banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR東日本 新津(にいつ)駅 JR-East Niitsu Station
2010年7月24日訪問 Googleマップ「新津駅」

駅名標 駅舎 駅構内

新潟駅から普通列車で約20分。新津は信越本線に羽越本線と磐越西線が接続する鉄道の要衝で、国鉄時代は機関区や操車場を備えた鉄道の街であった。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋2社が今はキオスクに駅弁を卸し、SL列車の発車時にはホーム上での販売も行われる。1897(明治30)年11月20日開業、新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目。

JR東日本 新潟(にいがた)駅 JR-East Niigata Station
2018年7月29日訪問 Googleマップ「新潟駅」

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から上越新幹線「とき」で2時間強。新潟市は信濃川の河口で日本海に面した、人口約79万人の港町。水田や漁港から新幹線や空港までなんでもある、本州の日本海側では随一の大都市。駅弁は国鉄時代からの新潟駅と新津駅と新発田駅の駅弁屋4社に加えてJRの子会社も進出し、売店に多種が揃う。1904(明治37)年5月3日開業、新潟県新潟市中央区花園1丁目。

雪だるま弁当(1,080円)Yukidaruma Bento
2011年6月12日に新津駅のホーム上の台売りで購入

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1987(昭和62)年8月に新津駅で発売。雪だるま型の白いプラスティック製容器を、透明な手提げ袋に入れる。中身は全面に新潟米コシヒカリの白御飯を敷き、頭の部分に鶏そぼろ、雪だるま型の白いかまぼこ、シイタケを、胴体の部分に錦糸卵、鶏照焼スライス、カニかまぼこ、カズノコ、山菜、肉団子、こんにゃく、ウズラの卵、さくらんぼを、それぞれ載せるもの。容器で買われる駅弁だと思うが、味もしっかり締まっている。

新潟駅や新津駅の駅弁売り場で10種前後の駅弁に囲まれても存在感のある容器は、遠隔地での駅弁催事で数十個が積まれるとより壮観になる。口と鼻が別部品で回転でき、1個1個に表情が出るから、よりかわいらしくなる。輸送販売時には御飯が酢飯になり、駅弁の名前も「雪だるま弁当ちらし」となる。価格は2001年の購入時で920円、2007年4月1日から980円、2011年の購入時で1,050円、2015年時点で1,080円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
※2012年5月補訂:写真を更新し解説文を全面改訂
※2007年9月補訂:カラー版を分離、値上げを追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111

【掛紙】雪だるま弁当(1,080円)Yukidaruma Bento
2014年9月28日にSLばんえつ物語号の車内売店で購入

掛紙

2014(平成26)年9月28日に購入した、新津駅弁の袋としおり。3年前と値段以外は変わらないと思ったら、調製元の表記が「三新軒[本家]」から「三新軒S」に変わっていた。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111

雪だるま弁当(赤)(1,080円)Yukidaruma Bento
2002年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入

外観 外観 中身

新津駅弁「雪だるま弁当」の色違い版。中身や価格や容器の構造は同じで、容器の色が赤い。基本的には事前の予約で買えるバージョンだが、2002年頃には京王百貨店駅弁大会クラスの大規模な駅弁大会や、東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」でたまに見かけた。容器の色以外は、通常版の「雪だるま弁当」と同じで、価格は2002年の購入時で920円。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111

雪だるま弁当(緑)(1,080円)Yukidaruma Bento
2002年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入

外観 中身

新津駅弁「雪だるま弁当」の色違い版。中身や価格や容器の構造は同じで、容器の色が緑色をしている。基本的には事前の予約で買えるバージョンだが、2002年頃には京王百貨店駅弁大会クラスの大規模な駅弁大会や、東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」でたまに見かけた。容器の色以外は、通常版の「雪だるま弁当」と同じで、価格は2002年の購入時で920円。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111

雪だるま弁当(青)(1,080円)Yukidaruma Bento
2002年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入

外観 外観 中身

新津駅弁「雪だるま弁当」の色違い版。中身や価格や容器の構造は同じで、容器の色が緑色をしている。基本的には事前の予約で買えるバージョンだが、2002年頃には京王百貨店駅弁大会クラスの大規模な駅弁大会や、東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」でたまに見かけた。容器の色以外は、通常版の「雪だるま弁当」と同じで、価格は2002年の購入時で920円。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111

雪だるま弁当(黒)(1,080円)Yukidaruma Bento
2004年4月10日に駅弁屋で予約購入

外観 外観 中身 外観

新津駅弁「雪だるま弁当」の色違い版。中身や価格や容器の構造は同じで、容器の色が黒色をしている。購入には調製元での予約が必要で、予約でも確実に入手できるわけではないらしい。容器の色以外は、通常版の「雪だるま弁当」と同じで、価格は2004年の購入時で920円。2014年からこの容器を使い、具をタレカツ、新潟和牛、鮭の焼漬ほぐしに変えた「鉄弁」(1,150円または1,250円)を、イベント用として販売しているらしい。

※2021年3月補訂:現況を追記
販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111

雪国あられと柿の種(900円)Yukiguni Arare to Kakinotane
2002年5月25日に燕三条駅コンコース駅弁等売店で購入

掛紙 外観 中身

新津駅弁「雪だるま弁当」の容器を使う米菓。頭の部分に柿の種を、胴体の部分に雪国あられを、それぞれ袋詰めで収めて、容器全体をネットに入れる。容器の色が普通の白でも、予約販売の赤や緑や青でもない橙色である点が興味深い。これを購入した2002年の燕三条駅では、もっと小さな雪だるま容器に、菓子を詰め合わせた500円のものも売られていた。

販売駅
信越本線 新潟(にいがた)駅 1904(明治37)年5月3日開業 新潟県新潟市中央区花園1丁目
信越本線 新津(にいつ)駅 1897(明治30)年11月20日開業 新潟県新潟市秋葉区新津本町1丁目
調製元
株式会社 三新軒 新潟県新潟市秋葉区新津本町1−2−43 0250(22)1111