banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東北の駅弁福島県 > いわき駅 > その他の駅弁 (6種類・2枚収蔵)

←前は[いわき駅うにの駅弁] | 次は[原ノ町駅浜の駅弁]→

JR東日本 いわき駅 2007年12月22日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 上野駅から特急列車で約2時間10分、常磐線が磐越東線を分ける駅。いわき市は福島県南東部で太平洋に面する人口約34万人の工業都市で、過去には石炭で賑わい、現在は温泉やレジャー施設や漁港で観光客も集める。駅弁は明治時代からの駅弁屋が2005年に廃業、茨城県内の駅弁屋が売店を構えたが2007年に撤退、その後はJRの子会社がおおむね東京と同じ駅弁を売る。1897(明治30)年2月25日開業、福島県いわき市平字田町。

浜街道 潮目の駅弁(1,200円) 2015年10月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2015年4月1日の発売。この駅弁専用のパッケージに記されるとおり、2011年3月の東日本大震災以降に初めて出た「復活!いわき駅弁」であり、JR東日本水戸支社が2015年4〜6月のJRグループの観光キャンペーン「ふくしまデスティネーションキャンペーン」に合わせて投入した「JR東日本いわき運輸区乗務員プロデュース」の駅弁。調製元は宿泊施設ではなく、福島県いわき市小名浜のショッピングモール。

 中身はカツオ飯、貝焼き風のウニ飯、カジキメンチ、サンマのポーポー焼き大葉風味、メヒカリ甘露煮、トマトゼリー、たくあんしそ巻き、かまぼこ、カジキあげかまぼこなどの煮物。見た目でも味でも、肉も魚もあるように見えて、これは確かな海の幸。分量はとても多め。駅弁のない湯本駅での販売もある模様。

【常磐線いわき駅】1897(明治30)年2月25日開業 福島県いわき市平字田町
【株式会社アクアマリンパークウェアハウス 小名浜美食ホテル】福島県いわき市小名浜字辰巳町43−9 TEL:0246(54)3409
 http://www.bishokuhotel.com/
【終売】御料理弁当(530円) 2004年3月20日に駅弁屋で購入

掛紙 外観 外観 中身

 訪問時のいわき駅で三種類見つけた幕の内駅弁のうち、最も低価格だったもの。ボール紙に白トレーの汎用折詰容器に日の丸御飯を詰め、おかずは焼マスに白身魚フライに玉子焼・蒲鉾・竹輪に煮物類。こう書くとおかずが充実しているように感じるが、御飯の分量に対して明らかに不足するので、考えて食べないと梅干や漬物をおかずにすることになる。この駅弁は調製元の廃業により、2005年5月31日限りで失われた。

※2005年5月補訂:消滅時期の変更
※2005年3月補訂:消滅見込み情報を追記

【常磐線いわき駅】1897(明治30)年2月25日開業 福島県いわき市平字田町
【株式会社住吉屋】福島県いわき市平字田町58−2 TEL:0246(23)4549

【掛紙】いわきべんとう(600円) 調製年月日不詳

掛紙

 1980年代の調製と思われる、昔の平駅弁の掛紙。後にボール紙箱となった同名駅弁のふたのイラストと、間違い探しの範囲でしか変わらないが、よく見ると名所の加減が見られる。常磐線には昔も今も新幹線の構想はないと思うが、左下になぜ新幹線電車を描いたのかが気になる。
【終売】いわきべんとう(740円) 2004年3月20日に駅弁屋で購入

掛紙 外観 中身

 訪問時のいわき駅で三種類見つけた幕の内駅弁のうち、真ん中の低価格だったもの。ボール紙に白トレーの折詰容器というスタイルは共通に、その蓋が沿線地図「いわき市観光案内」となる専用のものを使用している。中身は日の丸御飯と、おかずの焼マス・白身魚フライ・玉子焼・蒲鉾・竹輪に煮物類まで共通ながら、ビーフの香りの強い牛肉そぼろ煮が入っているので、おかずが足りなくなることはない。上中下で一番、価格と中身のバランスが取れていると思う。

 ところでこの紙箱、蓋のイラスト地図に常磐自動車道がなく、特急電車が国鉄型車両で「常磐ハワイアンセンター」があるなど、どうも昭和の頃からずっと同じものを使用している模様。なお、この駅弁は調製元の廃業により、2005年5月31日限りで失われた。

