banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR九州 大分(おおいた)駅2013年11月29日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Oita Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多から特急「ソニック号」で約2時間、日豊・久大・豊肥の3路線が交わる鉄道結節点。大分市は九州東部で瀬戸内海に面した人口約48万人の城下町で、県庁所在地であり新産業都市指定の工業都市。駅弁は改札外高架下商業施設の一角で惣菜のように販売される。1911(明治44)年11月1日開業、大分県大分市要町。

JR九州 別府(べっぷ)駅2005年9月10日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Oita Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多から特急「ソニック号」で約2時間、すべての列車が停車する、別府温泉の玄関口。別府市は大分県中央部で別府湾に面した人口約13万人の温泉町で、国内最大規模の温泉を抱える観光都市。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2007年11月に撤退、後に地元の鶏飯屋が立ち売りを始めたが、現在はなくなっている模様。1911(明治44)年11月1日開業、大分県別府市駅前町。

なごり雪(1,296円)2017年1月21に京王百貨店駅弁大会で購入
Nagoriyuki

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2015(平成27)年10月24日に、大分駅と別府駅と大分空港で発売。掛紙に「豊後鰆(さわら)西京焼ちらし」と書いてあるとおり、そして掲載された写真のとおり、酢飯をサワラの西京焼で覆うサワラ丼。大分米ヒノヒカリを茶飯の酢飯にして、錦糸卵をまぶし、大葉を貼り、焼サワラを列べて、はじかみで彩り、とり天、海老天、ししとう天、焼トマトなどを添える。

添付のしおりで語るサワラの味は、濃いめの味付けで飯のおかずに申し分なし。御飯が酢飯でなければ、もっと美味だったかと個人的には思った。翌2016(平成28)年10月のJR九州の駅弁キャンペーン「第12回九州駅弁グランプリ」にエントリーし、会場審査員特別賞を受賞。2017(平成29)年1月の京王百貨店駅弁大会では、開店とほぼ同時に売り切れる人気であった

駅弁の名前は、臼杵で撮影されて2002(平成14)年9月に公開された、大林宣彦監督の映画の名前にちなむ。その映画の名前とストーリーは、1975〜1976年にイルカ(歌手)が歌って大ヒットした楽曲にちなむ。歌と駅弁には距離があるが、普通に「豊後さわら西京焼ちらし」と名乗るより、より印象に残るだろう。良い名前が付いたと思う。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
有限会社 寿し由 大分県大分市豊海4丁目1番1号 大分市公設卸売市場 097(513)5612

山海三昧(1,296円)2016年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sankai Zanmai

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

JR九州の駅弁キャンペーン「第11回九州駅弁グランプリ」へのエントリーに合わせ、2014(平成26)年10月までに発売か。添付のしおりで「大分県の誇る食材を握り寿司にして玉手箱のように折詰にした」という中身は、湯布院牛あぶりにぎり3個、豊後水道おしずしとしてサバ、タイ、エビが各1個、椎茸バター焼にぎり、鳥天にぎりで計8個の握り寿司などと、有頭海老、白身魚フライ、ししとう揚げ、玉子焼、鳥肉団子、サツマイモの付合せ。

その第11回九州駅弁グランプリで優勝。八代駅嘉例川駅有田駅武雄温泉駅と続いた過去の受賞作と違い、中身の具材が多様なので、特に駅弁大会ではインパクトが薄れるが、とり天やシイタケや湯布院牛など大分の各種が本当においしく見栄え良く詰まっており、その楽しさと力量が味わえると思う。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
有限会社 寿し由 大分県大分市豊海4丁目1番1号 大分市公設卸売市場 097(513)5612

ケコちゃんカップ(300円)2012年2月25日に別府駅改札外コンコース台売りで購入
Keko-chan Cup

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大分限定の名物「とり天」の、駅で買えたパッケージ。小鳥かニワトリを描いた赤い紙製カップの中に、鶏肉に小麦粉ベースと思われる衣を厚めに付けた小柄な天ぷらがゴロゴロと詰まり、ポン酢の袋が添えられる。味は見た目に違いかなりあっさりしており、とてもお手軽なファストフード。

調製元は別府駅の高架下にふたつの直営店舗を持つ大分市のとり天屋さん。2006(平成18)年9月に約30年ぶりとなる別府駅のホーム上の駅弁の立ち売りを始めたことでも知られる。これは1年も続かなかったようだが、今でも線路の真下でとり天や鶏唐揚やこれらが入った弁当を買うことができる。「ケコちゃん」とはカップに描かれる調製元のマスコットキャラクター。

