banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 新神戸(しんこうべ)駅2017年2月3日訪問Googleマップ
JR-West Shin-Kobe Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3時間弱。神戸市は兵庫県の南東部で大阪湾に面する人口約154万人の港町で、関西や日本を代表する大都市のひとつであり、異国情緒や夜景で有名な観光地でもある。駅弁は第二次大戦後に神戸へ移転した駅弁屋の、肉や洋食や新幹線型など、様々な駅弁が賑やかである。1972(昭和47)年3月15日開業、兵庫県神戸市中央区加納町。

タイガース勝めし(1,030円)2005年1月9日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Tigers Katsu Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年春頃の登場か。プロ野球阪神タイガースのロゴマークをプリントした、野球ボール型の陶製容器を、タイガースらしい黄色と黒の縦縞なパッケージにはめてシールで留める。中身は甲子園球場に近い兵庫県加古川名物「かつめし」だそうで、コンソメ御飯に牛カツが3切れほど載っており、添付のデミグラスソースを付けて食べる。味は濃厚さと軽さが同居したような感じ。甲子園で阪神戦がある日にはJR甲子園口駅でも販売され、駅弁大会では大人気ですぐ売り切れる。価格は購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,030円。

阪神タイガースの親会社は阪神電気鉄道。知名度抜群の大手私鉄であるが、その路線長はわずか40.1kmで大手私鉄15社で相鉄に次ぎ下から2番目、利用者数も西鉄に次ぎ下から2番目と、実は小規模。大阪と神戸を結ぶから阪神で、本社の所在地は大阪市、しかし路線長の4分の3は兵庫県内で、甲子園球場も兵庫県西宮市にある。

※2015年2月補訂:値上げを追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
東海道本線 甲子園口(こうしえんぐち)駅 1934(昭和9)年7月20日開業 兵庫県西宮市甲子園口二丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

リラックマだららん釜めし(1,250円)2016年10月2日にピアゴイセザキ店駅弁大会で購入
Rilakkuma Dararan Kamameshi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年10月の発売か。下記「リラックマごゆるりランチ」も現役のため、そのリニューアルではない模様。調製元の公式サイト等での告知がなく、現地での収穫報告もないため、あちらが駅弁で、こちらは駅弁催事向け疑義駅弁という可能性がある。

本体が陶製、ふたがプラ製の、駅弁にしても小柄な釜型容器に、きのこピラフを詰め、鶏うま煮で覆い、蒲鉾の三色団子2串とミニカステラを添える。コシのない食感と組合せのミスマッチでうまくないものの、容器や見た目で買われるキャラクター駅弁なので、これでよいのだろう。

販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

リラックマごゆるりランチ(1,200円)2015年10月24日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Rilakkuma Goyururi Lunch

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年8月8日発売の、新神戸駅のリラックマ駅弁の第2弾あるいはリニューアル品。今回はドクターイエローとのタイアップで、JR東海の承認とJR西日本の許諾を取り、923形新幹線電気軌道総合試験車の先頭イラストを、リラックマより大きな存在感で、パッケージと弁当箱と中身のフィルムに描く。

弁当箱の中身は、きのこピラフをえびフライ、スパゲティ、鶏唐揚、スコッチエッグ、妙な形のポテトフライ、ウインナー、ミックスベジタブルで覆うもの。引き続き新神戸駅弁のお子様ランチは、他駅の冷凍食品の塊でなく、洋食の香りと味がする。弁当箱も引き続き、活用が可能。

販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】オムライスRiLakkuma(1,080円)2013年12月28日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Omurice Rilakkuma (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

商品名は「リラックマオムライス」とも。2013(平成25)年10月26日に、調製元のプレスリリースによると「全国初、リラックマ駅弁」として発売。ただ、狭義の駅弁ではないとはいえ、東京都内で5年前に「リラックマのお手作りバーガー」が出ている。

2003年に登場したサンエックス株式会社のキャラクター「リラックマ」を描くボール紙のパッケージに、これと同じ絵柄を転記するプラ製の弁当箱を収め、さらにその中にまたそのキャラクターのシートを入れる。中身はチキンライスを薄い玉子のシートで覆い、半身のゆで卵、ミートボール、ポテトフライ、スパゲティ、ウインナー、ミートボールなどを添えるお子様ランチ。デミグラスソースを別添する。

