banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

東華軒のよくばり弁当 伝統(1,250円)2017年1月9日に箱根湯本駅の改札外コンコースの観光売店で購入
Tokaken no Yokubari Bento Dento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

経緯は不明だが2016(平成28)年に、全国各地の駅弁屋が同じような見栄えと容器と価格で出してきた、4種の駅弁のセット商品の小田原駅版。小田原では「伝統」と「誉」の2種類が登場した。ボール紙のふたに書かれるとおり、「小鯵押寿司」「天城峠の釜飯(おかず)」「鯛めし」「足柄峠の釜飯」のセットであり、小鯵押寿司、茶飯と豚肉味噌漬焼、茶飯とおぼろ、茶飯に鶏肉やシイタケなどの煮物を詰める。それぞれたしかに、中身の特徴をつかんでいると思った。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

東華軒のよくばり弁当 誉(1,350円)2017年1月9日に箱根湯本駅の改札外コンコースの観光売店で購入
Tokaken no Yokubari Bento Dento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

経緯は不明だが2016(平成28)年に、全国各地の駅弁屋が同じような見栄えと容器と価格で出してきた、4種の駅弁のセット商品の小田原駅版。小田原では「伝統」と「誉」の2種類が登場した。ボール紙のふたに書かれるとおり、「味わい牛肉御膳」「金目鯛の味くらべ(おかず)」「桜海老とじゃこの海物語」「デラックスこゆるぎ弁当」のセットであり、茶飯に牛肉の醤油糀煮、キンメダイの照焼と角煮、茶飯にサクラエビとジャコ、茶飯に炒り卵ととりそぼろを詰める。それぞれたしかに、中身の特徴をつかんでいると思った。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

旨だれ炙り焼き豚とん弁当(1,180円)2016年10月8日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Umadare Aburiyaki Tonton Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年9月1日の発売は、同年10月のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」のエントリーに向けたものか。同キャンペーンでは、静岡県の熱海駅の駅弁としているが、小田原駅と熱海駅で売られる駅弁は同じである。

中身はパッケージの写真のとおり、長方形の加熱機能付き容器に茶飯を敷いて、豚バラ肉を並べ、煮玉子と漬物を添えるもの。添付のごま油を加え、油と脂と香りで、これは実にラーメンの味。「ラーメン丼」と改称するか、いっそのこと飯を麺に替えれば、東京で買える奇抜な駅弁として、まずはネットを賑わすのではと思った。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

さがみ彩寿司(770円)2015年7月2日に小田原駅自由通路駅弁売店で購入
Sagami Irodori Zushi

掛紙 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年かそれ以前の発売か。細長い容器に、しめさば、サーモン、アナゴの押寿司が2切れずつ収まる。それぞれの単品の商品も併売されていた。見た目でてっきり、かつてはNREが、今は大船軒が調製する東京エリアの駅弁かと思ったら、調製元に小田急食品とある。小田急電鉄の100%子会社である小田急商事の100%子会社。スーパーとデパ地下の間、駅弁の位置にある味と分量と価格を持つ感じ。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
小田急食品 株式会社 神奈川県座間市ひばりが丘四丁目26−2 046(255)1221

味わい牛肉御膳(980円)2015年5月5日に小田原駅駅弁売店「駅弁屋 和」で購入
Ajiwai Gyuniku Gozen

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年の秋の発売か。茶飯を醤油糀でつけ込んだという牛肉煮で覆い、煮物と漬物を添える。「御膳」を名乗るが、このとおり実態は「丼」。パッケージの表と裏で電子レンジの使用を推奨する催事向けの商品でもあり、良い意味で印象に残らない無難な味を持つ、ブランドや激ウマを争いがちな牛肉駅弁の世界では珍しくなったかもしれない、食事向けな牛肉弁当でもある。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

