banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR九州 大分(おおいた)駅2013年11月29日訪問Googleマップ「大分駅」
JR-Kyushu Oita Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多から特急「ソニック」で約2時間、日豊・久大・豊肥の3路線が交わる鉄道結節点。大分市は九州東部で瀬戸内海に面した人口約48万人の城下町で、県庁所在地であり新産業都市指定の工業都市。駅弁は改札外高架下商業施設の一角で惣菜のように販売される。1911(明治44)年11月1日開業、大分県大分市要町。

JR九州 別府(べっぷ)駅2021年1月30日訪問Googleマップ「別府駅」
JR-Kyushu Beppu Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多から特急「ソニック」で約2時間、すべての列車が停車する、別府温泉の玄関口。別府市は大分県中央部で別府湾に面した、人口約12万人の温泉町で、国内最大規模の温泉を抱える観光都市。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2007年11月に撤退、後に地元の鶏飯屋が立ち売りを始めたが、現在はなくなっている模様。1911(明治44)年11月1日開業、大分県別府市駅前町。

焼さばバッテラ(700円)2021年1月30に別府駅の売店「別府銘品蔵」で購入
Yakisaba Battera

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

大分駅ではいつから売られるようになったのだろうか。名前のとおり、焼きサバのバッテラを、酢飯と焼きサバを貼り合わせた棒状の寿司6切れを、整然と細長い箱に収めて掛紙を巻く。内容と分量と風味の割には安価だと思う、これはおそらく地元で普段使いの駅弁。

販売駅
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
有限会社 寿し由 大分県大分市豊海4丁目1番1号 大分市公設卸売市場 097(513)5612

【終売】豊後あじ寿司(800円)2005年9月10日に別府駅の改札外高架下商店街で購入
Bungo Ajizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2004(平成16)年に6種類が誕生した小柄安価駅弁「豊後香箱シリーズ」のひとつ。というより従来の「あじずし」(525円)のリニューアルか。経木枠長方形の容器に木目柄ボール紙のフタをかけて輪ゴムでしばり、ピンク紙にインクジェットプリンタで文字を印刷した掛紙をかけてゴムでしばる。中身は生姜を盛りシソの葉を挟んだ酢締め鯵の握り寿司が6カン。

この価格で関アジは使えないと思うが、身の締まりは他駅同種駅弁の上を行くと思うし、身も厚切りで使ってくれている。底深容器で空間を広く取ったことで中身の見栄えもOK。掛紙の見栄えや品質は残念。

この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【終売】豊後小あじ寿司(1,050円)2006年1月28日に別府駅受渡で予約購入
Bungo Koajizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

木枠の長方形の容器に木目調の紙ぶたをかけて輪ゴムで留め、さらに竹皮を巻いて商品名を書いた紙をかけて竹皮柄の針金でしばる。中身は大分米ひのひかりの酢飯に大葉を挟んで酢締めの小鯵を載せ、おろし生姜と刻みネギを添える、つまり小鯵寿司。列車内でこういう内容の商品をつまむシチュエーションを想像しにくいのだが、こういう内容で駅弁にしているのは驚いてよいと思うし、味もよいと思う。

この駅弁は2005(平成17)年「九州の駅弁ランキング第2弾」の駅弁ラリーで全50種の収集を目指すため、その対象の大分駅弁を4種まとめて別府駅受取で予約購入したものだが、売店取り置きではなく調製元係員の直接持参手渡しとなっていて、びっくりした。

この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【終売】豊後さば寿司(1,200円)2003年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Bungo Sabazushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2000年頃に発売。駅弁では米子や敦賀や高山で見られる棒寿司を、大分近海の鯖を使って作ったもの。小さな割にいい値段がするが、脂の乗り、ぷりっぷりの食感、酢飯に対する鯖の分量、いずれも半端ではなく、駅弁を超えて名産品か土産物と見たい逸品。その証拠に、駅弁としては珍しい要冷蔵の商品である。

この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011

【終売】豊後さば寿司(1,300円)2006年1月28日に別府駅受渡で予約購入
Bungo Sabazushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

上記駅弁と同じもの。しかし「冷蔵庫に入れずに涼しい場所で保存」と、その取り扱いに関する注意点がまるっきり逆になった。見栄えも中身も風味も同じなのに、なんでこんなに違うのかは分からない。

この駅弁は、2007(平成19)年11月の駅弁業者撤退により終売となったと思われる。

※2008年1月補訂:業者撤退を追記
販売駅
日豊本線 別府(べっぷ)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県別府市駅前町
日豊本線 大分(おおいた)駅 1911(明治44)年11月1日開業 大分県大分市要町
調製元
株式会社 梅の家 大分県大分市末広町1−2−27 097(535)1011