banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

【終売】お台場推薦オトナPARK弁当(1,800円)2009年11月23日に「お台場オトナPARK2009」駅弁大会で購入
Odaiba Suisen Otonapark Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年11月20〜23日にフジテレビ社屋で開催されたイベント「オトナPARK2009」での駅弁大会「お台場駅弁ストリート」で販売された、イベント期間限定のお弁当。調製元は東京駅弁のNRE大増で、同社の東京駅弁「東京弁当」と同じ木製風ボール紙製容器を使用、これにイベントのロゴマークなどを印刷した掛紙を巻く。

「東京近郊の旬の高級食材をふんだんに盛り込みました」という中身は、イクラとカニが載る白御飯に、軍鶏とウドの治部煮、黒毛和牛すき焼き、サーモン味噌焼、有頭海老、イカとサクラエビのかき揚げ、ホタテやダイコンやサトイモなどの煮物、玉子焼、若桃シロップ漬など。

コンセプトも東京弁当に似るが、味や内容は残念ながら東京弁当の劣化版で、しかし価格は200円高い。期間限定かつ輸送弁当でのコスト高もあったのだろうが、いろいろマージンを取られてしまったのではないかと勘ぐってしまった。あるいは、東京弁当そのものが良くできているとも思う。2008年にも販売され、2010年にはイベント自体がなくなった。

調製元
株式会社 NRE大増 第二工場 東京都北区昭和町3−1−10 03(3810)7551

あげ膳(価格不明)2011年11月6日に東京都内テレビ局で入手
Agezen

外観 外観 中身 中身 中身

東京都内の宅配とんかつ屋のお弁当。正方形のボール紙箱に収まる黒いプラ製トレーの中に、日の丸御飯、トンカツ、キャベツ千切り、レモン、ソース、たくあんが入っていた。内容も分量も風味も、なかなかのがっつり系。

調製元
あげ膳 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

KIZAN HANTEN(価格不明)2007年8月26日に東京都内テレビ局出演者控室で入手
KIZAI HANTEN

外観 中身 中身

約1年ぶりに食べたロケ弁。しかし見栄えはまったくの惣菜弁当。中身は白御飯にエビチリ、鶏唐揚、炒り卵、なすひき肉炒め、ザーサイという中華弁当。今回はハイレベルの鉄道好きが全国から集まる収録だったため、局のパソコンで専用掛紙を作ってあげたら面白かったかもしれない。調製元はロケ弁No.1をうたうお弁当屋さん。

調製元
喜山飯店 三番町店 有限会社 キザン・インダストリー 東京都千代田区三番町24−13 03(3512)8138 http://kizanshop.jp/

魚屋さんのお弁当 金兵衛(価格不明)2006年8月27日に東京都内テレビ局出演者控室で入手
Sakanayasan no Obento Kinbe

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

下記の「局弁」の本物版。木目調の長方形紙容器を2段重ねにして、割りばしと楊枝とナプキンが入る袋を置き、オレンジ色の薄い掛紙を巻く。中身は下段が海苔御飯で、上段は紅マス西京味噌漬け焼き、竹輪マヨネーズ和え、桜海老入り玉子焼、がんもどき、緑豆など。消費期限が5時間しかないお料理弁当。テレビに出演できることも楽しいが、局弁を食べられることはもっと楽しい。

調製元
有限会社 ケイジェイ 東京都渋谷区西原3−1−5 1F 03(3468)6998 https://www.kinbe.co.jp/

津多屋 のり(価格不明)2005年5月18日に東京都内スタジオ出演者控室で入手
Tsutaya Nori

外観 外観 中身 中身

下記の「局弁」の本物版。テレビ番組のスタジオ収録のために控室で待っていたら、テレビ局の方が持ってきてくれた。容器は異なるが弁当名を記したシールと中身を区別する金色のシールは共通、中身や風味も同じ。

収録中に駅弁を食べることが事前に分かっていたのに、うまくて全部平らげてしまった。おかげで収録中は駅弁に箸が進まなかったものの、司会者によく食べてますね〜などと指摘されたので、これで良かったのかもしれない。今のところ空弁と異なり「局弁」という言葉は広まっていない。

調製元
有限会社 津多屋 東京都練馬区上石神井1−25−1 03(3928)3336 http://www.tutaben10.com/

津多屋 そぼろ(1,050円)2005年2月5日にさいか屋川崎店の駅弁大会で購入
Tsutaya Soboro

掛紙 外観 外観 中身

2005(平成17)年2月のさいか屋川崎店の駅弁大会で、テレビ局の出演者やスタッフ向けの「局弁」として販売されていたお弁当。正方形の木目調な容器に色紙をかけて内容と調製元のシールを貼る。中身は白御飯に玉子そぼろと鳥そぼろを載せ、ゆで卵とエビフライと帆立やオムレツや椎茸、ポテトサラダや蒲鉾など、盛り沢山。

個人的に一度だけ食べた本物の局弁もこれで、東京のテレビ関係者の間では有名らしい。ただ、駅弁や空弁と異なり、スポーツ新聞で記事になっても局弁という言葉の広がりは見られていない。当館での収蔵場所に悩んだが、調製元や主消費地が都内なのでここに収録。

調製元
有限会社 津多屋 東京都練馬区上石神井1−25−1 03(3928)3336 http://www.tutaben10.com/

津多屋 のり(1,050円)2005年2月5日にさいか屋川崎店の駅弁大会で購入
Tsutaya Nori

掛紙 外観 外観 中身

2005(平成17)年2月のさいか屋川崎店の駅弁大会で、テレビ局の出演者やスタッフ向けの「局弁」として販売されていたお弁当。正方形の木目調な容器に色紙をかけて内容と調製元のシールを貼る。中身は白御飯の上を海苔で覆い、肉ごぼう巻や玉子焼きとエビフライと揚げ魚やしらたきや椎茸、ポテトサラダやブロッコリーなど、盛り沢山。

純粋な仕出し弁当なので特徴はないものの、食材ひとつひとつの風味がデパ地下の惣菜レベルで、普通の幕の内駅弁より美味かった。他の駅弁大会で見たことがなく、二度と食べる機会はないかもしれないが、もう一度実用的に食べてみたい味。

調製元
有限会社 津多屋 東京都練馬区上石神井1−25−1 03(3928)3336 http://www.tutaben10.com/