販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
調製元
株式会社 学食 大分県大分市賀来北2丁目13−3 097(549)0188 http://www.gaku-shoku.com/

かあちゃんのまくべんとう(480円)2012年2月25日に大分駅改札外弁当売店で購入
Kachan no Maku Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

大分駅で公式な駅弁が健在な頃から、駅構内の観光売店の弁当売り場で販売されていた模様。市販の寿司向けボール紙製容器を2段に重ねて使用、下段に俵型の白御飯と梅干しとタクアンを、上段にエビフライ、鶏唐揚、玉子焼、ウインナー、ニンジンやコンニャクなどの煮物、塩サバ、煮豆などのおかず。風味あっさり、形状しっかりの幕の内タイプなお弁当。これが県庁所在地の中心駅でこの価格で売られては、駅弁もコンビニ弁当もかなわないと思う。調製元は大分空港の近くにある弁当屋か。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
寿本舗 大分県国東市安岐町大字下原1384−1 0978(66)7363

レディス弁当(500円)2013年11月29日に大分駅高架下商業施設駅弁売店で購入
Ladies Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

いつから売られているのだろうか。楕円形の小振りな木製わっぱに、小さな海苔巻きとふりかけの手まりおにぎりが各1個と、スパゲティ、ハンバーグ、エビフライ、ウインナー、玉子焼、ブロッコリー、かまぼこなど。値段も中身もコンビニ弁当風で、味もそれなりだが、この値段にして捨てるには惜しい容器。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
寿本舗 道重孝弘 大分県国東市安岐町下原1384の1 0978(66)7363

たかもん一号(600円)2013年11月29日に大分駅高架下商業施設駅弁売店で購入
Takamon 1-gou

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大分市誕生100周年を記念して、2012(平成24)年3月17日に「大分の車窓」(1,000円)とともに発売。大分市観光協会とJR九州との共同開発だそうな。スーパーの惣菜向けのプラ容器に、高菜巻にぎり、海苔巻にぎり、鶏唐揚、玉子焼、大学芋、カボチャ煮、肉団子などを詰める。見た目では駅弁に見えないが、紙帯にはちゃんと「大分駅弁」と書いてある。たかもんとは大分県大分市の高崎山自然動物園のキャラクターで、園内のサル山とサルにちなむものらしい。「一号」が付いた理由は分からない。調製元は大分市内の仕出し弁当屋。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
有限会社 まるみや 大分県大分市新川2丁目1−3 097(536)3348 http://www.marumiyabentou.com/

豊後水道味めぐり(600円)2013年11月29日に大分駅高架下商業施設駅弁売店で購入
Bungo Suido Aji Meguri

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年6月までに発売か。2013年のJR九州の駅弁キャンペーン「第10回九州駅弁グランプリ」にエントリーされ、準優勝(第2位)の成績を収めた。バッテラ風の押寿司を6カン、細長い箱に詰める。具はひとつひとつ異なり、サバ、タチウオ、タイ、ブリなど地のものを使うという。さらに飯にはネギ、しそ、玉子焼、梅肉、マヨネーズを入れるとある。魚をゼラチンで照りを出して整形したり、からしやわさびがサンドされたり、駅弁ばかり食べている身にはとても斬新なつくりを感じた。廉価もうれしい。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
有限会社 寿し由 大分県大分市豊海4丁目1番1号 大分市公設卸売市場 097(513)5612

大分名物じゃこめし(650円)2012年2月25日に大分駅改札外弁当売店で購入
Oita Meibutsu Jako Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2009(平成21)年までには登場か。商品名をシールで貼った長方形の容器に、ちりめんじゃこの混ぜ御飯を詰めて、とり天、シイタケとレンコンの煮物、玉子焼、ガリを添えるもの。シンプルで分かりやすい内容は、売り方によっては人気を得られる素質があると思う。もっとも、公式な駅弁屋がこれと同じような駅弁を販売していた頃、その知名度は高くなかったとも記憶している。食べた人だけにおいしい駅弁。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
嘉恵丸 大分県大分市春日町8−1 南蛮堂ビル1階 097(536)2980

銀の太刀魚棒寿司(800円)2009年1月25日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Gin no Tachiuo Bozushi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008〜2009年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。竹皮柄のボール紙製容器に、商品名しか書いていない掛紙をセロテープで貼る。ラップに包まれた中身は、オオバとゴマを混ぜた棒状の酢飯の上に、タチウオの甘辛煮を貼り付けてカボスとショウガを置いたもの。何の魚か分からなくても、とりあえず食べておいしく、価格もお手ごろ。カボスでさりげなく、大分をアピールもしている。

