banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

【終売】世界鉄道博2016記念弁当(900円)2016年9月4日にパシフィコ横浜「世界鉄道博2016」崎陽軒台売りで購入
Sekai Tetsudohaku 2016 Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜市の展示ホール「パシフィコ横浜」で、2016年7月16日から9月11日まで開催された鉄道模型展示イベント「世界鉄道博2016」の会場で、会場限定のお弁当として横浜駅弁の崎陽軒が販売していたお弁当。横浜駅弁「炒飯弁当」と同じ容器に、イベントのポスターの絵柄を使う掛紙を巻く。

中身も炒飯弁当とほぼ同じで、炒飯にスペイン風オムレツ、春巻き、ポテトサラダ、鶏唐揚、シウマイ3個、漬物、紅生姜。炒飯弁当のおかずのシウマイ3個と鶏唐揚を残し、他をスペイン風オムレツ、春巻き、ポテトサラダにした感じ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】ひょうちゃん弁当(980円)2015年9月27日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Hyochan Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身 中身 中身 中身

崎陽軒とKADOKAWAのコラボレーション企画、醤油入れ「ひょうちゃん」60周年と隔週刊雑誌「横浜ウォーカー」とのタイアップで、2015年9月24日から30日までに2,100個が販売された記念弁当。

白御飯にマグロ生姜煮、かまぼこ、玉子焼、タケノコ角煮、高菜漬、杏仁豆腐、シウマイ6個。名前も掛紙もひょうちゃんで、白飯がひょうちゃん型で、杏仁豆腐に混じる寒天もひょうちゃん型で、玉子焼の焼き印もひょうちゃんで、実物のひょうちゃんは100%還暦記念版が入る。一般の注目はあまりなかったと思うが、ひょうちゃんマニアにはとても贅沢に感じられる弁当であり、売店での入手は難しかった。入荷待ち行列ができたとも聞く。

この弁当では「ひょうちゃんお絵かきコンテスト」として、添付の海苔佃煮で白飯に絵を描いて、短文投稿サイト「ツイッター」にその写真を掲載すると、賞品がもらえるコンテストが実施された。下3点はそのための写真である。結果が発表されたという話は、寡聞にしてきかない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱洋食弁当(1,000円)2015年7月19日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Yokohama Yoshoku Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

桜木町駅と二代目横浜駅の誕生100周年を記念するJR東日本横浜支社のイベントに伴い、2015(平成27)年7月18日から8月16日まで、桜木町駅や横浜駅やその周辺の崎陽軒売店で販売された記念駅弁。掛紙にはJRのイベントのロゴマークと、二代目の開業により桜木町へ改称された初代の横浜駅の写真が使われる。中身はオムレツライス、ポークカツレツ、昔ながらのシウマイ、ナポリタン、オニオンソテー、コールスローサラダ、福神漬けで、100年前の当時の食文化に想いを馳せたり、海外と日本の文化が融合する街である横浜を感じさせたのだという。

日本史の教科書に書かれるとおり、横浜駅は明治5年9月12日(1872年10月14日)の開業。1889(明治22)年に東海道本線が全通した段階で、列車が必ず方向転換しなければならない頭端式ホームの駅であったため、そうでない短絡線と中間駅を設けてシャトル列車を走らせたり、横浜駅からまっすぐ走れるルートを建設しようとしたり、二度も駅を移転したり、様々な構想や計画や工事を経て今の姿がある。21世紀の現在も、地図上の痕跡や地中の遺物として、ネット上や新聞を時々賑わせる。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】おにぎり辨當(600円)2015年4月5日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Onigiri Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

駅弁誕生130周年を記念して、2015(平成27)年4月1日から14日まで、一日50個が横浜駅構内その他崎陽軒の7店舗で販売された記念駅弁。日本鉄道構内営業中央会がこの年の4月10日の「駅弁の日」を、駅弁発祥宇都宮駅説により1885(明治18)年から数えて130周年として祝っており、その施策の一環だとも思われる。

