banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 秋田(あきた)駅2009年9月22日訪問Googleマップ
JR-East Akita Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線「こまち」号で約4時間、秋田新幹線の終点であり、奥羽本線と羽越本線が接続し男鹿線列車が乗り入れる駅。秋田市は秋田県の中央に位置し日本海に面した人口約32万人の城下町で、8月の竿燈祭には130万人もの観光客が押し寄せる。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋とJR子会社などの商品が、改札内の駅弁売店と改札外のキヨスクで買える。1902(明治35)年10月21日開業、秋田県秋田市中通7丁目。

あきたこまちの紅鮭幕の内(900円)2016年7月2日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Akitakomachi no Benizake Makunouchi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年の年末に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」でデビューか。東京駅以外で売られているのだろうか。掛紙には角館の桜、白神山地、男鹿のなまはげ、田沢湖、秋田の竿灯まつりの写真が使われる。中身は日の丸御飯に焼き鮭を載せ、玉子焼、鶏つくね串、とんぶり入かまぼこ、いぶり人参揚、きんぴらごぼう、いぶりがっこなどを添える。つまり、秋田でしか見ないような食材も入っている幕の内弁当。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

日本海海三昧(880円)2016年3月4日に新宿駅の駅弁売店「駅弁屋 頂」で購入
Nihonkai Umizanmai

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

五能線の観光列車「リゾートしらかみ」の運行15周年を記念し、2012(平成24)年4月1日から5月20日まで販売。以後も断続的に発売と終売が続く。同列車の運行経路や停車駅や車両の写真を印刷したボール紙のパッケージに収めた円形の容器の中身は、味付飯をベビーホタテのバター焼、玉子焼、味付タコ、しそわかめ、イクラ醤油漬、錦糸卵、野沢菜、花れんこんで覆うもの。

これではたして「海三昧」かとは思うものの、駅弁にしては価格が抑えられいて、旅先で買いやすく食べやすいものになっている。もっとも、大宮駅や東京駅の駅弁売店でもっぱら売られる、首都圏向け商品という可能性がある。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

秋田日本海たこびより(880円)2015年10月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Akita Nihonkai Tako Biyori

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年3月21日の発売。「「秋田の海」を感じていただける新作駅弁」として、調製元とJR東日本秋田支社が連携して開発したという。味付飯の上をタコのそぼろとうま煮で覆い、たこバーグ、たこマリネ、たこメンチを添える、実にタコづくし。ただ、風味と詰め方が淡泊で、印象に残りにくい気がした。見栄えや味付けで、兵庫県西明石駅茨城県大洗駅のタコ駅弁くらい尖ってもよいと思った。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

あわび五能線弁当(1,300円)2015年10月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Awabi Gonosen Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年9月1日の発売。「五能線沿線の“地”のものを使った新作駅弁」として、調製元とJR東日本秋田支社が連携して開発したという。掛紙の写真は五能線の観光列車「リゾートしらかみ」。味付飯の上を秋田県八峰町のアワビ煮で覆い、漬物、しそ巻き大根、ミズ醤油漬、リンゴ煮、シイタケ味噌を添える。とても小柄な駅弁とはいえ、飯の上でアワビがキラキラと折り重なる、見た目で経験上日本一、分量でも岩手県宮古駅に次ぐアワビ丼かと。アワビの臭みのなさや、柔らかい味と食感も、駅弁では初めての体験。

五能線は、秋田県能代市の東能代駅と、青森県南津軽郡田舎館村の川部駅との間、147.2kmを結ぶJR東日本の鉄道路線。私鉄の陸奥鉄道を国が買収し、その終点である五所川原と能代を結んだから五能線である。岩木山とリンゴ畑を眺め、日本海を延々と眺めるローカル線は、昭和時代中期からその車窓の素晴らしさが雑誌や旅行ガイドブックなどで紹介されていた。

国鉄がJRに変わると、1990(平成2)年4月から観光鈍行列車「ノスタルジックビュートレイン」を運行、秋田新幹線の開業に合わせて1997(平成9)年4月には観光快速列車「リゾートしらかみ」に置き換え、今では連日満席の人気列車となっている。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

わっぱ舞茸(900円)2004年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Wappa Maitake

掛紙 外観 外観 中身

1988(昭和63)年8月1日の登場。杉の曲げわっぱの円形容器に群青地の小柄な掛紙をかけて、ディープブルーな紙ひもでしばる。中身はあきたこまちの茶飯の上に鶏肉や秋田名産千枚漬けなどと共に、これでもかというくらい舞茸煮がたっぷり載せられる。メインの舞茸は香りよし歯ごたえよし、きのこ嫌いでなければ秋田駅弁の最高峰と感じられるはず。しかし知名度はいまいち。価格は購入当時で820円、2014年時点で900円。

秋田駅は秋田新幹線開業と駅前再開発で一変したが、駅弁は良い意味で変わっていない。ただし新幹線の改札内に入ると駅弁が購入しにくいので、在来線改札内かホームで駅弁を購入してから新幹線ホームへ移動すること。

※2014年8月補訂:値上げを追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】素潜り天然あわび丼(1,300円)2010年11月28日に銀座めざマルシェ駅弁大会で購入
Sumoguri Tennen Awabi Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2008〜2009年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。レンジ対応なプラ製の釜型容器を、商品名や宣伝文を賑やかに描いたボール紙の箱に詰める。中身は秋田米あきたこまちの炊込飯の上を錦糸卵で覆い、アワビ煮、つぶ貝煮、アマエビ煮、かまぼこ、しいたけ、いぶりがっこをパラパラと載せるもの。高価な食材であるから仕方がないのだろうが、この分量ではなかなか寂しい。価格は購入当時で1,100円、2014年時点で1,300円ただし販売休止中、2015年時点で販売終了。