※2005年5月補訂:消滅時期の変更
※2005年3月補訂:消滅見込み情報を追記

【常磐線いわき駅】1897(明治30)年2月25日開業 福島県いわき市平字田町
【株式会社住吉屋】福島県いわき市平字田町58−2 TEL:0246(23)4549

【終売】いわきべんとう(735円) 2007年3月31日にいわき駅ホーム上駅弁売店で購入

掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身

 いわき駅で長年売られていた幕の内弁当も、「うにめし」と同様に水戸の駅弁屋へ引き継がれていた。当時と同じ専用紙箱をそのまま使用、中身は日の丸御飯がそのままに、しかしおかずは大幅に変わって焼マス、鶏唐揚、蒲鉾、玉子焼、きんぴら、薩摩揚など。となると、引き継いだのは余っていた容器だけなのかもしれない。2年ほどで売り止めた模様。

※2015年8月補訂:終売を追記

【常磐線いわき駅】1897(明治30)年2月25日開業 福島県いわき市平字田町
【有限会社芝田屋弁当部】茨城県水戸市宮町2−2−12 TEL:029(221)4359

【終売】特製幕の内いわき七浜(920円) 2004年3月20日に駅弁屋で購入

掛紙
外観 外観 中身

 訪問時のいわき駅で三種類見つけた幕の内駅弁のうち、最も高価格だったもの。ボール紙に白トレーの折詰容器というスタイルは共通に、その専用容器は横に長くなった。中身は日の丸御飯と、おかずの白身魚フライ・玉子焼・蒲鉾まで共通ながら、焼魚が鮭塩焼にグレードアップし、海老チリと鶏唐揚が入り、煮物も帆立やゴボウなどが入り豪華版を演出する。それでも東北地方九百円台の幕の内駅弁としては中身の質や量、特に見た目が寂しい気はする。この駅弁は調製元の廃業により、2005年5月31日限りで失われた。

※2005年5月補訂:消滅時期の変更
※2005年3月補訂:消滅見込み情報を追記

【常磐線いわき駅】1897(明治30)年2月25日開業 福島県いわき市平字田町
【株式会社住吉屋】福島県いわき市平字田町58−2 TEL:0246(23)4549

【終売】いわきカニピラフ弁当(1,000円) 2007年7月22日にいわき駅常磐線上りホーム上駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 NREといわき市内のレストラン「メヒコ」との共同開発により、2007年7月1日に登場。灯台とレストラン名と駅弁名を書いた、17×12×4センチと小さなボール紙の箱をラップで包む。レンジでチンできそうなプラ製トレーに入った中身は、駅弁名どおりのカニピラフ。ズワイカニほぐし身混じりの御飯の上に、細いそのカニ足が点々と。見栄えは貧弱だが、柔らかく淡い風味に奥深さを感じる。

 百年の歴史を刻んだ駅弁屋の廃業により、2005年6月にいわき駅へ進出した水戸と日立の駅弁屋は、2年ちょっとでここから撤退、その後継は結局NREとなった。地元のウニピラフとカニピラフを新作として投入してくれてはいるが、他の駅弁はここから200kmも離れた東京と同じもの。駅売り弁当が駅から消滅するよりは良いと思うが、駅弁の多様性はこうして徐々に、確実に、どんどん失われつつある。

 なお、これらのウニとカニの駅弁は2011年3月の東日本大震災を機に、売られなくなった模様。2015年時点でホーム上のNREの駅弁売店そのものは健在である模様。

※2015年8月補訂:終売を追記

【常磐線いわき駅】1897(明治30)年2月25日開業 福島県いわき市平字田町
【株式会社エム・イーファクトリー】福島県いわき市小名浜島字高田町34 TEL:0120-85-9869
 http://www.mehico.com/
【掛紙】御辨當(100円) 調製年月日不詳

掛紙

 1950年代の調製と思われる、昔の平駅弁の掛紙。絵柄に特段の意味はなさそう。1966年10月に平市を含む5市4町5村の大合併でいわき市が誕生した後、駅名が変わるまで28年2か月の歳月を要した。
←前は[いわき駅うにの駅弁] | 次は[原ノ町駅浜の駅弁]→

2001年6月17日開設 2015年11月3日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.