banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

くじら弁当(1,000円)2016年7月15日に館山駅で予約購入
Kujira Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2001(平成13)年に発売された、関東地方では稀な非公式駅弁。近辺の公式な駅弁より駅弁らしく見える、経木枠の長方形の容器を使う。これに経木のふたをして輪ゴムで留め、近年では珍しくCGの香りがしない、商品名とクジラのイラストを描いた掛紙を巻き、セロハンテープで留める。

中身は白御飯の上を、クジラの大和煮と2種類のそぼろに炒り卵で覆い、ごぼうと柴漬けと紅生姜を少々添えるもの。掛紙記載「貴重な味わい」のとおり、クジラ丼と呼べる駅弁は今世紀では、ここの他に新宮のステーキ丼長崎のカツ丼しか思い当たらない。少々の臭みはあるが、肉の柔らかさと分量は駅弁で日本一だろう。JR子会社と老舗駅弁屋が駅弁を支配する関東地方で、地元業者が弁当1品で食い込んでくること自体も貴重である。一日あたり30個の注文販売。

国際捕鯨委員会(IWC)は1982(昭和57)年に商業捕鯨のモラトリアム(一時停止)を可決、中曽根内閣が対米配慮でこれに対する異議申し立てを取り下げ、さらに国内規制を追加したため、日本の捕鯨産業は壊滅した。館山を含めた房総半島各地には江戸時代から沿岸捕鯨の歴史が残り、第二次大戦後は館山の東方約15km先に位置する和田に捕鯨基地が設けられたが、現在は調査捕鯨として年間100頭程度の沿岸小型捕鯨が、ここと北海道の網走、函館、宮城県の鮎川、和歌山県の太地で実施されているにすぎない。

※2016年9月補訂:写真を更新
販売駅
内房線 館山(たてやま)駅 1919(大正8)年5月24日開業 千葉県館山市北条
調製元
館山駅構内 マリン 千葉県館山市北条1884 0470(24)0622

【掛紙】くじら弁当(1,000円)2020年3月11日に館山駅1階食堂売店で購入
Kujira Bento

掛紙

2020(令和2)年3月11日の調製である、館山駅弁の掛紙。下記の8年前や 上記の4年前と、何も変わらない。値段さえも変わらない。

販売駅
内房線 館山(たてやま)駅 1919(大正8)年5月24日開業 千葉県館山市北条
調製元
館山駅構内 マリン 千葉県館山市北条1884 0470(24)0622

【掛紙】くじら弁当(1,000円)2012年3月16日に館山駅1階食堂売店で購入
Kujira Bento

掛紙

2012(平成24)年3月16日の調製である、館山駅弁の掛紙。下記の5年前と比べて、「館山名物」の表記が「房州名物」に差し替えられている。なぜだろうか。

販売駅
内房線 館山(たてやま)駅 1919(大正8)年5月24日開業 千葉県館山市北条
調製元
館山駅構内 マリン 千葉県館山市北条1884 0470(24)0622

【掛紙】くじら弁当(1,000円)2007年4月7日に館山駅1階食堂売店で購入
Kujira Bento

掛紙

2007(平成19)年4月7日の調製である、館山駅弁の掛紙。現在と、そしておそらく発売当時から、変わらないデザインの掛紙で、変わらない中身だと思う。

販売駅
内房線 館山(たてやま)駅 1919(大正8)年5月24日開業 千葉県館山市北条
調製元
館山駅構内 マリン 千葉県館山市北条1884 0470(24)0622