※2015年9月補訂:終売を追記
※2014年8月補訂:値上げと販売休止を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】あったけえきりたんぽ弁当(1,200円)2007年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入
Attake Kiritanpo Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年3月の登場か。長方形の加熱機能付き容器を、秋田の郷土料理であるきりたんぽ鍋を描いたボール紙枠にはめる。中身はきりたんぽ、舞茸、ごぼう、糸こんにゃく、鶏肉、椎茸、セリなど。いぶり大根とちょろぎ酢漬が付け合わせ。添付の秋田比内地鶏ガラスープをかけてから加熱する。きりたんぽ鍋の風味が存分に出ている印象。

登場してみればいままでなかったのが不思議な、加熱式きりたんぽ駅弁。ネット上の評判はあまり芳しくないが、加熱後の味や香りもさることながら、具も内容もまさに秋田らしく、類例を見ない。個人的には重視する個性、多様性、地域性のすべてを備える名駅弁だと思っている。この商品が置かれているだけで、秋田らしさが演出される。2012〜2013年の駅弁大会シーズンで販売を終了した模様。

※2014年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 関根屋 秋田県秋田市東通一丁目1番26号 018(833)6461 http://www.sekineya.jp/

【終売】秋田まるごと弁当(1,000円)2002年7月6日に東京駅駅弁大会で購入
Akita Marugoto Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

秋田新幹線開業前の1995(平成7)年にJR東日本秋田支社が主催した「オリジナル駅弁コンクール」でアマチュアの部のグランプリを受賞した応募作品が駅弁化され、1997年の同線開業と共に登場。鳥海山をイメージしたという正三角形の容器がとても珍しいし、竿灯をイメージしたと思われる俵型の焼きおにぎりも他では見られない。比内鶏の照焼、いぶりがっこ(タクアンの薫製)、他に舞茸の天ぷらや煮物など、秋田名産をいろいろと具に取り込んだ駅弁。容器が持ちにくいのが難点で、混雑列車で立ちながら食べるには不向き。2009年頃まで売られていた模様。

※2014年8月補訂:終売を追記
販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 秋田営業支店 秋田県秋田市中通7丁目1番1号 018(834)4157 http://www.nre.co.jp/

【掛紙】特製おべんとう(300円)1972年4月15日調製
Tokusei Obento

掛紙

1972(昭和47)年4月15日の調製と思われる、昔の秋田駅弁の掛紙。なまはげと稲穂とこけしを描く掛紙はちょっと不気味でもある。「うまい秋田のニシキ米」とはササニシキのことだろうか。米の作付けは流行に大きく左右されるので、ここからも時代を感じることができる。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
関根屋 秋田県秋田市中通4丁目5の19 (33)6461

【掛紙】しらかみ(1,000円)2000年5月4日に秋田駅で購入
Shirakami

掛紙

2000(平成12)年5月4日の調製と思われる、昔の秋田駅弁の紙蓋。1993年12月に白神山地がユネスコ世界遺産に登録されたことを紹介する。地勢や交通の便が悪くなければ、そして林道建設反対運動が潰されていたら、何の変哲もない禿げ山か植林地になっていただろう。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 秋田営業支店 秋田県秋田市中通7丁目1番1号 (834)4157

【掛紙】笹すし(1,020円)2001年1月29日に秋田で購入
Sasa Sushi

掛紙

2001(平成13)年1月29日の調製と思われる、昔の秋田駅弁?の紙蓋。東北北海道旅行の帰路に立ち寄った、秋田駅か羽後本荘駅で購入したような気がするものの、紙蓋の実物を見れば駅弁でないことが明らかだし、中身も含めてどうも思い出せない。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
安喜田 秋田県秋田市山王6丁目10−15 (824)4456

【掛紙】合の子辨當(30銭)調製年月日不詳
Ainoko Bento

掛紙

戦前の調製と思われる、昔の秋田駅弁の掛紙。雪山とスキーヤーのシルエットを描き、その間にスキー名所へのアクセスマップをはめるもの。「合の子弁当」とは明治末期から大正時代に流行した、御飯と洋風のおかずを組み合わせたお弁当で、一方で駅弁掛紙に調製印が登場したのは大正中期だそうなので、大正中期から末期頃のものなのだろう。

販売駅
奥羽本線 秋田(あきた)駅 1902(明治35)年10月21日開業 秋田県秋田市中通7丁目
調製元
東洋軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

【掛紙】上等御辨當(25銭)1928年11月29日調製
Joto Obento

掛紙

1928(昭和3)年11月29日の調製と思われる、昔の機織駅弁の掛紙。機織駅とは、1901(明治34)年11月1日に「能代」の駅名で開業し、1909(明治42)年11月1日に「機織」に改称し、さらに1943(昭和18)年6月15日に改称した、現在の東能代駅。長らく駅弁販売駅でなくなっていたが、2005年頃に大館駅弁の販売が開始され、時刻表上でも駅弁販売駅に返り咲いた。

販売駅
奥羽本線 東能代(ひがしのしろ)駅 1901(明治34)年11月1日開業 秋田県能代市鰄渕字下悪戸
調製元
大森源兵衛 所在地の記載なし 連絡先の記載なし