banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 郡山(こおりやま)駅2006年11月5日訪問Googleマップ
JR-East Koriyama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京から新幹線「やまびこ」号で約1時間20分、東北新幹線と東北本線、磐越西線、磐越東線が接続し、水郡線の列車が乗り入れる駅。郡山市は福島県の真ん中に位置する人口約34万人の宿場町、明治時代に発展した農業に加えて、鉄道や国道や高速道路が四方から集まる立地に商工業が集積、東北地方で仙台に次ぎ福島を上回る都市圏を形成する。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が駅弁売店で多種の駅弁を販売。1887(明治20)年7月16日開業、福島県郡山市燧田。

アツアツ!牛めし弁当(1,100円)2010年3月25日に福島駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入
Atsuatsu! Gyumeshi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2003年以前には登場か。長方形の加熱機能付き容器を使用、駅弁名や宣伝文や注意書きを書いたオレンジ色のボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上に錦糸卵を敷き、牛肉のタレ焼き2枚、牛そぼろ、きんぴらごぼう、ししとう、紅生姜を載せるもの。加熱駅弁の宿命としても牛肉の薄さと分量の少なさが特徴で、あのヨネスケ氏もそう書いている。価格は購入当時で1,050円、2015年時点で1,100円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 郡山支店 福島県郡山市富田町字諏訪8−1 024(961)8940 http://www.greenhouse.co.jp/w-hakuyoken/

【終売】福島牛牛のりべん(1,050円)2011年11月3日に東京駅「東北応援ご当地うまいもん駅弁大会」で購入
Fukushimagyu Gyu Noriben (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011年3月5〜6日に東京駅で開催された「“はやぶさ”デビュー記念駅弁大会」でデビューか。赤いボール紙の長方形容器に黒いふたをして、駅弁の名前と牛べこと宣伝文を描いた赤い掛紙を巻く。中身は郡山産コシヒカリ「あさか舞」の白御飯の上と中に福島牛のそぼろを入れ、海苔を貼り付け、玉子焼とごぼう煮と柴漬けを添えるもの。

つまり既存の郡山駅弁「海苔のりべん」のおかずを減らし、おかかを牛そぼろに置き換えた感じ。飯の上と中で2層の牛そぼろは甘辛が強いうえ分量も多く、まるでライスバーガーを食べているような感じ。東京駅駅弁大会における郡山駅弁の主力は、海苔弁になったような。2014年までの販売か。

※2015年8月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 福豆屋 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4番地8 024(943)0528 http://www.fukumameya.co.jp/

【終売】復刻版牛焼肉倶楽部(1,000円)2010年10月9日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Fukkokuban Gyuyakiniku Kurabu (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010年10月9〜11日に東京駅で開催された「第12回東日本縦断駅弁大会」で販売された商品。井形の発泡材の正方形容器に木目柄のボール紙でふたをして、赤と黄色でまぶしい正方形の掛紙で包む。中身はカレー御飯にタレをべっとり塗った牛焼肉を貼り、ニンジン、ゴボウ、玉こんにゃく、山菜漬、柴漬けを添えるもの。

この商品に相当する過去の郡山駅の駅弁を文献や体験で思い当たらないが、昭和の過去の牛肉駅弁は松阪と神戸を除き米沢を含め、タレと味付飯で肉の臭みを誤魔化したB級グルメが多かったのではないかと思う。固い肉にカレー御飯と焼肉のタレを使うこの弁当はまさにそんな感じで、価格は上等だが食べて楽しい記念駅弁。

販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 福豆屋 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4番地8 024(943)0528 http://www.fukumameya.co.jp/

【終売】福島牛 牛めし(1,100円)2008年7月19日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Fukushimagyu Gyumeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2007〜2008年の駅弁大会シーズンに向けて、駅弁催事屋とタイアップして2007年秋に投入。桶型の発泡材容器を、中身の写真に加え赤ベコ、県土、磐梯山と福島の象徴をいろいろ描いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上を錦糸卵と牛すき焼きで半分ずつ覆い、ニンジンと高野豆腐と赤かぶとゼンマイを添えるもの。

にゅるっとした脂の風味や食感が福島牛の特徴だろうか。錦糸卵とニンジンによる彩りも、牛一色でなく良い感じ。売店では米沢駅弁「牛肉どまん中」のライバルと紹介していたが、あちらは牛丼で、こちらは牛すき焼き丼。販売駅も異なるし、競争ではなく共存できるはず。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,100円。2016年までの販売か。

※2017年10月補訂:終売を追記
※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
株式会社 福豆屋 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4番地8 024(943)0528 http://www.fukumameya.co.jp/

【掛紙】磐梯牛めし(600円)調製年月日不詳
Bandai Gyumeshi

掛紙

1980年代頃の調製と思われる、昔の郡山駅弁の掛紙。掛紙のデザインが宮崎県・日豊本線都城駅「牛めし」と酷似していたことが話題になっていたが、今はどちらも駅弁屋ごと消滅。

販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
有限会社 東北軒 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4−18 0249(43)5255

【掛紙】磐梯牛めし(730円)1998年8月15日に郡山駅で購入
Bandai Gyumeshi

掛紙

1998(平成10)年8月15日17時の調製と思われる、昔の郡山駅弁の掛紙。上の掛紙とデザインは同じだが、国鉄がJRになり、そのキャンペーンが変わり、調製印がシールになり、価格も少し上がった。

販売駅
東北本線 郡山(こおりやま)駅 1887(明治20)年7月16日開業 福島県郡山市燧田
調製元
有限会社 東北軒 福島県郡山市富久山町久保田字郷花4−18 0249(43)5255