banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

宇高連絡船うどん(950円)2010年10月9日に第17回鉄道フェスティバルの会場で購入
Uko Renrakusen Udon

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

毎年10月に東京都の日比谷公園で国土交通省が開催する「鉄道フェスティバル」の会場内に出店していたJR四国のブースで購入。瀬戸内海や宇高連絡船の写真を印刷した紙箱に、 密封パックされた半生うどん3玉と、かけ用めんつゆが3袋と、つけ用めんつゆが3袋入る。とても分かりやすい土産物。なお、調理後の写真にある玉子やほうれん草は入っていない。

宇高連絡船とは、1910(明治43)年6月12日に鉄道院(後の鉄道省〜国鉄)が開設した、岡山県の宇野と香川県の高松を結ぶ航路。国鉄線の一部を構成する鉄道航路ということで、官民あまたの瀬戸内海航路の中でも代表的なルートとして、多くの旅客に親しまれた。

1969(昭和44)年頃から瀬戸大橋の開通により航路が事実上廃止される1988(昭和63)年まで、貨客船のデッキに讃岐うどん屋が出店しており、1時間の船旅の息抜きとして、これもまた船客に親しまれたそうだ。あれから22年、連絡船の現役時代を知る者は確実に減っていくし、その頃のさぬきうどんは今のような全国区の知名度はなかったはずだが、当分の間は少なくとも鉄道ファンに対しては良い土産物になるのではないか。なお、製造者はJR四国の100%子会社であるうどん屋で、NREとの提携により首都圏にもいくつかの駅うどん屋を出店している。

調製元
株式会社 めりけんや 香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁36−2 連絡先の記載なし http://www.merikenya.com/
四国キヨスク 株式会社 香川県高松市西の丸町12番12号 連絡先の記載なし http://s-kiosk.sakura.ne.jp/

JR四国 高松(たかまつ)駅2005年7月31日訪問Googleマップ
JR-Shikoku Takamatsu Station

駅名標 駅舎 駅構内

岡山駅から快速「マリンライナー号」で一時間弱の、四国を代表する鉄道ターミナル。高松市は四国北部で瀬戸内海に面する、人口約42万人の城下町かつ港町。県庁の設置と国鉄宇高連絡船の就航で、行政都市として発展した。駅弁は2014年5月に国鉄時代からの駅弁屋が消え、以後は岡山駅の駅弁屋の製造委託でキヨスクが販売。駅のうどんは名物である。1897(明治30)年2月21日開業、香川県高松市浜ノ町。

JR四国 丸亀(まるがめ)駅2020年8月29日訪問Googleマップ「丸亀駅」
JR-Shikoku Marugame Station

駅名標 駅舎 駅構内

高松駅から電車で30分前後。丸亀市は香川県の中ほどで瀬戸内海に面する、人口約11万人の城下町。2015年から2019年まで高松駅弁「丸亀名物あったか骨付鳥弁当」が売られ、その間だけは駅弁販売駅であった。1889(明治22)年5月23日開業、香川県丸亀市新町。

サンポート高松幕の内弁当(1,000円)2015年9月14日に特急南風号車内販売で購入
Sunport Takamatsu Makunouchi Bento

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1990(平成2)年度から2003(平成15)年度にかけて実施した、高松駅と高松港と埋立地の約42ヘクタールでの高松港頭地区都市再生総合整備事業(サンポート高松総合整備事業)の完成に向けて、2003(平成15)年1月に発売。駅弁の名前はこうなっているが、つまり高松駅の特製幕の内駅弁。市販の仕出し弁当向けボール紙製容器を包む掛紙には、海側から見たその地区の写真が使われる。

中身は幕の内弁当にあらず、9区画にゆかりめし、茶飯、赤飯、サケ西京焼と野菜かき揚げ、メンチカツとキャベツのコンソメ煮、鶏肉の山賊焼と小松菜おひたし、牛肉うま煮、焼き豚と肉団子、大根漬と笹巻きもちなどという、飯3種と肉3種と揚げ物も煮物も焼き物も漬物も詰め込んだ、なんでもまるごと弁当。内容から高松や香川や四国など地域を語らず、感じ取れず、そもそも施設群を名乗る時点で地域と中身の関連はないのだろうが、これだけいろいろ食べられる駅弁も、なかなかないと思う。

高松は四国の鉄道の玄関口として、宇高連絡船と予讃本線や高徳本線が、高松港と高松駅で接続していた。1988(昭和63)年の瀬戸大橋の開通で、その交通結節機能が失われたことと、それで港と鉄道の敷地が空いたことで、サンポート高松の事業が始まった。高松駅が移転し、駅前にオフィスやホテルの高層ビルが建ち、駅前広場と地下駐車場が整備され、掛紙写真のとおり近代的なウォーターフロントが出現した。しかしバブル経済の頃の華やかすぎる計画がたたり、四半世紀後もまだまだ空き地が多く広がる。琴電の高松築港駅をJR高松駅に再度近付ける連続立体交差事業は、お金がないため公式に中止され、同駅は高松城・玉藻公園の脇の空き地にぽっかり取り残されてしまった。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 ステーションクリエイト東四国 香川県高松市浜ノ町8−24 087(823)2014 http://www.jr-shikoku.co.jp/stc-shikoku/

