banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR九州 宮崎(みやざき)駅2011年3月11日訪問Googleマップ「宮崎駅」
JR-Kyushu Miyazaki Station

駅名標 駅舎 駅構内

鹿児島中央駅から特急列車で約2時間。宮崎市は宮崎県の県庁所在地であり、大淀川の河口に位置する日向灘に面した人口約40万人の商業都市。温暖な気候を農作物の早期・促成栽培やスポーツチームのキャンプ地などに活かす。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が「椎茸めし」などの伝統の駅弁を販売。1913(大正2)年12月15日開業、宮崎県宮崎市錦町。

御料理弁当(黒毛和牛100%霜降りハンバーグ弁当)(1,080円)2014年11月3日に宮崎駅のレストランで購入
Oryori Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

宮崎駅に入居する、宮崎県や東京都に店舗を展開するハンバーグレストラン「平家の郷」で、専用の売り場を設けて販売するお弁当のひとつ。店頭の掲示による商品名は「黒毛和牛100%霜降りハンバーグ弁当」。市販の仕出し弁当向け容器に、日の丸御飯、ハンバーグ、薬味、野菜、フルーツを詰めていた。見た目どおりにおいしい、できたてのハンバーグ弁当。

訪問時の店頭では、ハンバーグ150グラム入りで1,080円、200グラムで1,260円、150グラム2枚入りで1,600円、「黒毛和牛サーロインステーキ」1,950円、デミグラスソース・ごはん大盛で各プラス108円、チーズ添え、きのこ添え、味噌汁で各プラス162円という、持ち帰り弁当チェーン店のような注文販売が実施されていた。店が駅や市街から逃げていき、列車や車内で飲食品が得られなくなり、鉄道旅行では飲料自動販売機にさえ出会えないこともある21世紀の日本で、駅でこんな商売が行われていると便利に思う。

販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
株式会社 ハンク・ディーシー 平家の郷JR宮崎フレスタ店 宮崎県宮崎市錦町107−4JR駅構内 0985(28)0705 http://www.heikenosato.jp/

幕の内お弁当(760円)2013年11月29日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Makunouchi Obento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

宮崎駅の並等幕の内駅弁。正方形の経木折に日の丸俵飯を直接置き、これを取り囲む白いプラ製トレーに焼サバ、かまぼこ、玉子焼、串カツ、牛肉煮、がんも、タケノコ、昆布巻、ごぼうささがき、漬物、みかんなどを詰める。新しくもなく古くもなく、21世紀にこんな姿で残り続けてしまって心配に思うが、こうやって古典的かつ実用的な駅弁が、ここにはある。掛紙の絵柄は数年ごとに変わる模様。価格は2013年の購入時で720円、2015年時点で760円。

※2019年8月補訂:値上げを追記
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

宮崎の彩り(900円)2011年3月11日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Miyazaki no Irodori

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

長方形の惣菜向けプラ製容器に透明なふたをして、宮崎県内各地の風景写真を印刷した大きな掛紙で包む。中身は酢飯の上にシイタケ煮や錦糸卵やとりそぼろなどを貼り付けた御飯の周りを、カツオの角煮、切り干し大根、イワシ天、ごぼう、こんにゃくやカボチャなどの煮物、鶏唐揚、玉子焼、日向夏ゼリーなどで囲むもの。

2007年の夏にコンビニエンスストア大手のローソンが中四国地方でタイアップ弁当にするほど宮崎の味が詰まっているようで、確かに内容は多種だが、そのために何が言いたいのか分からない弁当になり、味付けも強めで、うまい印象を探せない。日向夏ゼリーだけはうまかった。価格は2011年の購入時で850円、2014年時点で900円。

※2019年8月補訂:値上げを追記
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

日向鶏べんとう(900円)2011年3月11日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Hyugadori Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2002(平成14)年12月の発売か。市販の仕出し弁当向け容器のプラ製トレーに、日の丸御飯、チキン南蛮と千切りキャベツとレモン、鶏の直火焼とミニトマトとししとう、タルタルソース、日向夏ゼリーを詰める。今回は持ち歩いた時間が長かったのか、容器の都合か、中身が汁物になってしまい、味はべちゃべちゃ。しかしこの値段でこれだけのボリュームの駅弁が手に入るのはお得だと思う。価格は2011年の購入時で720円、2014年時点で760円、2020年時点で900円。

※2020年5月補訂:値上げを追記
※2019年8月補訂:解説文を手直し
※2015年2月補訂:値上げを追記
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

【終売】日向鶏弁当(650円)2005年12月31日に宮崎駅高架下駅弁売店で予約購入
Hyugadori Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記の駅弁「日向鶏べんとう」の、2002(平成14)年時点での姿。中身はおおむね同じだが、明るい色の市販容器に黄色い駅弁名シールを貼り、見た目が軽快だった。チキン南蛮のサクッとした柔らかさと、焼き鳥の身の締まりは、千円以上の駅弁に入れてもおかしくない。宮崎駅弁最安商品で、2005年「九州の駅弁ランキング第2弾」の対象駅弁50種の中でも熊本駅「あさりめし」に次ぐ安さだが、一番うまいという評価もある、爪を隠した能ある鷹。

