banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

シウマイ恵方まん(320円)2016年2月3日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Siumai Eho Man

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2014(平成26)年2月の発売。関西地方の節分行事が2000年代にコンビニ経由で全国に広まった棒状の太巻き「恵方巻」を、中華まんと横浜名物シウマイの材料でつくり、毎年2月1〜3日に販売するもの。味は締まりの良すぎる常温の肉まんという感じで、「シウマイまん」と同じ。価格は発売当時で300円、2015年から320円。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

口福恵方巻き(700円)2016年2月3日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Kofuku Ehomaki

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2011(平成23)年2月の発売。関西地方の節分行事が2000年代にコンビニ経由で全国に広まった棒状の太巻き「恵方巻」を、横浜駅の駅弁屋がつくり、毎年2月1〜3日に販売するもの。玉子焼、タケノコ煮、鯛そぼろ、菜の花、昆布、カニの具を酢飯と海苔で巻いた、長さ約18cm、直径約5cmの太巻きが1本。市販の太巻きや恵方巻より、やや細身の感じがする。丸ごとかぶりつくのが正しい食べ方ということで、これはコンビニの恵方巻より食べやすい。価格は発売当時で680円、2015年から700円。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】口福恵方巻き(700円)2015年2月3日に横浜駅西口地下街崎陽軒売店で購入
Kofuku Ehomaki

掛紙 掛紙

2015(平成27)年2月3日に購入した、横浜駅弁の掛紙。容器も掛紙も中身も価格も毎年変わらないが、「恵方」という方角が毎年変わるそうで、図と文字でその方角が示される。漢数字の発売年も差し替わる。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380

【終売】節分弁当(1,000円)2015年2月3日に横浜駅西口地下街崎陽軒売店で購入
Setsubun Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年2月の発売。名前だけ見れば、2月3日の節分に売られる弁当のように見えるが、内容は上記の「口福恵方巻き」にサワラ竜田揚、大豆と根菜の煮物、梅きゅうり漬のおかず類を加えたものであり、販売日も同じ2月1〜3日ということで、恵方巻の商品群の一翼である。2016(平成28)年には売られなかった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/