banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR北海道 釧路(くしろ)駅2004年4月18日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Kushiro Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約4時間、札幌方面と根室方面と網走方面へ鉄路が分かれる駅。釧路市は北海道東部で太平洋に面する人口約17万人の港町で、全国最大級の漁港と道東最大の工業地帯を持ち、空港も備える物流の拠点であるほか、釧路湿原など道東観光の玄関口として賑わう。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が、1社はホーム上に専用売店を構え、もう1社は改札外駅舎内のキヨスクへ商品を卸す。1917(大正6)年12月1日開業、北海道釧路市北大通14丁目。

ずわい御膳(1,150円)2017年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入
Zuwai Gozen

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2017(平成29)年1月の京王百貨店駅弁大会での実演販売でデビューか。駅弁の名前は「ずわい蟹御膳」とされることがある。正八角形の容器に茶飯を詰め、釧路は、小柄な正八角形容器に茶飯を詰め、錦糸卵とカニほぐし身で覆い、カニ棒肉とイクラで彩り、ガリを添えて透明なふたをする。見た目どおりのカニ駅弁で、道内各地や北海道物産展でよく見るタイプの、催事向けな海鮮弁当。これを商品名や宣伝文を書いたビニール袋に詰めてシーリングする外装は、今までの駅弁にないもので、興味深いところ。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/
疑義駅弁

たらば三昧弁当(1,380円)2014年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Taraba Zanmai Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年1月と、2015(平成27)年1月と、2016(平成28)年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売。2015年と2016年の鶴屋駅弁大会でも同様。これ以外の場所では売られていないのではないかと思う。正八角形の容器に酢飯を詰め、タラバガニのほぐし、ブロック、脚、棒肉で厚く覆う姿は、前世紀からの釧路駅弁「たらば寿し」に似ているカニ三昧。照りが強くないことと、上げ底をせず上げ蓋も軽いことで、掛紙の使用も含めて、より駅弁らしい体裁を持っていた。京王百貨店駅弁大会では販売個数で3位に付ける人気。そんな評価とこんな内容であれば、釧路駅でも売れそうなものなのだが。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/
疑義駅弁

かに盛弁当(1,280円)2014年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kanimori Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

釧路駅の駅弁を名乗る、駅弁催事専用商品と考えられる。釧路駅で名物の駅弁「たらば寿し」の、酢飯を醤油飯に置き換え、サーモンを抜いたもの。ボール紙枠の小窓からは、カニ棒肉がどっさり見えたが、枠を抜いた八角形容器には、カニほぐし身が薄ーく広がっていた。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/

かに飯(850円)2002年2月15日に川崎さいか屋駅弁大会で購入
Kanimeshi

掛紙 外観 中身

底の浅い長方形の発泡材容器の全体に、カニの味付け御飯を敷き詰め、その上に水分を飛ばしたカニの身を敷き、椎茸3切れに錦糸卵と紅生姜を散らして完成。筆者が嫌いな紅生姜が散らされているのには最初は驚いたが、そのまま食べて嫌いな味は感じられず、カニの味の引き立て役をうまく演じているようだ。価格も良心的で、北海道のイメージにもぴったり。釧路には他に豪華な駅弁がいくつでもあるが、「花咲線」や釧網本線のローカル列車にはこちらの駅弁を抱えて乗りたい。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/

【終売】かに釜めし(1,030円)2015年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kani Kamameshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014〜2015年の駅弁大会シーズンに向けて、2014(平成26)年秋に発売か。駅弁の名前のとおり、プラ製の釜にカニの炊込飯を詰め、カニのハサミとほぐし身と、ホタテ、ホッキ貝、玉子焼、タケノコ煮、ニンジン煮などで覆うカニ飯。期待どおりの内容で、見た目にカニは少なくても、風味はカニ。今回はどうも1シーズンのみの販売だったようだが、同じような駅弁は今後も各地で何度も出てくるだろう。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/
疑義駅弁

【終売】かに四種食べくらべ弁当(1,380円)2014年2月8日に鶴屋百貨店駅弁大会で購入
Kani Yonsyu Tabekurabe Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年2月の鶴屋百貨店駅弁大会でのみ販売か。容器の4区画に、茶飯をケガニの醤油フレークで覆う毛がに丼、酢飯をズワイガニの脚肉とほぐし身で覆うズワイガニ丼、茶飯をハナサキガニの醤油フレークで覆う花咲がに丼、酢飯をタラバガニのブロックと錦糸卵で覆うタラバガニ丼が同居。旭川駅や稚内駅の駅弁でも、百貨店の北海道催事でも、よく見られるタイプのカニ弁当。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/
疑義駅弁

【終売】花咲かにわっぱ(980円)2014年1月26日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Hanasaki Kani Wappa (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013〜2014年の駅弁大会シーズンに、デパートやスーパーの駅弁催事で販売された疑義駅弁か。丸くて固いプラ製の容器に醤油飯を詰め、ハナサキガニのほぐし身、ホタテでなくイタヤガイの酢漬け、サーモン、カキ、菜の花、錦糸卵で覆い、イクラ醤油漬のカップを添える。ハナサキガニの荒いフレークのキュッキュとした食感が好きです。パッケージに「釧路駅」とともに「花咲駅」と書かれたのはなぜだろう。

販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/

【終売】たらばしゅうまい御辨當(880円)2007年11月4日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Taraba Syumai Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の秋頃の登場か。木目調にしては色黒な長方形の発泡材容器に透明なふたをして、商品名を書いた掛紙で包んで、ひもで十字にしばる。中身はグリーンピースの醤油飯にたらば焼売が4個、椎茸やフキなどの煮物に大根みそ漬など。焼売に見た目も風味も少々の値段相応なカニを感じるが、駅ではなく催事場で売るための弁当なのだろうなという風味も、中身や食品表示ラベルから感じられてならなかった。2012年までの販売か。

※2017年5月補訂:終売を追記
販売駅
根室本線 釧路(くしろ)駅 1917(大正6)年12月1日開業 北海道釧路市北大通14丁目
調製元
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/

北海道釧路釧祥館監修 あんかけかに飯弁当(840円)2008年5月9日に八食センターで購入
Hokkaido Kushiro Sensyokan Kansyu Ankake Kanimeshi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年3月1日に釧路、八戸米沢都城の4種が登場した、駅弁屋の監修によるレトルト弁当。パック御飯とレトルトが2袋、調理例の写真や監修元や商品名などを掲載したボール紙の箱に詰める。パック御飯とレトルトのうち1袋を電子レンジで暖めて、レトルトを2袋とも御飯の上にかけて、パッケージの枠に収めてできあがり。

中身は醤油飯の上に、暖めたレトルトに入っていたタケノコや椎茸の炒め物と、暖めないレトルトに入っていたカニあんかけを載せるもの。釧路駅の駅弁と1対1に対応する商品はないと思うが、カニ駅弁の雰囲気は出ていると思う。ただ、味は少々塩辛い感じ。

調製元
日本水産 株式会社 東京都千代田区大手町2の6の2 0120-837-241
株式会社 釧祥館 北海道釧路市北大通12丁目2−7 0120-323-017 http://www.ekiben.ne.jp/