの。すしとパンを販売したとか。なお、熊谷駅はこの日に開業しています。

(7)福井県・北陸本線敦賀駅説

1884(明治17)年に、官営鉄道敦賀駅で駅弁販売が開始された、というもの。なお、敦賀駅は1882(明治15)年3月10日に開業、1884(明治17)年4月16日の柳ヶ瀬トンネル開業により、長浜からの直通列車が登場しています。

(8)群馬県・高崎線高崎駅説

1884(明治17)年に、日本鉄道高崎駅で駅弁販売が開始された、というもの。現在の高崎駅の駅弁屋である高崎弁当が唱えています。しかしこの説は、21世紀になり同社がインターネット上に公式ウェブサイトを開設してからの新説です。