※2019年8月補訂:解説文を手直し
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

お弁当(1,070円)2011年3月11日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Obento

掛紙
外観 外観 外観 中身 中身 中身

宮崎駅の上等幕の内駅弁。平たい経木折を二段に重ねて使う、昭和時代かそれ以前の大昔の駅弁の姿を残す。中身は不思議と上段に日の丸俵飯に佃煮と漬物、下段がおかずでイワシ天、白身魚フライ、牛肉煮、鶏唐揚、有頭海老、玉子焼、かまぼこ、シイタケやかぼちゃの煮物、明太子、金時豆、日向夏ゼリー。そんな雰囲気も、カラー写真のない時代に記録されていた上等幕の内駅弁にそっくり。決して豪華でないはずのおかずの味が、白御飯に合う。価格は2011年に購入時で920円、2014年時点で970円、2020年時点で1,070円。

※2020年5月補訂:値上げを追記
※2019年8月補訂:解説文を手直し
※2015年2月補訂:値上げを追記
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

【終売】幕の内弁当(920円)2003年9月8日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Makunouchi Bento (end of sales)

掛紙
外観 外観 中身

上記の駅弁「お弁当」の、2003(平成15)年時点での姿。この頃のほうが上の8年後より近代的に見える。平たい長方形の二重折に、日の丸御飯と佃煮と漬物、松花堂タイプに区切ったおかずの数々、オレンジとおはぎで2種のデザート。

※2019年8月補訂:解説文を手直し
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

椎茸めし(800円)2005年12月31日に宮崎駅高架下駅弁売店で予約購入
Siitake Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

1953(昭和28)年の発売。宮崎駅を代表する駅弁。食品表示ラベルでの名前は「元祖椎茸めし」。昭和時代の駅弁のような平たい長方形の容器に炊込飯を詰め、鶏そぼろと錦糸卵で覆い、シイタケ煮で仕切り、グリーンピースと紅生姜で彩り、かまぼこ、玉子焼、ミートボール、タケノコや野豆腐などの煮物、りんご、つぼ漬を添える。主題のシイタケは風味を出すため、干し椎茸を水で戻して煮汁で煮たものだそうな。掛紙の絵柄を含め、渋すぎる存在。価格は2005年の購入時で720円、2014年時点で760円、2020年時点で800円。

※2020年5月補訂:値上げを追記
※2019年8月補訂:値上げを追記し解説文を手直し
※2006年2月補訂:写真の更新
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

【終売】椎茸めし(720円)2003年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Siitake Meshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

上記の駅弁「椎茸めし」の、2003(平成15)年時点での姿。中身は変わらないが、掛紙が異なる。どうも京王百貨店駅弁大会で輸送販売する際に、並等版の中身と上等版の掛紙を組み合わせて持ってきたようだ。

※2019年8月補訂:解説文を手直し
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

【掛紙】椎茸めし(200円)2005年12月31日に宮崎駅高架下駅弁売店で予約購入
Siitake Meshi

掛紙

1970年代に使われたのではないかと思われる、昔の宮崎駅弁の掛紙。21世紀のものと同じ絵柄が使われる。

販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市老松通り150 (4)2913

椎茸めし(1,000円)2003年9月8日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Siitake Meshi

掛紙 外観 外観 中身

正方形の木目調発泡材二段重ね容器をまるごと掛紙で包んでビニールひもでしばる。中身は下段が宮崎駅弁名物椎茸めし、上段が揚物煮物の数々に焼魚・蒲鉾・玉子焼の駅弁三種の神器にデザートが二種など。これだけ盛って価格は購入時でおおむね駅弁の平均価格と言われる820円と、信じ難い低価格。しかも味は良い。価格は2003年の購入時で820円、2005年時点で920円、2014年時点で970円、2020年時点で1,000円。

※2020年5月補訂:値上げを追記
※2019年8月補訂:値上げを追記
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913

鯨ようかん(500円)2013年11月29日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Kujira Yokan

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

宮崎駅の駅弁売店で駅弁とともに売られていた、地元限定の銘菓。かつて薩摩藩の支藩とされる佐土原藩の城下町であった、宮崎県佐土原で元禄時代から300年以上の歴史を刻むという。米粉の練り物をあんこで挟む。買ったものは、白が3個とよもぎ入りの緑が3個。あんこの部分も型くずれしない弾力性があり、ういろうのような風味と食感で、それでいてそれほど甘くなく、鉄道旅行での軽食代わりにもなると思えた。今時のスイーツと違い、日持ちがまったくしないようで、ここに来なければ味わえない模様。

販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
有限会社 安田屋 宮崎県宮崎市佐土原町上田島1424−4 0985(74)0067

【終売】豚丼(700円)2011年3月11日に宮崎駅高架下駅弁売店で購入
Buta Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年頃の登場か。食品表示ラベルでの名前は「ひむかの完熟豚ロース丼」。プラ製の赤い惣菜容器に透明なふたをして、駅弁の名前と中身の写真を赤く記した黒い掛紙を巻く。中身は白御飯の上に宮崎県産豚のロースを塩ダレで焼いて貼り、玉子焼、かぼちゃ、ピーマン、大根漬を添えるもの。

ツヤツヤ光る肉は塩ラーメンの味で「ブったまげた」(掛紙記載の表現)ものの、そのタレの味を妨害しない、歯当たりや臭みのない豚肉の品質や調理に見るべき点がある。個人的に、という前置きが必要だと思うが、ザクザク食べられてうまかった。価格は2011年の購入時で650円、2013年時点で700円。2018年頃に終売か。

※2020年4月補訂:終売を追記
※2019年8月補訂:値上げを追記
販売駅
日豊本線 宮崎(みやざき)駅 1913(大正2)年12月15日開業 宮崎県宮崎市錦町
調製元
宮崎駅弁当 株式会社 宮崎県宮崎市広島2丁目8−8 0985(24)2913