banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 久留米(くるめ)駅2017年2月4日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kurume Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から新幹線で17分。久留米市は福岡県の南部で筑紫平野の中心に位置する、人口約30万人の商業都市。久留米絣やゴム工業などの工業都市でもある。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2003年に鳥栖駅の駅弁屋へ吸収、2011年3月の新幹線開業で鳥栖駅弁や筑後船小屋駅弁が売られたが、2017年時点で駅弁が見当たらない。1890(明治23)年3月1日開業、福岡県久留米市城南町二丁目。

香草物語(930円)2006年1月1日に博多駅九州駅弁スタジアムで購入
Koso Monogatari

掛紙 外観 外観 中身

2001(平成13)年の登場か。特急「ゆふいんの森」車内販売専用弁当として開発された。赤い花柄和紙を貼った美しい長方形ボール紙容器に掛紙をかけて深緑色の紙ひもでしばる。中身は12分割され、ちらしずし・山菜飯・茶飯で御飯が3区画、チキンのハーブ焼やバジル添え野菜マリネやレモングラス味付ウインナーなどハーブをふんだんに使ったおかずが7区画、デザートにハーブ寒天のフルーツポンチが1区画、漬物に1区画。知名度が意外にないが実際に食べた人の多くが絶賛しているようだ。

2003年11月限りで、久留米駅弁の調製や販売が、久留米中央軒から鳥栖駅の中央軒に引き継がれ、この駅弁も写真のとおり現在は中央軒の調製。購入時点で容器や中身や価格に変化はない。2015年時点で博多駅の駅弁となり930円。

※2015年10月補訂:現況を追記
※2006年2月補訂:写真の更新
販売駅
鹿児島本線 久留米(くるめ)駅 1890(明治23)年3月1日開業 福岡県久留米市城南町二丁目
調製元
株式会社 中央軒 佐賀県鳥栖市京町729 0942(82)3166 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/

【終売】肉めし(680円)2004年1月23日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Nikumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1965(昭和40)年頃の登場。扇形でも楕円形でもない独特な形の容器を使用、牛肉スープとカレー粉で炊いた味付御飯の上に、錦糸卵と牛肉を半分ずつ敷き詰め、さくらんぼでアクセント。御飯・錦糸卵・肉それぞれを個別に食べるとお世辞にも美味くないが、まとめて口に含むと不思議な旨味がにじみ出てくる。駅弁屋さんの社長が阿蘇旅行で思い付いたのだとか。

久留米駅では駅でクジャクを飼育し、下りホーム上で鑑賞することができたが、新幹線の工事による駅舎の解体の頃に失われた。昔は久留米絣、以前はゴム工業、その後は松田聖子やチェッカーズといった芸能人、続いて孫正義や堀江貴文といった異色の実業家を輩出するなど、久留米の名物は時代に対応して変化する。

九州の鉄道は、現在の鹿児島本線のうち博多と久留米を結ぶ区間が最初に開通するはずであったが、久留米駅のすぐ北側を流れる筑後川での架橋が遅れ、その手前に千歳川という仮駅を設けてとりあえず開業、約3か月後に橋が完成し久留米駅が開業した。線路際で橋のたもとの草むらの下が九州最古の廃止駅の位置らしく、九州新幹線の工事で踏み潰される際に何か遺構が出てくるかもしれないと期待したが、そういう報告は見ていない。

なお、2003年11月限りで久留米駅弁の調製販売が鳥栖駅の中央軒に引き継がれ、この駅弁は失われた模様。2004年1月の阪神百貨店駅弁大会には出品されていた。

販売駅
鹿児島本線 久留米(くるめ)駅 1890(明治23)年3月1日開業 福岡県久留米市城南町二丁目
調製元
久留米鉄道構内営業 有限会社 久留米中央軒 福岡県久留米市城南町2−11 0942(32)3210
疑義駅弁

【終売】肉めし(1,000円)2009年2月14日に鶴屋百貨店駅弁大会で購入
Nikumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記の駅弁を、2009(平成21)年に購入したもの。特徴的な容器や中身の雰囲気に加えて風味もだいぶ変わってしまい、価格もあり得ないくらいに上がってしまったが、本来は2003年の駅弁屋の廃業に伴い失われた駅弁であり、こうやって残存しているだけでもありがたい。

しかし、この駅弁をデパートの駅弁催事で購入した時点で、久留米駅での駅弁販売は中止されており、旧駅弁屋の合併先である鳥栖駅では相変わらず、かしわめしや焼麦などの従来商品だけの販売であった。そのため現時点では、駅で売らない疑義駅弁と見なさざるを得ない。九州新幹線の工事に伴う久留米駅の改造が終われば、ここでの駅弁販売も再開されると聞くが。

販売駅
鹿児島本線 久留米(くるめ)駅 1890(明治23)年3月1日開業 福岡県久留米市城南町二丁目
調製元
株式会社 中央軒 佐賀県鳥栖市京町729 0942(82)3166 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/