タチウオは日本の北海道以南を含む全世界の亜熱帯・温帯海域に生息するというが、沿岸の名物や名産になるほど良いものが多く獲れるところは、紀伊水道や豊後水道や韓国の済州島沖など、潮の流れが速いエリアになるのだろうか。タチウオの駅弁は和歌山県の紀勢本線新宮駅「太刀魚鮨」が全国唯一とされており、この駅弁に知名度が出れば、第二例目として注目を集めるのだろう。現地での販売状況は不詳。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 BIOTIC JAPAN(ビオティックジャパン)大分県豊後大野市三重町川辺804番地 0974(24)5556

ふるさと弁当大分づくし(840円)2012年2月25日に大分駅改札外弁当売店で購入
Furusato Bento Oita Zukushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

大分駅で公式な駅弁が健在な頃から、駅構内の観光売店の弁当売り場で販売されていた模様。竹皮編みの容器の中に、茶飯おむすび、日の丸おむすび、タケノコ混ぜ御飯のおむすび、シイタケ煮、玉子焼、鶏唐揚、シイタケ肉詰めフライ、コロッケなどをぎっしり詰める。シイタケは大分の名産品であるため、その観点では大分が入っているし、しかし何も解説がないので、大分づくしなところが分からない。となると、「かあちゃんのまくべんとう」のほうが現地では良い弁当だと感じた。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
寿本舗 大分県国東市安岐町大字下原1384−1 0978(66)7363

大分の車窓(1,029円)2013年11月29日に大分駅高架下商業施設駅弁売店で購入
Oita no Shaso

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

大分市誕生100周年を記念して、2012(平成24)年3月17日に「たかもん一号」(600円)とともに発売。概要と内容は掛紙に書かれている。市内のホテルの料理長がプロデュースしたという中身は、白飯と鶏飯の俵飯、とり天、ブリ照焼、有頭海老、イワシつみれ揚、サバ寿司、玉子焼、シイタケと季節の野菜の煮物など。

中身と大分や車窓が結びつかないと思うが、いろんなおかずが楽しめる美しいお弁当。ネット上の宣伝文によると、鶏飯とシイタケと漬物とブリなどが大分で、弁当箱の枠が車窓なのだそうな。調製元は大分市内の仕出し弁当屋。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,029円。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
有限会社 まるみや 大分県大分市新川2丁目1−3 097(536)3348 http://www.marumiyabentou.com/

万葉孤悲歌(まんようこひうた)(1,000円)2010年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入
Manyo Koiuta

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2008年の第5回九州の駅弁ランキングの開催に合わせて、同年10月に登場か。正方形で黒塗りの発泡材容器を2段に重ねて使用、割りばしをおしぼりを載せて輪ゴムで留め、駅弁名と解説分を書いた紙帯をセロテープで留め、ピンク色の和紙風の風呂敷で包む。中身は下段がクチナシの実で炊いたという大分県臼杵名物で粒の固い黄飯(おうはん)、上段はとり天、焼サバ、玉子焼、カボチャなどの煮物、高菜など。大分を満載し、他の駅弁に似ない、旅の御馳走。

大規模な駅弁催事にはこうやって輸送されてきており、九州の駅弁ランキングでは2009年の第6回にもエントリーされている。しかし九州鉄道営業会のサイトでは土休日限定とか予約販売とか、同ランキングの案内にない条件が書かれているうえ、駅弁催事でない収穫報告がさっぱり見付からないため、大分駅で買えるかどうかは分からない。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 BIOTIC JAPAN(ビオティックジャパン)大分県豊後大野市三重町川辺804番地 0974(24)5556

別府湾弁当 たみこの夢弁当(1,000円)2006年1月28日に調製元で予約購入
Beppuwan Bento Tamiko no Yume

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2005年の「九州の駅弁ランキング第2弾」の開始に合わせて、同年10月に登場か。竹皮柄の組立紙箱に割り箸を添えて輪ゴムで縛り、大袋、小袋、ナプキンと3つの袋を載せて、花柄の紙と別府竹瓦温泉の建物を描いたと思う版画調の掛紙を重ねて、紫色のひもで十時にしばる。中身はじゃこと高菜炒めを載せた御飯の脇から、出汁巻卵、豊後牛、白身魚あんかけ、椎茸、カボチャ、鶏唐揚などを折り重ねる。大袋の中身はカレーパン、小袋の中身はゆずねり羊羹。