あ・うんオリジナルいか飯(790円)2013年3月15日に小田原駅橋上コンコース弁当販売で購入
Aun Original Ika Meshi

外観 中身 中身 中身

イカ飯のスライスと、玉子焼と、ニンジンや高野豆腐などの煮物を、浅く小さな箱に詰める。ただのお惣菜に見えて、中身は確かなオリジナルだと思うし、駅弁も多く扱う弁当売店で売られるので、これもきっと小田原駅弁。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 あ・うん 神奈川県小田原市城山1−3−16 0465(32)5533

紫陽花(あじさい)お弁当(680円)2010年6月27日に箱根湯本駅コンコース観光売店で購入
Ajisai Obento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年のあじさいシーズンにのみ販売か。かつて小田原駅弁「小田原城主 姫」に使われた正六角形の容器を使用、中身は桜でんぶを振ったおいなりさん、広島菜やシソの巻寿司、オムレツ、アジフライ、レンコンやシイタケなどの煮物、ミニトマト。分量はとても少ないけれども、彩りの美しい小箱。2011年以降も6月前後に販売している模様。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

小田原おでん 福蔵(ふっくら)(1,030円)2010年6月27日に箱根湯本駅コンコース売店で購入
Odawara Oden Fukkura

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年の登場か。木目柄で正方形の発泡材容器に商品名を書いた掛紙を巻く。中身は大きな梅干しが載るだし味の御飯に、野菜の煮物、煮玉子、桜花漬け入り稲荷寿司、えび天、鶏揚げつくね、梅みそなど。駅弁名では世にも珍しいおでんの弁当に聞こえるが、中身でおでんっぽいものは飯の味付けと糸こんにゃくくらいで、野菜煮物や稲荷寿司やロールキャベツや菜の花など、常温でも味が生きている大粒で印象の良い駅弁だった。価格は購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,030円。

小田原おでんとは、21世紀が始まる頃に売り出し始めた町おこしフード。2010年現在で小田原駅の中と前を中心とした食堂5軒と売店5軒が「小田原おでん会」を構成しているに過ぎないが、蒲鉾で二百年の歴史を持つなど小田原と魚の練り物との結び付きは古く、全国各地の町おこしフードにありがちな浮き足立った違和感はここにはない。

※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 丸高(小田原あじ彩)神奈川県小田原市栄町2−3−15 0465(22)4180 http://marutaka29.com/

母ちゃんの牛ごぼうめし(600円)2008年8月16日に小田原駅改札外コンコース弁当売店で購入
Kachan no Gyu Gobo Meshi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年までに登場か。竹皮を模したボール紙の容器に、商品名の一部を記した茶色の掛紙を巻く。中身は餅米を混ぜておこわのようになった牛肉五目飯に、鶏唐揚、玉子焼、あさり煮、しば漬ひょうたんなどを添えるもの。この値段なのに味も腹持ちもいい線いっているため、安いのに良かったという感想がブログに散見される。

販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 しいの食品 神奈川県小田原市成田939 0465(36)5511 http://www.shiino.co.jp/

【終売】鯵丼(760円)2011年7月17日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Aji Don (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年5月31日の販売開始。丸く黒いプラ製の容器を、商品名を派手に書いたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上にかまぼこのそぼろと錦糸卵を敷き、アジの蒲焼きを2切れ載せ、梅干し、焼きネギ、ししとう、千枚漬を添えるもの。

小田原の最近の新作はなぜこうも劣化したのだろうか。まともなのは容器と包装のデザインだけで、やっつけ仕事の中身は見栄えでも味でも良いところなし。国産米100%使用とうたう米も、食感はまるでそばの実のよう。駅弁の悪口を書いても仕方がないが、これはちょっとひどすぎる。数か月で消えた模様。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】漁師丼(880円)2010年10月11日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Ryoshi Don (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年8月26日の登場。固いプラスティック製の真っ黒な円形容器を、商品名と宣伝文を描いた黒いボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上をアジ干物のフレーク、キンメダイ醤油和えのぶつ切り、サクラエビと青のりの素揚げ、炒り卵で覆い、梅干しと柚子と広島菜漬を置くもの。漁師のまかない飯だという内容は駅弁名どおりで、駅で買えるのならば定番品に負けないおいしい食事にできそう。価格は購入当時で840円、2014年時点で880円。2014年までの販売か。

