banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR北海道 摩周(ましゅう)駅 JR-Hokkaido Mashu Station
2007年6月15日訪問 Googleマップ「摩周駅」

駅名標 駅舎 駅構内

釧路駅から列車で約1時間半。摩周駅のある弟子屈町(てしかがちょう)は北海道の東部に位置する人口約8千人の開拓地で、19世紀末には硫黄が採掘されたほか、戦後は摩周湖や屈斜路湖や川湯温泉などへ行ける道東観光の拠点のひとつとなっている。駅弁は弟子屈駅時代の1946(昭和21)年から1980年代まで売られたが撤退、東京のデパートでの駅弁大会を機に「摩周の豚丼」が2005年に誕生した。1929(昭和4)年8月15日開業、北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目。

摩周の豚丼(1,080円)Mashu no Butadon
2017年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

京王百貨店の駅弁大会で実演販売するために、2005(平成17)年1月13日に会場で発売、会期中の1月20日から摩周駅でも販売を始めたらしい。掛紙に「摩周駅前」と記し、駅で売られる駅弁でないことを示したが、百貨店のチラシやテレビのワイドショーなどでは摩周駅弁と宣伝していたから、現地にないぞと苦情でも出たのだろう。

市販の赤いプラ容器に、商業的な派手さを持ちデザイン料が高そうな掛紙をかけて、輪ゴムでしばる。中身は十穀米混じりの御飯にたっぷりタレをかけて、焼き豚で覆いさらにタレをかけて、山くらげや胡麻団子などを添える。催事の会期2週間で22,901個が売れる人気で、これに続く駅弁催事でもよく見かける。

摩周駅は1990(平成2)年11月19日まで弟子屈(てしかが)駅。かつては急行列車が発着する公式な駅弁販売駅であったが、地元客がマイカーに、観光客も観光バスやレンタカーで移動する時代になり、急行も駅弁も人知れず消滅した。ここでの駅弁の復活は非現実的だが、食堂の副業として駅でもたまに売るし冬場は都会で稼ぐ駅前弁当としてなら生き残れるだろう。

※2018年1月補訂:写真を更新
※2017年4月補訂:値上げの追記、公式サイトURLの変更
※2006年1月補訂:公式サイトURLの追記
販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412 https://poppotei.wixsite.com/home

【掛紙】摩周の豚丼(1,050円)Mashu no Butadon
2005年1月16日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙

2005(平成17)年1月16日に購入した、摩周駅弁の掛紙。上記の2017年のものと、容器や中身を含めて、基本的な差異はない。東京の駅弁大会で生まれ、曲がりなりにも現地で定着した。

販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 01548(2)2412

【終売】摩周の豚丼ミックス(1,280円)Mashu no Butadon Mix (end of sales)
2017年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2017(平成29)年1月の京王百貨店の駅弁大会で実演販売するために発売か。駅弁の名前のとおり、そして掛紙に書かれるとおり、従前の駅弁「摩周の豚丼」の豚肉が、甘辛だれとうに味噌だれの2種類の味で、白御飯を覆う。付合せはタクアン2切れのみ。ウニを名乗るが、味は焼き鳥でいうタレとシオの組合せのように感じた。そんな味は通常版でも良好だが、こちらは味が2種あるのも変化があってうまい感じ。2019年頃までの販売か。

※2021年3月補訂:終売を追記
販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412
疑義駅弁

摩周のあったか豚丼(1,150円)Mashu no Attaka Butadon
2011年10月8日に東京駅「第14回東日本縦断駅弁大会」で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011〜2012年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。長方形の加熱機能付き容器を、中身のイメージ写真と商品名を印刷したボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上にタレまみれの豚肉を詰めただけというシンプルな内容。付合せも入る通常版に比べて、見た目の賑やかさでは劣るが、こんな割り切りもよい。しかし今では注文販売をしているという現地では、加熱機能付きの駅弁など売られるはずがないのではと疑うところ。

販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412 https://poppotei.wixsite.com/home
疑義駅弁