飯に玉子を貼り付けただけで「オムライス」と呼べるのかな、とか、冷蔵で食べる内容ではないな、と感じた。しかし、タッパー状の弁当箱は、これ単独で雑貨屋やホームセンターで販売されていてもおかしくないくらいのレベルでできており、これはぜひ弁当箱として活用すべき。価格は購入当時で1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円。2015年までの販売か。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】はろうきてぃ宝塚 きら星べんとう(900円)2005年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Hello Kitty Takarazuka Kiraboshi Bento (end of sales)

外観 外観 中身

JR西日本のダイヤ改正に合わせて、2003(平成15)年10月1日に登場。宝塚歌劇団のスターに扮したキティちゃんを浮き出したプラスティック製容器を使用、中身は鮭とそぼろのおにぎりが1個ずつと、星形のコロッケに人参、キティちゃん柄の蒲鉾などが入り、見た目も中身もかわいらしい駅弁。発売当初で一日50個が販売された。2012年度限りで販売終了の模様。

JR西日本の2003年10月ダイヤ改正は、新幹線の「のぞみ」主体ダイヤの実施、鳥取県内因美・山陰・境線の高速化完成による特急・快速増発とスピードアップ、瀬戸大橋線「マリンライナー」全列車の新車化に速度向上という、所要時間の短縮が目玉の改正。しかし所要時間短縮は駅弁需要減退に結び付くため、駅弁屋さんにとっては手放しで喜ぶわけにはいかないかもしれない。

※2015年2月補訂:終売を追記
※2005年3月補訂:写真の掲載
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
福知山線 宝塚(たからづか)駅 1897(明治30)年12月17日開業 兵庫県宝塚市栄町2丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】豚々拍子(とんとんびょうし)(980円)2006年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Tonton Byoshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2004(平成16)年に登場した、インパクト満点の駅弁。角帽をかぶってニッコリしたブタ顔の陶器を使用、中身は排骨(パイクー)、魯肉(ルーロー)、東坡肉(トンポーロー)、麦飯、煮玉子などを詰めた台湾風弁当ということらしいが、風味はサフランライスにちょっと脂っぽい揚げ豚と豚そぼろが載り豚角煮が隠れる、神戸駅弁の味。フタに貼られる「人生やっぱりトントン拍子」という脱力系シールをはがすと、貯金箱転用のための穴が現れる。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
東海道本線 神戸(こうべ)駅 1874(明治7)年5月11日開業 兵庫県神戸市中央区相生町3丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】山田陽子が作る山陽本線おとと弁当(980円)2004年9月5日に神戸駅駅弁売店で購入
Yamada Yoko ga Tsukuru Sanyo Honsen Ototo Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004(平成16)年5月1日に登場。釣用魚籠型の竹籠容器を使用、中身はえび・いか・あさりの炊込御飯に小鯛酒蒸・焼穴子・蛸海賊焼・いかなごくぎ煮などの、他の神戸エリア駅弁で見覚えのある茶飯や食材が入る、海な味のお弁当。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。

山田陽子とは新たな食品評論家でも出てきたのかと思ったらそうではなく、駅弁屋の調製部に山田陽子さんという方が働いていて、その方が料亭料理を研究して開発したと紹介されている。なんでも山陽本線上郡駅の駅長室で生まれたため駅長から山陽本線の陽を付けた名前をもらったのだそうで、JR西日本の駅弁キャンペーンにふさわしいところ。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載と解説文の一部追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
山陽本線 西明石(にしあかし)駅 1944(昭和19)年4月1日開業 兵庫県明石市小久保2丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】神戸の和牛ちらし(1,000円)2007年2月18日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Kobe no Wagyu Chirashi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

阪神大震災12周年と関係はなさそうだが、2007(平成19)年1月17日の登場。新潟で見たような小判型の赤黒いプラ容器と、それをはめるボール紙の枠の両方に駅弁名を書く。中身は五目ちらし寿司の御飯に、黒毛和牛のローストビーフを少々、野菜炒めと錦糸卵を混ぜて詰め、塩を袋で置く。味が好みかどうかは別にして、他に思い当たらないユニークな内容である。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】あぶり牛めし(1,000円)2007年2月18日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Aburi Gyu Meshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年秋の登場。牛の文字とシルエットを浮き彫りにした、楕円形の小さくビーフ色なプラ容器を、窓開きな紙箱に収める。中身は白御飯の上に牛焼肉、タマネギやパブリカの炒め物、ししとう、甘いニンジンを載せるもの。