※2016年10月補訂:終売を追記
※2014年7月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】牛そぼろときのこの山物語(900円)2009年10月25日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Gyu Soboro to Kinoko no Yamamonogatari (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年6月の登場か。ボール紙でできた木目柄の円形容器を、駅弁名や中身の写真を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上を牛そぼろ、シメジやエノキなどの炒め煮、シメジのかき揚げ、レンコン煮などで覆い、はじかみと煮卵と大根辛味漬を添えるもの。

パッケージのデザインは催事の臭いが強く感じられ、円形容器は簡素が過ぎてボール紙がほぐれてしまっていた。茶色く染まる内容も、油が利いた強めの味付けも、ホカ弁やコンビニ弁当に親しむ方々に向けた駅弁であると思う。なお、2010年3月27日に熱海駅でも同じものを収穫できている。2012年中に終売か。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】湘南いからいす(680円)2009年2月15日に鶴屋百貨店駅弁大会で購入
Shonan Ika Rice (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008年夏の登場。プラ製の細長い惣菜容器を、中身の写真と江ノ島を印刷したボール紙の枠にはめる。中身はホタテ混じりのサフランライスを詰めたイカをスライスしてジェノバソースとチリソースをそっとかけたものが丸ごと1本、これにアンズを添えるもの。この創作料理はなかなかうまく、風味食感とも申し分なし。しかし売り方に都会の洗練さが欲しく、小田原駅と駅弁催事だけで、しかもこのデザインのパッケージで売るのはもったいない。2009年中になくなった模様。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】びゅうスペシャル弁当 相模伊豆海鮮ちらし(980円)2008年1月27日に横浜駅西口の駅弁イベントで購入
View Special Bento Sagami Izu Kaisen Chirashi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

JR東日本の旅行商品「びゅう」向け専用弁当「駅行く弁」のひとつ。往復JR線利用と宿泊が付いたフリープランを利用すると、小田原駅か熱海駅でもらえるが、駅弁売店等で購入することはできない。今回はJR横浜支社が管内の駅弁屋4社を集めて2008年1月26〜27日に横浜駅西口で実施したイベント「どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア」で販売されたため、定価が付けられた。現存しない模様。

小柄でやや簡素な発泡材の長方形容器に透明なふたをして、まきすと掛紙を巻いてゴムでしばる。中身は五目酢飯の上を玉子そぼろ、金目鯛、鯵、桜海老で覆い、薩摩芋天や竹輪天に椎茸とひじきを添えるもの。三桁の価格で「スペシャル」は難しいはずが、見栄えや風味は掛紙のデザインも含めてしっかりしている印象。この調製元が下記のひどい特別弁当も作ってしまうのが不思議なところ。

※2014年7月補訂:終売を追記
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】踊り子べんとう(1,200円)2008年1月27日に横浜駅西口の駅弁イベントで購入
Odoriko Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

国鉄末期の駅弁紹介本では必ず紹介されていた駅弁と同じ名前を持つ商品が、JR横浜支社が管内の駅弁屋4社を集めて2008(平成20)年1月26〜27日に横浜駅西口で実施したイベント「どんどん食べて!!記念・限定駅弁フェア」にて新作として登場。小さく細長い、そして柄があでやかなボール紙の箱に、商品名をインクジェットプリンタで書いた紙帯を締める。

中身は太巻き2個、金目鯛あぶり寿司2個、カボチャなどの煮物、玉子焼、金目鯛煮付け、ちくわ、細いエビフライ1本、くるみなど。内容にごくわずかの地域性を帯びているが、なんで1,200円という価格を付けるのかと思う、少量と少々のチープ感。どこかで偶然に外国人かお年寄りの絶賛を浴びない限り、知名度や紹介例を獲得するのは難しいと思う。今回の販売は、長くは続かなかった模様。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】赤飯弁当(1,000円)2004年5月16日に熱海駅地下通路駅弁屋台で購入
Sekihan Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

