banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

【終売】幕の内弁当 板前献立(1,000円)2004年12月20日に指宿駅舎内キヨスクで予約購入
Makunouchi Bento Itamae Kondate (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

九州新幹線の開業と指定席付き快速「なのはなDX」登場に伴い、おそらく2004(平成16)年3月13日にひっそりと登場し、10月10日開始のJR九州「第1回九州の駅弁ランキング」のリストに載って驚かれた、指宿駅では約30年振りの駅弁。

大きいが強度のない発泡材容器に、板前さんのイラストを載せたもっと大きく薄手の掛紙をかけて、ビニールひもでしばる。中身はグリーンピース御飯とおかかごはん、それに黒豚角煮やカツオ腹皮の木の芽焼やきびなごなどが入るというが、それぞれが小粒少量で風味を感じ取れないことに加えて、解説やお品書きがないので予備知識がないと指宿や鹿児島との関連が分からず、だいぶ損をしている。また、水分を逃がさない容器により水気が風味を落としている感じもした。

この駅弁の入手には、JR九州の駅のみどりの窓口で前日までに引換券を購入し、当日に駅のキヨスクで商品を受け取る必要がある。調製元にJRを通していない旨を電話で伝えて予約しても良いらしいが、どちらにしても手間はかかる。駅弁と名乗るにはもっと勉強が必要だと感じる商品。調製元は指宿駅前の食堂で、水曜定休。

なお、駅弁ランキングの終了後に収穫報告がなく、駅弁の入手に関する案内もJRから消えているため、この駅弁の販売は数か月で終了したと思われる。

※2012年2月補訂:終売を追記
販売駅
指宿枕崎線 指宿(いぶすき)駅 1934(昭和9)年12月19日開業 鹿児島県指宿市湊1丁目
調製元
四季彩料理 青葉 鹿児島県指宿市湊1丁目2−11 0993(22)3356
催事駅弁

鹿児島黒豚弁当(850円)2008年1月14日に京急百貨店駅弁催事で購入
Kagoshima Kurobuta Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2007年秋までに投入された「道弁」なる駅弁催事向け商品のひとつ。長方形の小さな発泡材容器を、スーパーやデパートの売り場での見栄えを重視した構造だと思える、立ち上がり付きのボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に豚佃煮、豚ばら肉、錦糸卵を乗せるもの。それぞれの見栄えや風味に業務用食材の工業製品感がある、パッケージ入りコンビニ弁当。来シーズンの催事場にあるかどうか。

こういう弁当が地域の名物として売られていることになっている「サンポートしぶしアピア」とは、鹿児島県志布志市と中小企業総合事業団他が出資した志布志まちづくり公社が運営する、1987(昭和62)年3月の国鉄志布志、大隅の両線の廃止により広い構内を持て余した志布志駅の敷地を活用した、郊外型ショッピングセンター。だから、かつての駅入口まで後退したJR日南線志布志駅の目の前にある。

かつて志布志駅には急行列車が発着し、公式な駅弁販売駅でもあったが、今は鈍行客のみ一日100人程度が利用する小さな終着駅。駅弁は当然に不要だろう。2005年9月に台風の影響で2週間ほど青島・志布志間が不通になった際にも、代行バス輸送をしなかったにもかかわらず地元も旅行者も困らなかったようで、鉄道路線そのものが現在は不要かもしれない。

調製元
株式会社 萬來 鹿児島県志布志市志布志町安楽4623−5 099(472)3835

JR九州 大隅横川(おおすみよこがわ)駅2013年12月1日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Osumi-yokogawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

鹿児島中央駅から特急「はやとの風号」で1時間強。1889年から2005年まで単独で村制や町制を敷いた横川町の中心駅で、駅の開業当時からの九州最古の木造駅舎を持つ。駅弁はないが、下記のように駅で地元の弁当が買えた。1903(明治36)年1月15日開業、鹿児島県霧島市横川町中ノ。

福ちゃん(500円)2013年12月1日に大隅横川駅舎内の物品販売で購入
Fukuchan

掛紙 外観 外観 中身 中身

観光特急「はやとの風」で訪れた大隅横川駅で、様々な物品とともに販売されていたお弁当。浅い竹籠にアルミホイルを敷き、きび入りおにぎり、黒米入りおにぎり、玉子焼、スパゲティ、鶏唐揚2個、ガネ1個、ナスなどの煮物、ウインナーなどを置き、ラップで包んでいた。たった500円で、これは賑やかな1人用オードブル。駅弁の視点では、京都駅の竹籠弁当を薩摩風にアレンジしたような感じ。

