banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 新富士(ふじ)駅2017年5月11日訪問Googleマップ
JR-Tokai Shin-Fuji Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅からこだま号で1時間強。東海道新幹線で1988(昭和63)年3月に追加された駅で、開業時から現在まで一貫して各駅停車の「こだま」のみが停車する。富士山がよく見えるよう、駅の壁はガラス張り。1988(昭和63)年3月13日開業、静岡県富士市川成島。

JR東海 富士(ふじ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Fuji Station

駅名標 駅舎 駅構内

静岡駅から東海道本線で30分強。富士市は静岡県の東部で富士山の南に広がる人口約25万人の宿場町で、製紙業などの工業で栄える。駅弁は大正時代からの駅弁屋が健在だが、現在の富士駅での駅弁の販売は、身延線ホーム上の立ちそば屋に少数が置かれるに留まる。1909(明治42)年4月21日開業、静岡県富士市上横割。

いなりずし(150円)2009年4月12日に富士宮駅「麺ズSTATION」で購入
Inarizushi

掛紙 外観 中身 中身

下記「元祖いなりずし」の最小・簡易パッケージ。透明なプラ製惣菜容器においなりさんを2個と甘酢生姜を入れて、調製シールを貼っている。外見は駅弁ではないが、中身は駅弁で、駅の駅弁販売所で駅弁と共に売られていたので、ここに収蔵。富士駅や新富士駅では売られていないのではないかと思う。

販売駅
身延線 富士宮(ふじのみや)駅 1913(大正2)年7月20日開業 静岡県富士宮市中央町
調製元
株式会社 富陽軒 静岡県富士市松岡1190 0545(61)2835 http://fuyouken.com/

元祖いなりずし(430円)2009年4月12日に富士駅身延線ホーム上そば屋で購入
Ganso Inarizushi

掛紙 外観 外観 中身 中身

1921(大正10)年から富士駅で売られているという、伝統の駅弁。木目柄の細長い発泡材枠容器にボール紙のふたをして、駅弁名を力強く描いた掛紙を巻いて、割りばしごと紙ひもで十字にしばる。中身はおいなりさんが5個に、袋入りでない甘酢生姜だけで、なかなか古風。酢飯に切り昆布を混ぜていることが昔から評判なのだという。おいなりさんの駅弁はこの近辺でも伊東や豊橋のほうが有名であるが、風味で決して負けるものではない。価格は購入当時で420円、2015年時点で430円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道新幹線 新富士(しんふじ)駅 1988(昭和63)年3月13日開業 静岡県富士市川成島
東海道本線 富士(ふじ)駅 1909(明治42)年4月21日開業 静岡県富士市上横割
調製元
株式会社 富陽軒 静岡県富士市松岡1190 0545(61)2835 http://fuyouken.com/

助六ずし(540円)2002年3月9日に富士駅身延線ホーム上そば屋で購入
Sukeroku Zushi

掛紙 外観 中身

発泡材の長方形容器に、椎茸の太巻寿司ひとつ、かんぴょうの細巻寿司を4つ、いなりずしを4つ入れる。日が暮れたばかりの富士駅で入手できた駅弁がこれひとつだけというのは寂しいが、助六寿司駅弁自体がなかなか見かけないものとなった現在、それを助六ずしの名で売る心意気は買いたい。味は良好。価格は購入当時で530円、2015年時点で540円。

助六ずしとは、太巻きと稲荷寿司の組み合わせで、歌舞伎十八番のひとつ「助六由縁江戸桜」の主人公である花川戸助六の、恋人で吉原遊女の「揚巻」の名にちなむのだとか。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道新幹線 新富士(しんふじ)駅 1988(昭和63)年3月13日開業 静岡県富士市川成島
東海道本線 富士(ふじ)駅 1909(明治42)年4月21日開業 静岡県富士市上横割
調製元
株式会社 富陽軒 静岡県富士市松岡1190 0545(61)2835 http://fuyouken.com/

【終売】富士の子育ていなり(530円)2007年5月27日に新富士駅下りホーム上駅弁売店で購入
Fuji no Kosodate Inari (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年11〜12月頃に登場した、富士商工会議所の地域ブランド推進プロジェクト生まれの駅弁。透明な上げぶたを使うデパ地下タイプの正方形プラ容器に、とうふをイメージしたという掛紙を巻く。中身は草津川之江タイプの小柄なおいなりさんを8個詰め、塩ゆでピーナッツを添えるもの。

中身は上段3個がハスとゴマ、中段3個がワサビ、下段2個が昆布・香の物だそうだが、具が少なく皮の甘辛な風味が勝るため、味の差は感じられず。しかしジューシーでなかなかうまい。2008年頃までの販売か。

掛紙としおりに「子育て」の由来が記される。現在は静岡県富士市中央町となっている東海道吉原宿西仲町で、寺に毎晩現れたキツネを子育て稲荷大明神として祀ったところ、吉原では疫病で亡くなる子供がいなくなったそうな。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道新幹線 新富士(しんふじ)駅 1988(昭和63)年3月13日開業 静岡県富士市川成島
東海道本線 富士(ふじ)駅 1909(明治42)年4月21日開業 静岡県富士市上横割
調製元
株式会社 富陽軒 静岡県富士市松岡1190 0545(61)2835 http://fuyouken.com/