【終売】オリーブ牛牛肉弁当(1,300円)2018年12月21日に京王百貨店で購入
Olivegyu Gyuniku Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2018(平成30)年9月1日に高松駅で発売。オリーブ色のスリーブには、瀬戸内海と讃岐牛の風景が描かれる。中身は白御飯を牛肉煮で覆い、煮物と玉子焼と漬物を添える、それだけ見れば普通の牛肉駅弁。柔らかくておいしい牛丼。今回は東京都内で買ったので、調製元が実際に調製する岡山駅の駅弁屋になっていたが、現地では販売元が調製元を名乗るはず。2020年までの販売か。

オリーブ牛とは、2011(平成23)年3月に登場した香川県のブランド牛。香川県内で飼育された血統明確な黒毛和種で、枝肉が牛肉取引規格の歩留等級A・Bで肉質等級5・4・3等級のものをいう「讃岐牛」のうち、1日1頭当たり100グラム以上、出荷前2カ月以上、「オリーブ飼料」を給与したものをいう。オリーブが特産の小豆島で、肉牛にオレイン酸を含むオリーブ油かすを給与してみたら、肉質が良いと注目されたのだそうな。2018年時点で約100戸の生産者が年に約2千頭を出荷しているのだそうな。

※2021年3月補訂:終売を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 ステーションクリエイト東四国 香川県高松市浜ノ町8−24 087(823)2014

【終売】丸亀名物あったか骨付鳥弁当(1,350円)2016年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Marugame Meibutsu Attaka Honetsukidori Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年4月18日の発売。香川県丸亀市が発祥とされるご当地グルメ「骨付鳥」を、同市内の商工会議所や商店で構成する「丸亀とっとの会」の監修により駅弁として、丸亀城築城418年にちなんで4月18日に発売した。パッケージには同市のゆるキャラ「とり奉行骨付じゅうじゅう」を起用。

四角い加熱機能付き容器の中身は、五目味飯に骨付きの鶏もも肉を置き、カレー味のボイルキャベツと鶏皮のポン酢和えを添えるもの。香味油のミニカップ付き。骨付の鶏肉は、駅弁としてとても食べにくいが、この骨付鳥こそが丸亀の名物。加熱により味と香りが立ち、コショウとニンニクでの味付けで、おいしくいただける。

この駅弁の発売を機に、高松駅弁の丸亀駅での販売が始まった模様。今回の東京など遠隔地での販売では、高松駅の駅弁という扱いになりがちだが、丸亀駅史上初の駅弁と紹介されることがある。特急列車の車内販売でも買えた。その車内販売の再終了とともに、2019(平成31)年3月31日限りで販売を終了。

※2019年3月補訂:終売を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 ステーションクリエイト東四国 香川県高松市浜ノ町8−24 087(823)2014

【掛紙】丸亀名物あったか骨付鳥弁当(1,350円)2016年5月22日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Marugame Meibutsu Attaka Honetsukidori Bento

掛紙 掛紙

2016(平成28)年5月21日頃の調製と思われる、高松駅弁のパッケージ。伊勢志摩サミットの開催を記念して、仙台駅から小倉駅まで11種類の駅弁について、パッケージに駅弁の名前の英文表記とほぼ共通のロゴマークを印刷し、東京駅の駅弁売店で販売した。価格と中身は通常版と同じ。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 ステーションクリエイト東四国 香川県高松市浜ノ町8−24 087(823)2014

【終売】讃岐産肉うどん弁当がいな(1,200円)2013年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Sanuki-san Niku Udon Bento Gaina (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身 中身

京王百貨店駅弁大会での八戸・高松・出水の「駅麺対決」のために、2013年1月17日の会期後半に初登場、同日に高松駅での販売も開始。丸い加熱機能付き容器を収めた紙箱と、そうでない丸い容器を収めた紙箱を、中身のイメージ写真や紹介などを印刷したボール紙の枠にはめる、巨大な駅弁。

中身は牛・豚・鶏の肉うどん、うどん入りの太巻きが2個、付合せ。うどんをそのまま駅弁にしてしまおうという果敢な挑戦を大目に見ても、ミニ御飯がうまくなく、肉はボソボソで、そして麺にまったくコシがないという、さぬきうどんとして致命的な欠陥を持ち、もうどうしようもなし。どうしてこうなってしまったのかと思う。

なお、調製元の会社解散を前に2014年5月11日に高松駅の駅弁売店を閉店したため、この駅弁も買えなくなったと思われる。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】御弁当(850円)2010年12月30日に高松駅の改札外駅弁売店で購入
Obento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