小言やウンチクを語ろうとする口を黙らせる美味さと雰囲気の良さは、別府の活性化を担える実力を持つ。但しこの商品に駅弁としての実態は皆無であり、JR九州の駅弁キャンペーンに取り上げられて、駅窓口で予約券が買えることが唯二の鉄道との接点。これをあたかも駅弁のように紹介するJR九州の姿勢には疑問を感じた。九州の駅弁ランキング駅弁ラリーでは、2日前までにJR九州の駅窓口で引換券を買うように紹介され、九州外からのラリー挑戦者に高いハードルとして立ちはだかった。

調製元
有限会社 タケヤ 大分県別府市元町15−7 0977(23)1006 http://www.beppers.jp/takeya/

【終売】あさり弁当(700円)2002年6月16日に大分駅ホーム脇駅弁売店で購入
Asari Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

細長い長方形の経木枠容器に掛紙をかけ、ゴムバンド2個で止めている。中身は斜め十字に仕切りが入り、最も大きい区画にあさりが載ったもちっとした食感の混ぜ御飯が入り、2番目に大きい区画には煮物が少々、残りは付け合わせ程度。可もなく不可もない、「梅の家特選」と名乗るには何かもう一押し欲しい感じもした。

この駅弁は大分で実施されたワールドカップサッカーの決勝トーナメント1回戦の観戦前に購入し、競技場の中で食べた。入場料はこの駅弁約40個分もした。

なお、この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【終売】磯の香じゃこめし(900円)2006年1月28日に別府駅受渡で予約購入
Isonoka Jako Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

ボール紙箱プラ製トレーの市販惣菜容器に、その大きさに対してとっても小さな正方形の掛紙を載せ、縦横にゴムでしばる。中身はじゃこめしを中心に、高野豆腐、里芋、こんにゃく、ブロッコリー、蒲鉾、鯖大根巻、鶏の天ぷら、ちくわフライ、椎茸などの煮物、焼き鮭と玉子焼、うぐいす豆、大根漬を添える。

大分県が世界に誇る「一村一品運動」による各地の特産にちなんだおかずをさりげなく盛りつけたそうな。内容に脈絡がないように見えて、全部で一食としてまとまった感じで、酒のつまみにも代用できそう。磯の香はしてこなかったが、駅弁として優秀な普段着といったところ。

なお、この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【終売】大分の味物語(980円)2005年9月10日に別府駅改札外高架下商店街で購入
Oita no Ajimonogatari (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2004年10月から2005年1月までのJR九州駅弁キャンペーンで最優秀賞を獲得した公募レシピを商品化し、2005年4月に登場。正方形の経木枠容器に木目柄ボール紙のフタをかけ、ピンク紙にインクジェットプリンタで印刷した文字だけの掛紙を載せてゴムでしばる。中身は中央に花形日の丸御飯、その周辺に鶏ゆずこしょうマヨネーズ炒め、ネギと油揚げすき焼き、椎茸天、かぼすゼリーなど。中身の見栄えや盛り付けにもう一工夫欲しい気はしたが、普通の駅弁や弁当に見られない味や形のおかずを楽しめた。

JR九州は1987(昭和62)年の発足直後に大々的な駅弁テコ入れを実施したことがあったが、2004年度のJR西日本「駅弁の達人」に触発されたか、十数年ぶりのキャンペーン「第1回九州の駅弁ランキング」を突然にやり始めた。半年で全九州37駅弁の人気投票、駅弁レシピ公募、エッセイ公募の三本立てを募集から発表までこなし、メディアにも取り上げられたので一定の成果は出ているはず。

なお、この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【終売】椎茸弁当(1,000円)2005年春頃撮影
Siitake Bento (end of sales)

外観 外観 中身

1994年開催「しいたけ弁当コンクール」の作品を基に調製元が駅弁化。正方形横3個分の細長い容器を、淡い椎茸色の掛紙で包む。内部は正方形に3分割され、中身は左に梅花型の椎茸御飯、右に椎茸の軍艦巻きが3個、中央に唐揚げや卵焼きや昆布等のおかずを配置する、椎茸づくしの内容。

なお、この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
※2005年5月補訂:写真の掲載と解説文の全面改定
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【掛紙】まくの内お弁当(150円)1965年8月10日調製
Makunouchi Obento

掛紙

1965(昭和40)年8月10日17時の調製と思われる、昔の大分駅弁の掛紙。描かれるものは上から高崎山、臼杵の石佛、府内城(大分城)だろうか。梅の家の屋号を持つ調製元は、大分県内の日豊本線沿線に手広く営業所を構えていたが、今はすべて撤退済。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
大分鉄道構内営業 有限会社 大分営業所 (2)2640