竹皮を模したボール紙の箱を、1872(明治5)年の鉄道開業当時の錦絵を思わせる絵柄の掛紙で巻く。中身は日の丸と赤飯の、おにぎりというか小判型の型押し飯と、タケノコ角煮、シイタケとニンジンの煮物、たくあん、シウマイ2個。この容器と中身も駅弁発祥宇都宮駅説により、竹皮におにぎりとたくあんを包んだものを模したという。シウマイ弁当や赤飯弁当など、既存の横浜駅弁と同じ味がした。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】おべんとう「キャッツ」(1,050円)2011年10月13日に横浜駅西口駅弁売店「膳まい」で購入
Obento CATS (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

掛紙記載のとおり、キャッツ日本公演通算8000回と横浜公演2周年を記念し、2011(平成23)年10月28日から11月13日まで販売された記念駅弁。そのミュージカルのイメージに合わせて、真っ黒な正方形の発泡材容器に、ポスターやチラシと同じ絵柄の黒い掛紙を巻く。

9区画の中身は、栗飯50グラム、キンメダイ御飯50グラム、鶏きのこ御飯50グラム、有頭海老とエビ入り団子、タケノコやニンジンなどの煮物、ちりめんじゃこの和え物、カボチャとシイタケの煮物に栗入りがんも、玉子焼と黒花豆、赤魚照焼とネコ型蒲鉾と小粒大福など。中身はごく普通。カマボコがネコ形である以外は、崎陽軒や横浜や猫という雰囲気はなく、しかしとてもきれいに詰められている印象。

国内では劇団四季が1983(昭和57)年11月から主に仮設劇場をこしらえて公演し続ける驚異のミュージカル「キャッツ」は、2009年11月からは横浜みなとみらい地区の遊休地に仮設劇場を建てて上演されている。2011年10月28日にここで通算8000回公演を達成したことが、この駅弁で記念されている。通常の崎陽軒の弁当と異なり、これは横浜駅周辺の8店舗と「キャノン・キャッツ・シアター」でのみの販売であった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】「踊り子」運行30周年記念特別弁当(980円)2011年10月13日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Odoriko Unkou 30 Syunen Kinen Tokubetsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

掛紙記載事項のとおり、特急「踊り子」デビュー30周年を記念し、2011(平成23)年10月1〜31日に販売された記念駅弁。横浜駅弁で「おべんとう秋」などに使う正方形の発泡材枠容器に、踊り子号の写真を掲載した販売期間前半の10月1〜14日のバージョンである掛紙を巻く。

中身は栗おこわに鮭塩焼、かまぼこ、玉子焼、タケノコやニンジンなどの煮物、ニシン昆布巻、エビフライ、タケノコ角煮、菜の花漬け、つくね、シウマイ3個など。お祝い感と秋の風情があふれる内容に仕上げたという中身は、様々な横浜駅弁から取ってきた感じ。クリと紅葉形ニンジンで彩られる御飯がいい色をしていた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【掛紙】「踊り子」運行30周年記念特別弁当(980円)2011年10月30日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Odoriko Unkou 30 Syunen Kinen Tokubetsu Bento

掛紙

2011(平成23)年10月30日に購入した横浜駅弁の掛紙。上記駅弁の後半バージョンであるが、左を向いていた電車が右を向いただけで、あまり変わり映えがしない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380

【終売】さよなら寝台特急富士★はやぶさ記念弁当(1,000円)2009年3月7日に横浜駅西口イベント会場で購入
Sayonara Shindai Tokkyu Fuji Hayabusa Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年3月7〜8日に横浜駅西口で開催された、寝台特急富士・はやぶさ廃止記念グッズ販売イベントにて販売されたお弁当。東京駅と鉄道博物館で3月1〜14日に販売された「さよなら寝台特急富士★はやぶさ記念弁当」と、中身や価格は同一であるが、掛紙の絵柄や写真が異なる特別版となっている。写真の撮影地は横浜駅ではなく東京駅なのだが。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】さよなら寝台特急富士★はやぶさ記念弁当(1,000円)2009年3月7日に横浜駅西口イベント会場で購入
Sayonara Shindai Tokkyu Fuji Hayabusa Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年3月7〜8日に横浜駅西口で開催された、寝台特急富士・はやぶさ廃止記念グッズ販売イベントにて販売されたお弁当で、調製元は小田原駅弁の東華軒。木目柄の発泡材容器を、寝台特急の写真を使った掛紙で包み、紙ひもで十字にしばる。松花堂タイプにトレーと仕切りで4分割された中身は、桜花や錦糸卵に桜でんぶを載せた茶飯、カボチャやサトイモなどの煮物、玉子焼に焼鮭にカマボコ、ナスとタケノコとタラの芽の天ぷらなど。

