banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 鳥栖(とす)駅2017年2月4日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Tosu Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から快速電車で約30分。鳥栖市は佐賀県の東端に位置する人口約7万人の宿場町で、幹線鉄道や高速道路が交わる交通の要衝で、工場や物流施設が立地する。駅弁は明治時代からの駅弁屋のものが、駅舎内と各ホーム上のうどん屋で売られる。1889(明治22)年12月11日開業、佐賀県鳥栖市京町。

あさりめし(880円)2008年11月8日に小田急藤沢店駅弁大会で購入
Asari Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

おそらくJR九州「第4回九州の駅弁ランキング」の開催に向けて、2007(平成19)年の秋に発売。プラ製トレーを接着した発泡材枠の長方形容器に、透明なふたをして輪ゴム2本でしっかり留め、有明海の夕日を撮ったと思う写真を掲載したボール紙の枠にはめる。中身は味付け御飯の上をアサリと太めの錦糸卵で半分ずつ覆い、菜の花と山ゴボウにうみたけ粕漬を添えるもの。具が固めで御飯との一体感に欠けるが、まずいものではない。

鳥栖駅のホーム上の駅弁売店に何度訪れても、この駅弁の実物や掲示が見られないので、駅で売らず催事で売る疑義駅弁であると感じているが、改札外の駅弁売店で売るのか、本当に巡り合わせが悪かったのか、ヨネスケ氏その他のブログ等での収穫報告が存在する。2014年の第11回九州駅弁グランプリにもエントリー。価格は購入当時で850円、2014年4月の消費税率改訂により880円。

※2015年8月補訂:値上げを追記、疑義駅弁に関する記述を見直し
販売駅
鹿児島本線 鳥栖(とす)駅 1889(明治22)年12月11日開業 佐賀県鳥栖市京町
調製元
株式会社 中央軒 佐賀県鳥栖市京町729 0942(82)3166 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/

【終売】辛子めんたい弁当(850円)2004年11月7日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Karashi Mentai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

駅弁大会シーズンに向けて投入した2004年秋の新製品か。赤一色のプラ容器を、赤地緑文字のボール紙の枠にはめる。中身は御飯の上に辛子明太子を砕いて一面に敷き、塊の辛子明太子にレモンや菜の花を添える、そのすべてにおいてシンプルなお弁当。つまり辛子明太子がNGな人に食べられる部分はなく、家族に食べてもらったところ、やや薄味でパサついていたそうだが、後者はおそらく遠隔地への輸送の影響だろう。

鳥栖駅弁の公式な調製元がおくる、パッケージに駅弁マークが光る駅弁らしい商品だが、催事では福岡空港の空弁と扱われることが多い。個人的に福岡空港でまだ鳥栖駅弁の販売に出会えたことはないが、報告は上がっている。現存しないものと思われ、駅でも空港でも見なくなった。

※2015年8月補訂:終売を追記
販売駅
鹿児島本線 鳥栖(とす)駅 1889(明治22)年12月11日開業 佐賀県鳥栖市京町
調製元
株式会社 中央軒 佐賀県鳥栖市京町729 0942(82)3166 http://www.tosucci.or.jp/kigyou/chuohken/

【掛紙】助六寿司(400円)1977年10月15日調製
Sukeroku Zushi

掛紙

1977(昭和52)年10月15日の調製と思われる、昔の鳥栖駅弁の掛紙。当時はすでに新幹線が博多に乗り入れて九州内を電車特急が駆けめぐっていた頃であるが、この掛紙には「お召上り後は…腰掛けの下におしまつ願います」と昔ながらの注意喚起が残っている。

販売駅
鹿児島本線 鳥栖(とす)駅 1889(明治22)年12月11日開業 佐賀県鳥栖市京町
調製元
株式会社 中央軒 佐賀県鳥栖市京町 (2)3166