banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 新津(にいつ)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Niitsu Station

駅名標 駅舎 駅構内

新潟駅から普通列車で約20分。新津は信越本線に羽越本線と磐越西線が接続する鉄道の要衝で、国鉄時代は機関区や操車場を備えた鉄道の街であった。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が今はキオスクに駅弁を卸し、SL列車の発車時にはホーム上での販売も行われる。1897(明治30)年11月20日開業、新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目。

JR東日本 新潟(にいがた)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Niigata Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から上越新幹線「とき」で2時間強。新潟市は信濃川の河口に位置する日本海に面した人口約82万人の港町で、水田や漁港から新幹線や空港までなんでもある日本海側随一の大都市。駅弁は国鉄時代からの新潟駅と新津駅と新発田駅の駅弁屋4社に加えてJRの子会社も進出し、共同売店で多種が揃う。1904(明治37)年5月3日開業、新潟県新潟市中央区花園1丁目。

えんがわ押し寿司(1,100円)2011年6月12日に新津駅ホーム上台売りで購入
Engawa Oshizushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年の秋の新商品として、10月までに登場。カラスガレイの真っ白なえんがわを新潟県産コシヒカリの酢飯に合わせた押寿司を1本、笹の葉に包み、透明なビニールシートで巻き、甘酢生姜と醤油とわさびを添付し、中身のイメージ写真とカレイのイラストを印刷したボール紙の箱に詰める。

これはきっと、2007年12月31日限りで「しばらく遠い旅に出て」しまった「元祖ひらめずし」の生まれ変わりではないかと思う。脂がジューシーで、白さがまぶしく、飯と具のとろけ具合がたまらない。JR東日本管内の駅弁大会にもよく出てきており、これから知名度と評判を高めていくであろう。価格は2011(平成23)年の購入当時で1,050円、2015年時点で1,100円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2012年5月補訂:写真の更新
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

【掛紙】えんがわ押し寿司(1,100円)2017年10月20日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Engawa Oshizushi

掛紙

2017(平成29)年10月20日に購入した、新津駅弁のパッケージ。上記の駅弁「えんがわ押し寿司」の米を、2017(平成29)年秋に本格デビューした新潟県一押しの新品種「新之助」に、同年9月から置き換えて販売した。加えて同年秋のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2017」にエントリー。

通常版のパッケージに、新之助のシール2枚を貼る。中身や値段は通常版と変わらない。食べてみると、米にくっつくような粘り気を感じた。酢飯にしてエンガワを貼ると、うまくもまずくもならない印象。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511

【掛紙】えんがわ押し寿司(1,100円)2016年5月21日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Engawa Oshizushi

掛紙

2016(平成28)年5月22日の調製と思われる、新津駅弁のパッケージ。伊勢志摩サミットの開催を記念して、仙台駅から小倉駅まで11種類の駅弁について、パッケージに駅弁名の英文表記とほぼ共通のロゴマークを印刷し、東京駅の駅弁売店で販売した。価格と中身は通常版と同じ。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511

元祖さけずし(1,250円)2005年5月8日に新潟駅乗換改札そば売店で購入
Ganso Sakezushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

この形では他に見ない鮭押寿司駅弁。八角形の押寿司容器を紅鮭色のボール紙製パッケージに詰める。笹の葉とラップに包まれた中身は、シソを混ぜたコシヒカリの酢飯の上に紅鮭を載せて押した押寿司。同じタイプで著名な富山のますのすしと比べて、鮭と飯の風味のやわらかさが物足りなく、なるほどこれで他地域に広がっていないだろうか。

調製元の公式サイトによると昔から好評の駅弁らしく、朝の時間帯で駅弁の種類がとても少なかった新潟駅でもちゃんと取り扱いがあった。パッケージで鮭色に染まる柄は、新潟県村上市を流れる三面川の伝統漁法「居繰網漁」だろうか。今も10月中旬から12月初旬にかけて見学できる。価格は購入当時で1,050円、2015年時点で「特製さけずし」1,250円になっている。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

数の子ずし(1,080円)2005年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Kazunokozushi

掛紙 外観 中身 中身 中身

昔は本物の竹を使ったらしい、竹を縦に割った形状のプラスティック製容器を使用、そこに笹の葉を敷き、コシヒカリ使用のすし飯の上にたっぷりとカズノコ醤油漬が載る。その間に挟まる鰹節の効果か、カズノコも酢飯も本当にふんわりした感じが出ている。紅生姜と醤油が袋で付くが、かける前に一口はそのままでいただきたい。

駅弁屋さんの社長が、旅に出た時くらい数の子を存分に味わって欲しいと作った駅弁。今では入手に予約が必要なようで、2004年の阪神百貨店駅弁大会では幻の予約制駅弁として売られた。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2005年3月補訂:写真の掲載と解説文の手直し
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

越後五目ずし(930円)2002年10月19日に品川駅コンコース駅弁大会で購入
Echigo Gomoku Zushi

掛紙 外観 中身 中身

割竹を模したプラスティック製容器を使用。ラップを敷いた上に酢飯を敷いて、その上にサーモン・山みつば・海老・イクラ・フキを載せたちらしずし。割り箸と共にプラスティックのナイフが付属するが、必要はなさそう。県内で余った孟宗竹の有効利用を森林組合から要請されて誕生した駅弁だそうで、過去には本物の竹が容器として使われていたとか。御飯と鮭が美味かった。価格は購入当時で870円、2015年時点で930円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/

【終売】元祖ひらめずし(1,050円)2002年10月19日に品川駅コンコース駅弁大会で購入
Ganso Hiramezushi (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身

全国唯一のヒラメ駅弁だとか。経木とボール紙でできた強度のある長方形容器を、ボール紙のパッケージに収納する。中身は酢飯の上に塩と酢で締めた透き通るような白さの平目、正確には北太平洋産のハリバット(大ひらめ)を敷いている。

口に含むと軽い舌触りとほのかな白身魚の香りを一瞬だけ感じさせながら、こちらも香り高い新潟米コシヒカリにすっととけ込んでいく。これは美味い駅弁と奨められる品物。NREが秋冬に都内の駅で開催する駅弁大会でいつも見られる。しかし残念ながら2008年までに、材料手配の都合により終売となった模様。

※2009年9月補訂:終売を追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
神尾商事 株式会社 神尾弁当部 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号 0250(22)5511 http://www.bentou.net/