北海道産黒毛和牛牛めしVS豚めし(1,150円)Hokkaido Kurogewagyu Gyumeshi VS Butameshi
2015年11月15日にピアゴの駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015〜2016年の駅弁大会シーズンに向けて投入された、主にスーパーの駅弁大会や北海道催事で摩周駅弁を名乗り販売される疑義駅弁だと考えられる。中身は牛丼と豚丼と玉子焼と紅生姜。豚丼にふりかかる荒粒なコショウの辛さを除き、普通の牛飯や豚飯であった。摩周駅弁は2011年を最後に、発祥地である京王百貨店駅弁大会に来なくなっている。価格は発売時や購入時で1,150円、2016年時点で1,180円。

販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412 https://poppotei.wixsite.com/home
疑義駅弁

北海道産黒毛和牛牛めし(1,180円)Hokkaido Kurogewagyu Gyumeshi
2018年4月14日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015〜2016年の駅弁大会シーズンに向けて投入された、主にスーパーの駅弁大会や北海道催事で摩周駅弁を名乗り販売される疑義駅弁だと考えられる。中身は牛丼と煮物と玉子焼と紅生姜。味も普通の牛丼。このような駅弁は摩周の駅や駅前にあるのだろうか。スリーブの調製元表記が、従前の疑義駅弁の「製造者 ぽっぽ亭T」から、今回は「販売者 ぽっぽ亭OS」に変わっている。

販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412 https://poppotei.wixsite.com/home

【終売】摩周の牛丼(1,100円)Mashu no Gyudon (end of sales)
2007年3月25日にダイエーの駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の秋の投入か。赤いプラ製トレーを接着した長方形の容器を、人気駅弁「摩周の豚丼」と似たデザインの紙枠にはめる。中身は白御飯の上に牛すき焼き肉と牛そぼろを半分ずつ載せ、玉子焼や薩摩芋などを添えるもの。

つまり米沢の名駅弁「牛肉どまん中」の模倣で、本家越えはさすがに無理。これで摩周シリーズは豚丼、ラム丼、牛丼と揃ったが、豚丼以外はどれだけ、現地や地域とのつながりがあるのか。少なくとも今回買った商品が摩周から送られたとは思えない。購入時で現地の食堂に同じ名前のメニューはあるそうだが、それは牛バラ肉の丼なので、この弁当との共通点はない模様。

この駅弁は2007年頃までに「摩周の豚丼」「摩周のラム丼」とともに現地での販売が開始された模様。駅舎内改札外のキオスク型売店に3種の駅弁(か見本)が陳列され、駅前の食堂でも購入が可能。ただ、駅弁大会で販売される商品には製造委託と思われる記号が付いている。2010年頃までの販売か。

※2017年4月補訂:終売を追記
※2008年10月補訂:疑義駅弁のマークを削除、解説文を追加
販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412

【終売】摩周のラム丼(1,050円)Mashu no Lamb Don (end of sales)
2005年10月22日にダイエーの駅弁大会で購入

掛紙 中身
掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年10月発売の、スーパー駅弁催事用駅弁か。加熱機能付き容器に見えてそうではない丼型の容器を、中身の写真を大きく載せたボール紙の枠にはめる。中身は白御飯の上にラム肉やキャベツ炒めとピーマン・人参・ポテト・山くらげを載せた、商品名どおりのラム丼。常温なのに臭みなく炭火香るラム丼のラムや具は、主力商品の豚丼を超える出来だと思ったが、どうも現地での販売はない模様。

この弁当は「摩周の豚丼」と同様、商品には駅弁ではなく駅前弁当と記されるが、スーパーの駅弁催事では堂々と駅弁を名乗るか名乗らされるので、誰もが駅弁と認識していると思われる。2005年最大の駅弁サクセスストーリーがおかしなことにならないよう、少なくともスーパーには正直な商売を期待したい。

この駅弁は2007年頃までに「摩周の豚丼」「摩周の牛丼」とともに現地での販売が開始された模様。駅舎内改札外のキオスク型売店に3種の駅弁(か見本)が陳列され、駅前の食堂でも購入が可能。ただ、駅弁大会で販売される商品には製造委託と思われる記号が付いている。2010年頃までの販売か。

※2017年4月補訂:終売を追記
※2008年10月補訂:疑義駅弁のマークを削除、解説文を追加
販売駅
釧網本線 摩周(ましゅう)駅 1929(昭和4)年8月15日開業 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目
調製元
ぽっぽ亭 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7番18号 015(482)2412