千円も取ってこの中身ではガッカリするレベルだが、記念駅弁だから掛紙がこれだけきれいに仕上がっていればそれでよい。その掛紙にはなぜか、東華軒ではなくNREの社名とURLが印刷されている。中身と列車の関連はないと思うが、煮物の色と形は良かった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)3171 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア記念弁当(1,000円)2008年1月27日に横浜駅西口の駅弁イベントで購入
Dondon Tabete!! Kinen Gentei Ekiben Fair Kinen Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

JR横浜支社が管内の駅弁屋4社を集めて2008(平成20)年1月26〜27日に横浜駅西口で実施したイベント「どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア」にて販売された記念駅弁。木目調の黒い発泡材容器に、イベント名を印字した掛紙を巻いて、ゴムでしばる。中身は日の丸俵飯に酢豚、海老天、大学芋、春巻き、海老団子、中華クラゲなどとシウマイ3個で、毎年4月に東京駅で実施される駅弁の日記念駅弁大会に出品されるものとだいたい同じ。風味もいつもの崎陽軒。記念駅弁の名前にひねりがないのも、いつもの崎陽軒。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】JR20周年記念特別弁当(1,300円)2007年10月27日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
JR 20 Syunen Kinen Tokubetsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年10月6日から8日まで東京駅で実施された「第6回東京駅駅弁当祭り 東日本縦断駅弁大会」で販売された横浜駅弁。会場限定商品であった過去2回と異なり今回は初めて、一日100個が横浜駅他8駅でも31日まで売られた。

木目柄で長方形の発泡材容器を、紅葉と黄葉を背景に駅弁名を書いた掛紙で包む。中身は舞茸御飯に金目鯛照焼、揚げ有頭海老、つくね、イカやカボチャなどの煮物、蒲鉾と社名焼き印入り玉子焼、特製シウマイ2個にひょうちゃんなど。見栄えも風味も美しい中身に、記念品の華やかさと調製元の実力が光る。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】よこはま中華(1,200円)2006年4月8日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Yokohama Chuka (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年4月8日と9日に東京駅で実施の駅弁の日記念駅弁大会で販売された、崎陽軒の駅弁の日記念弁当。今年は商品名のとおり中華弁当となり、俵飯やシウマイ3個に加えて、エビチリや海老焼売や豚肉炒めやザーサイなどが入る。

今回は駅弁との案内は見なかったと思うが、催事名は同じだし、これ以外の取扱商品はすべて駅弁だったので、会場では横浜駅弁と認識されていたはずだ。横浜駅での販売や公式サイトへの掲載は今回もなかった模様。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/
疑義駅弁

【終売】特製幕の内弁当(1,200円)2005年4月9日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Tokusei Makunouchi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年4月9日と10日に東京駅で実施の駅弁の日記念駅弁大会で販売された、崎陽軒の駅弁の日記念弁当。大きめな正方形の発泡材容器を、昨今の崎陽軒の駅弁掛紙デザインによくある淡い雰囲気の掛紙をかけて、金色のゴムでしばる。中身は桜花を載せた扇形の茶飯に、海老や焼き魚に蒲鉾と玉子焼と煮物類などを付けて、シウマイ3個を添える。

1,200円はちと高いが記念なので大目に見るとして、この駅弁は公式サイトで紹介がないうえに当日の横浜駅では販売されず。つまり駅弁の日記念弁当ではなく、横浜駅に実態のない駅弁の日記念駅弁大会記念弁当だった。崎陽軒もそういうことをするのかと思う。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/