大隅横川駅もまた嘉例川駅と同じく、九州最古の木造駅舎を持つ無人駅。第二次大戦中の機銃掃射の痕跡がホーム上屋に残ることでも知られる。しかし2004年3月の観光特急「はやとの風」とともに観光地として花開いた嘉例川駅と違い、こちらは何もなく、何もせず、静かなままだった。それではまずいと考えたのだろうか、10年経った訪問当日の駅では嘉例川駅以上にスタッフと商品が駅に入り、駅前では門松を立てていた。なお、両駅は2005年11月の合併により、今は同じ霧島市内にある。

販売駅
肥薩線 大隅横川(おおすみよこがわ)駅 1903(明治36)年1月15日開業 鹿児島県霧島市横川町中ノ
調製元
大隅横川駅ぽっぽ市運営協議会 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

JR九州 嘉例川(かれいがわ)駅2006年1月29日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Kareigawa Station

駅名標 駅舎 駅構内

鹿児島中央駅から特急「はやとの風号」で約五十分。嘉例川は県央部の小集落で、九州新幹線部分開業以降は九州最古の駅舎が観光資源となり、多くの観光客が訪れる。駅に売店や商店はないが、新幹線開業と特急新設の記念弁当が後に駅売りや車内販売の商品となり、今や九州を代表する名物駅弁となった。1903(明治36)年1月15日開業、鹿児島県霧島市隼人町嘉例川。

百年の旅物語かれい川(1,080円)2004年12月18日に嘉例川駅舎内台売りで購入
Hyakunen no Tabimonogatari Kareigawa

掛紙 外観 外観 中身

九州新幹線の開業と臨時特急「はやとの風」登場を記念して、2004年3月13日に一日限りのイベント用弁当として登場。好評のため5月2日から駅前物産館での販売が開始され、6月18日から金土日曜の「はやとの風」車内販売でも一日五個の販売が始まった。夏〜秋の情報では、日曜は駅前の農協の建物を改装した「かれい川ふれあい館」で朝九時から一日三十個が、土曜は駅敷地内で販売されているという。2012年現在では、土休日は駅で、月曜日と年末年始を除き特急「はやとの風」車内で、この駅弁が買える模様。

竹皮製容器に駅開設以来百年以上の歴史を刻む九州最古の現存駅舎の写真の掛紙をかける。地元の素材を使った中身は、椎茸とタケノコの炊込飯、薩摩芋の天ぷらと称する薩摩揚げ、キノコ入りコロッケ、椎茸やタケノコの煮物など。すべてが冬の南国の常温で素晴らしい旨さを出していた。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。

JR九州の駅弁キャンペーン「九州の駅弁ランキング」には2004年の第1回から毎回出品、4位、3位、2位と来て2007〜2009年には3年連続で1位を獲得した。2010年は5位に後退したが、50種程度の出品によるこの数字であり、もはや九州を代表する駅弁のひとつであると言い切って間違いない。年間で約6000個が売れているといい、地元のシイタケ、ダイコン、ジャガイモ、タケノコの生産者は忙しくなったという。

※2015年2月補訂:値上げを追記
※2012年2月補訂:販売現況とランキングに関して追記
※2005年3月補訂:写真の掲載と解説文の手直し
※2004年10月補訂:調製元と販売状況を追加
販売駅
肥薩線 嘉例川(かれいがわ)駅 1903(明治36)年1月15日開業 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川
調製元
森の弁当やまだ屋 鹿児島県霧島市隼人町小田1672−2 090-2085-0020

かれい川山里弁当(550円)2013年12月1日にかれい川ふれあい館物産館で購入
Kareigawa Yamasato Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

鹿児島県霧島市の農産物や特産品の販売所である、嘉例川駅前の物産館「かれい川ふれあい館」で販売していたお弁当。この弁当の他にも、様々なお惣菜が販売されていた。

惣菜弁当向けプラ容器に、日の丸御飯、ガネ(サツマイモの天ぷら)、鶏唐揚、シイタケやニンジンなどの煮物、じゃがいも、ゆで卵、ダイコンの酢の物など。今は名駅弁となった上記「百年の旅物語かれい川」を、もっと素朴に飾らずに作ると、こうなるのだろう。掛紙には明らかに、嘉例川駅と特急はやとの風が描かれる。物産館が営業する日曜日のみの販売。価格は購入当時で500円、2015年時点で550円。

調製元
ふれあい会 所在地の記載なし 0995(43)9124