神戸の牛肉駅弁は何種類あるのだろうか。この洋食風牛肉丼はシンプルな内容で、容器にも雰囲気があるし、風味も良い。しかしその好印象を大きく上回る少量さで、他の牛肉駅弁に負けてしまいそう。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】トーマスランチ(1,100円)2009年1月11日にさいか屋藤沢店駅弁大会で購入
Thomas Lunch (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年の秋に登場した、おそらく世界初のきかんしゃトーマス駅弁。その主人公であるトーマスのイラストを採用したプラスティック製の容器を、同じ絵柄のボール紙の枠にはめるのだが、顔の部分がパッケージから文字通り顔を出している。中身はチキンライスに鶏唐揚、オムレツ、スパゲティ、ウインナー、肉団子。容器も中身も楽しいお子様ランチ。

蒸気機関車などの鉄道車両を擬人化して活躍させる作品「きかんしゃトーマスとなかまたち」は、1945年にイギリスで絵本として登場、1984年のアニメ化で世界中の子供たちに親しまれるようになった。日本では1974(昭和49)年にポプラ社の絵本として登場、1990年にフジテレビで放映されてから、それ以降の世代の子供たちに対して息の長い人気を保っている。

これに描かれる鉄道の車両や施設などの造形には、作品が生まれたイギリスにおける蒸気機関車時代のものが反映されており、明治時代の日本の鉄道との共通点やその後との差異点が観察できて興味深い。日本の鉄道は明治維新と共にイギリスからまるごとパッケージで持ち込まれたはずなのに、その後は独自で特異な進化を遂げており、今や全く別人格。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

【終売】明石名物踊りだこめし(1,200円)2007年2月18日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Akashi Meibutsu Odoridako Meshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年1月12日の登場か。商品名とマーク数点を書いたボール紙の枠から、新品にして年季が入ったような色合いの容器が見え隠れる。タコが頭(正確には胴体)を抱えた形状の陶器の中にはタコの炊込飯が詰まり、その上にタコ唐揚、タコ辛味噌、イイダコ旨煮と、タケノコや椎茸などの煮物と錦糸卵に菜の花が載る。容器は調味料入れへの流用を推奨し、塩・梅・砂糖のシールが付く。

外見は催事場でインパクト抜群、中身もタコづくしでインパクトあり。しかしこの駅弁屋はコンセプトが似た著名駅弁「ひっぱりだこ飯」(980円)をすでに抱えているし、こちらはそれより高価である。他社が出せば話題作になっただろう。著名駅弁とどう共存するのかが課題。現在は販売されていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
山陽本線 西明石(にしあかし)駅 1944(昭和19)年4月1日開業 兵庫県明石市小久保2丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/

たこイカが?(1,350円)2004年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Takoikaga?

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

2002(平成14)年の登場。なぜか三重県伊賀焼の美しい容器を使用し、中身は刻みタコの炊込御飯に「たこ」の足と「イカ」甘煮「が」入っている。タコの香りがいっぱいで、イカはその存在感でタコに負けている。兵庫県は瀬戸内海と日本海に面しているため、本州を青森から下関まで陸路で移動すると必ず経由しなければならない県であるが、その太平洋側明石海峡のタコと日本海側のイカを使用したという。

福井の業者が「日本窯元めぐり」として2001年に加賀温泉・名古屋・豊橋・草津・岡山・和田山の各駅の駅弁業者に声を掛け、同じ大きさの容器と同じ値段で6種の駅弁をプロデュース、駅弁大会に売り込んだのだろう。2002年にたしか3種の新種が出た。現地で入手できるかは不明。

販売駅
山陽新幹線 新神戸(しんこうべ)駅 1972(昭和47)年3月15日開業 兵庫県神戸市中央区加納町
山陽本線 西明石(にしあかし)駅 1944(昭和19)年4月1日開業 兵庫県明石市小久保2丁目
調製元
株式会社 淡路屋 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3−6−18 078(431)1682 http://www.awajiya.co.jp/