banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁秋田県 > 秋田駅 > こまちの駅弁 (6種類収蔵)
Ekiben at Akita Station in Akita Pref.
←前は[大館駅の駅弁] | 次は[秋田駅ハタハタの駅弁]→

JR東日本 秋田(あきた)駅 2009年9月22日訪問  Googleマップ
JR-East Akita Station

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線「こまち」号で約4時間、秋田新幹線の終点であり、奥羽本線と羽越本線が接続し男鹿線列車が乗り入れる駅。秋田市は秋田県の中央に位置し日本海に面した人口約32万人の城下町で、8月の竿燈祭には130万人もの観光客が押し寄せる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋とJR子会社などの商品が、改札内の駅弁売店と改札外のキヨスクで買える。1902(明治35)年10月21日開業、秋田県秋田市中通7丁目。

あきたこまち釜めし(1,000円) 2016年3月4日に新宿駅の駅弁売店「駅弁屋 頂」で購入
Akita Komachi Kama Meshi

掛紙 掛紙 外観
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2015(平成27)年3月までに発売か。大きなボール紙製のパッケージに円形の容器を詰めるが、加熱機能付きの駅弁ではない。円形のプラ製な釜飯型容器に、秋田米あきたこまちの白御飯を詰め、ハタハタ甘露煮、鮭塩焼、マイタケ煮、フキ煮、とんぶり入りかまぼこ、サツマイモ甘露煮、いぶり漬物などを散らす。

 中身の見た目が雑然として、他の秋田駅弁に比べて味が引き立っていないのが惜しいが、秋田が分かりやすい内容である。写真のとおり、新宿駅のNREの駅弁売店は、夕刻になると売れ残りの駅弁を200円引きで販売する。これは駅の駅弁売店では、とても珍しい。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
和牛こまち弁当(1,050円) 2013年5月19日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Wagyu Komachi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 秋田新幹線「スーパーこまち」デビューに合わせ、2013年3月に発売。パッケージには、秋田を表すいくつかのアイコンに加え、E6系新幹線電車CGの先頭部アップが描かれる。赤い容器の中身は、白御飯にオニオンソースの牛焼肉を置き、ペンネ、かまぼこ、玉子焼、いぶりがっこなどを添えるもの。中身の写真のとおり、薄毛の牛肉から白飯の地肌がよく見える、寂しい牛丼。しかし秋田県産和牛の味は、パッケージ記載「秋田こまち米」と共に柔らかく確かだった。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,050円。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
E6系スーパーこまちランチ(1,200円) 2013年4月7日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
E6-kei Super Komachi Lunch

外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2013年3月16日のE6系新幹線電車の営業運行開始に合わせて発売。先頭車両の形状を模したプラスティック製容器に白御飯を詰め、エビフライ、ウインナー、チキンナゲット、ハンバーグ、オムレツ、やきそば、とりそぼろで覆う。これもまた、過去の東の新幹線の先頭車を容器にした駅弁と同じく、中身だけを取り上げればチープでうまくないお子様ランチ。容器を買う駅弁である。

 E6系は、秋田新幹線でE3系新幹線電車を置き換えるための新車。高速鉄道に厳しい日本の環境基準を守りながら、最高速度を275km/hから320km/hに引き上げるため、騒音対策で先頭車の流線型が全長23メートル中13メートルにもなる。その中で定員(座席の数)を確保するためには、E3系の6両編成をE6系では7両編成にせざるを得なくなり、2009年度から4年度をかけて盛岡〜秋田間で、約21メートル増える編成長に対応した駅や信号場や車両基地の改造工事を施した。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
こまちランチBOX(900円) 2012年5月9日に東京駅グランスタ「駅弁屋 極」で購入
Komachi Lunch Box

掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2012年4月までに下記「E6系ランチ(量産先行車)」と共に登場か。ボール紙を組み立てて秋田新幹線向けE3系新幹線電車の先頭車を容器で模した。引き出しの中に2つ並べたプラ製惣菜容器で収まる中身は、運転台側がオムレツを載せたとりそぼろ丼、客室側がハンバーグ、スパゲティ、鶏唐揚、ミートボール、カニカマロール、ウインナー、ミニカップゼリーという、黄色と茶色しかないお子様ランチ。

 秋田新幹線は1997年3月の開業。同時にデビューしたE3系電車も経年15年ということで、新幹線電車としては置き換えの時期に達した。2012年4月10日はその後継車両となるE6系電車を2014年春までに23編成161両を製造することが公式に発表されている。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
E6系ランチ(量産先行車)(900円) 2012年5月9日に東京駅グランスタ「駅弁屋 極」で購入
E6-kei Lunch

掛紙 掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2012年4月までに上記「こまちランチBOX」と共に登場か。ボール紙を組み立てて秋田新幹線向けE6系新幹線電車の先頭車を容器で模した。引き出しの中に2つ重ねたプラ製惣菜容器で収まる中身は、下段がのりたま御飯、やきそば、オムレツ、上段がエビフライ、鶏唐揚、ミートボール、カニカマロール、ウインナー、ミニカップゼリーという、黄色と茶色しかないお子様ランチ。

 E6系では名古屋新幹線訴訟を受けて1975(昭和50)年7月に当時の環境庁が告示した世界一厳しい高速鉄道向け騒音基準「新幹線鉄道騒音に係る環境基準について」を守りながら、最高営業速度を時速275kmから時速320kmに引き上げるため、E3系では約6mであったノーズ(先頭車の流線型部分)を長さを約13mまで長くしている。

 E3系は1997年3月に秋田新幹線「こまち」で5両編成でデビューし、利用好調により翌1998年に6両編成化。その定員338名を確保するため、E6系は7両編成となった。しかし田沢湖線と奥羽本線を改造した在来線乗り入れ区間の施設は6両編成までにしか対応していないため、2009年5月から2013年2月まで3期に分けて15駅2信号所1車両センターについて、分岐器や信号機の移設やプラットホームの延伸などの改良工事をJR東日本が実施した。

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【株式会社関根屋】秋田県秋田市東通一丁目1番26号 TEL:018(833)6461
 http://www.sekineya.jp/
【終売】こまち重ね弁当(1,000円) 2009年9月22日に秋田駅改札脇コンビニキオスクで購入
Komachi Kasane Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 伯養軒秋田支店の頃からある駅弁で、外見も内容もそっくりそのまま泉秋軒へ引き継がれた模様。柔らかい発泡材枠の正方形容器を二段重ねて、木目柄のボール紙でふたをして、秋田新幹線と女性を描いた掛紙で包み、ビニールひもで十字にしばる。中身は下段が日の丸御飯、上段がおかずで舞茸天、帆立煮、メダイ焼、玉子焼、サトイモやニンジンなどの煮物、フナ甘露煮など。秋田らしさはぼやっと見ただけでは分からないけれど、おいしい幕の内駅弁。

 なお、調製元が2014年4月に自己破産したそうで、この駅弁は現在は買えないものと思われる。

※2014年5月補訂:終売を追記

【奥羽本線秋田(あきた)駅】1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
【有限会社泉秋軒】秋田県秋田市雄和田草川字太田25−1 TEL:018(886)8940

←前は[大館駅の駅弁] | 次は[秋田駅ハタハタの駅弁]→

2001年6月17日開設 2016年6月6日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.