昔から普通にありそうな赤飯駅弁に見えて、実は2003(平成15)年3月の小田原駅新駅舎完成を記念して登場した新顔。正八角形の発泡材容器に朱系の掛紙をかけて紅白の紙ひもでしばる。中身は半分が赤飯、半分は煮物や鶏唐揚やカジキマグロなどの幕の内駅弁系であるが、伊達巻と薩摩芋紫蘇巻が入るだけでぐっとお目出度く思える。もっともその味は、比較的プレーンな赤飯と比較しなくても妙に甘かったり辛かったり。他の小田原駅弁ではそんなことがないので外れのロットを引いたのだろうか。現存しない模様。

なお、小田原市の肝いりで2003年3月30日に供用が開始されたのは「小田原駅東西自由通路」。つまり新駅舎は駅施設は従で駅の表口と裏口を入場券不要で結ぶ歩道が主という位置付けである。1996年12月完成の小田急線秦野駅舎とそっくりだとか、あの形は小田原の蒲鉾を表現したものだとか、あっさり解体された山小屋風旧駅舎を惜しむ声や惜しまない声、工事着手に前後して地下街が倒産しデパートが撤退した駅前空洞化など、事業中は変な声がいろいろ聞こえてきたものの、出来てみればなかなか良いもので、これで熱海駅と混同しなくて済みそう。鉄骨フレームの大空間を見ると、日本は高温多湿で地震や台風が来るから欧米風の大屋根駅は技術的に無理だという定説はどこに行ったのかと思う。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】おばあちゃんのおべんとう(980円)2003年2月6日に川崎さいか屋駅弁大会で購入
Obachan no Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1999(平成11)年12月に登場した、小田原の平野寿将氏プロデュース駅弁の第一弾。竹皮を編んだ容器を使用。中身は炊き込み御飯の上に「寿将風変わり豆腐」が載り、玉子や里芋などの煮物と「太刀魚遠山揚」がおかず。幕の内のジャンルに入れるには御飯の食を進めるおかずがない気がするが、御飯を含めそれぞれの食材の味も香りも食感も良いので、個別にどんどんいただける。

有名な和食の料理人が、誰もが懐かしい味をコンセプトに開発したという。小田原のおばあちゃんはこんなに手の込んだ弁当を作るのかと考えてはいけないようだ。この駅弁の好調により「あじの干物めし」(780円)「あなごのひつまぶし」(880円)「じゃこめし」(680円)とシリーズ化された新作をリリース、現在はこれと「じゃこめし」が残る。なお、公式サイト等の情報によると2005年6月30日限りで販売終了とのこと。

※2005年7月補訂:販売終了を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】大人の休日さがみちらし弁当(1,500円)2002年9月7日に小田原駅コンコース駅弁売店で購入
Otona no Kyujitsu Sagami Chirashi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2002(平成14)年4月に登場した、JR東日本エリアの低農薬高価格高年齢向け駅弁「大人の休日」シリーズの小田原駅版。正方形の肉厚な発泡材容器を二段重ねて、掛紙で巻いて金色のゴムでしばる。中身は下段がちらしずしで秋田県産の酢飯の上に鯵や海老や蒲鉾等をちらし、上段はおかずとして多種少量の煮物と鰆柚焼にエリンギや鶏照焼、そして小田原名産の蒲鉾や梅干を入れる。デザートも小田原銘菓というのし梅・白梅。数年間は販売された模様。

小田原駅は現在鋭意改築中、その間に駅前デパートは撤退し地下街は倒産し、中心市街地の空洞化が進行中。ここでもやっぱり、行政のハコモノ支援で解決を見ようという政治運動が付いてきて、他都市と同様に一般市民からそっぽを向かれている。新幹線・在来線・小田急線・箱根登山線・大雄山線が集まるターミナル駅の好立地を殺しているのは残念でならない。

※2014年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/