banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 釧路(くしろ)駅2004年4月18日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Kushiro Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約4時間、札幌方面と根室方面と網走方面へ鉄路が分かれる駅。釧路市は北海道東部で太平洋に面する人口約17万人の港町で、全国最大級の漁港と道東最大の工業地帯を持ち、空港も備える物流の拠点であるほか、釧路湿原など道東観光の玄関口として賑わう。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が、1社はホーム上に専用売店を構え、もう1社は改札外駅舎内のキヨスクへ商品を卸す。1917(大正6)年12月1日開業、北海道釧路市北大通14丁目。

たらば寿し(1,480円)2012年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Taraba Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2000(平成12)年の発売で、釧路駅弁の一番人気で、昔ながらのカニ駅弁のイメージとスタイルを打ち壊した先駆者。正八角形の発泡材容器に透明なふたをして、その中身がよく見えるように表面をくり抜いたボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上に錦糸卵とカニほぐし身を敷き、サーモン、カニ脚肉、イクラ、ガリ、醤油を載せるもの。

カニ脚の太さは駅弁では最大級。高額な駅弁ではあるが、新聞社が駅弁ランキングを作るとだいたい入っている評判に違わない、カニ脚の存在感と風味の安定感がある。駅弁大会での実演販売でも、北海道を名乗る催事商品と同等の見栄えで対抗できている感じ。

釧路と旭川は鉄道で300km以上離れているが、駅弁の味やコンセプトがかなり似ているほか、遠隔地での駅弁大会でも輸送、実演問わずたいてい隣接して販売される。それはおそらく、両家の婚姻関係が働いてか1989年4月に釧路駅弁の釧正館の営業権が旭川駅弁の旭川駅立売へ譲渡されたため。いずれの駅の駅弁屋も駅弁業が主力で昭和末期は経営が苦しかったそうだが、以後は人気の名作から疑義駅弁まで北海道のコンセプトで様々な駅弁を開発し投入、地元と催事場で地位を築いている。

※2012年11月補訂:写真の更新と解説文の改訂
販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/

【掛紙】たらば寿し(1,350円)2001年11月25日にFUJIスーパー保土ケ谷店駅弁大会で購入
Taraba Zushi

掛紙

2001(平成13)年11月25日の調製である、釧路駅弁のボール紙製パッケージ。上記の10年後とほとんど違わない。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市錦町2丁目4番地 0120-32-3190
疑義駅弁

釧路駅釧祥館 かに・いくら(1,380円)2005年1月23日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kushiroeki Sensyokan Kani Ikura

掛紙 外観 中身

おそらく百貨店の北海道物産展や駅弁大会でのみ釧路駅弁として実演販売される催事用弁当。同じく旭川駅弁として実演販売される「まんざいどん」と同じ容器を使用、中身は催事でよく見かける海鮮丼で、購入した「かに・いくら」は御飯の上にカニほぐし身とイクラが載る。催事用海鮮丼にしては見栄えが雑で素朴な感じを受けるし、味は他と同様に良い。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-32-3190 http://www.ekiben.ne.jp/

蟹ちらし(1,080円)2003年11月8日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Kani Chirashi

掛紙 外観 外観 中身

長方形容器の中で、酢飯の上にズワイガニの足肉切り身とフレークが艶やかに敷き詰められる。それを透明蓋と窓付きのボール紙枠でお客さんに見せつける、商売上手なパッケージ。ところで、調製元の電話番号がパッケージにも食品表示シールにも記されず、なぜか「総発売元」の旭川駅立売株式会社の電話番号はちゃんと記されていることは気になる。価格は2003年の購入当時で1,100円、2017年時点で1,080円。

※2017年8月補訂:値下げを追記
販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/

釧路漁礁(1,080円)2002年1月27日にFUJIスーパー保土ケ谷店駅弁大会で購入
Kushiro Gyosho

掛紙 外観 中身

小ぶりな長方形の容器を使用、中身は俵型に型を付けた酢飯が12個分入り、ぷりぷりのイクラでひとつ、ややパサパサのカニほぐし身で5つ、脂の載ったスモークサーモンで5つ、にがりでひとつとなる。価格は2002年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,080円。

※2017年8月補訂:値上げを追記
販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/