宇高航路の開設百周年を記念して、2010年5月22日から2011年3月末まで販売した復刻駅弁。1973(昭和48)年頃に宇高連絡船の船内で販売していた弁当を復刻したという。

正方形の経木折に、過去の掛紙と現在の写真を印刷した水色基調の掛紙をかける。中身は俵飯に焼サワラ、かまぼこ、玉子焼、鶏唐揚、牛肉煮、ハム、キュウリ、レンコン、漬物など。内容に加えて詰め方も過去を模したのだろう、俵飯を余しおかずが物足りない、確かな昭和の幕の内弁当。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】地鶏讃岐コーチンとりめし弁当(880円)2007年1月12日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Jidori Sanuki Cochin Torimeshi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記駅弁の2007年1月時点での姿だと思われる。中身と価格が同一であることがその根拠だが、パッケージの絵柄は新商品のように様変わりした。今の駅弁はこれくらい見栄えがしなければ弁当競争に勝ち残れないだろうという気持ちが半分、旅情と郷愁で知名度を保つ駅弁がこんな過激というか華美なデザインになるのはよろしくないという思いが半分。「地鶏」や「讃岐コーチン」というキーワードが増えているが、風味は従前と何ら変わることはない。

なお、調製元の会社解散を前に2014年5月11日に高松駅の駅弁売店を閉店したため、この駅弁も買えなくなったと思われる。

※2014年6月補訂:終売を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】こんぴら参り(1,050円)2003年1月25日に藤沢さいか屋駅弁大会で購入
Konpira Mairi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2000年4月に発売。金比羅参りの船を模したという陶製容器を使用する。中身は鯛の混ぜ御飯の上に鯛照焼と穴子照焼、椎茸に松茸に人参に海老にという具合に、小さな容器にぎっしり詰まっている賑やかな内容で、コンパクトな見た目の印象に反して腹持ちが良い駅弁。ただ、2004年までにこの駅弁は終売となったものと思われる。

「こんぴらさん」こと金刀比羅宮(ことひらぐう)は、昔から船の神様・海の守護神として崇められていたそうで、讃岐・琴平が総本山。戦前にはここを目指して3本もの鉄道が敷かれたほど。1,368段もある石段も有名。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】讃岐とりめし弁当(880円)2002年11月9日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Sanuki Torimeshi Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

ボール紙製のパッケージの中に長方形の容器を収納する、最近にしては過剰気味の包装。中身は茶飯の上に讃岐コーチンの照焼を、糸こんにゃくや錦糸卵とともに載せる。「低カロリー低脂肪」「ヘルシー&ジューシー」のうたい文句どおりの旨味のある鶏肉に加え、その引き立て役をしっかり演じている糸こんにゃくや御飯とのコラボレーションが絶妙で、高崎駅あたりの伝統の鶏飯駅弁と比較しても遜色のない一品。駅弁大会でもよく見掛ける顔。2007年1月までに下記商品へリニューアルされたと思われる。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】四国お遍路さん弁当(880円)2002年2月2日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Shikoku Ohenrosan Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

1999(平成11)年9月の発売。柳行李風の竹籠の容器の中にビニールを敷いて、仕切りを兼ねた赤いボール紙を入れてその上に食材を載せる。おにぎりがふたつ、瀬戸内のイイダコが1匹まるごと、昆布や鳴門のワカメが入る。1960(昭和35)年以来四国の玄関口で四国国鉄の本部であった高松駅舎は、再開発事業で移転新築された。

なお、調製元の会社解散を前に2014年5月11日に高松駅の駅弁売店を閉店したため、この駅弁も買えなくなったと思われる。

※2014年6月補訂:終売を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【終売】讃岐路牛めし(870円)2002年1月10日に横浜松坂屋駅弁大会で購入
Sanukiji Gyumeshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

木目を印刷した長方形の容器に白御飯を敷き、ゴボウやうずら卵とともに牛肉と合挽そぼろを載せる。ボール紙のふたに瀬戸大橋らしきイラストが入る以外に高松や讃岐を思わせるものを感じ取れないので、何らかの解説文が欲しいところ。

なお、調製元の会社解散を前に2014年5月11日に高松駅の駅弁売店を閉店したため、この駅弁も買えなくなったと思われる。

※2014年6月補訂:終売を追記
販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
株式会社 高松駅弁 香川県高松市浜ノ町8−12 087(851)7711

【掛紙】お弁当(100円)1962年8月11日調製
Obento

掛紙

1962(昭和37)年8月11日10時の調製と思われる、昔の高松駅弁の掛紙。讃岐国高松藩の高松松平家の家紋のようなものと、高松市鬼無(きなし)の桃太郎発祥説に基づき鬼のうちわを描いた、と思うのは読み過ぎか。

調製元の高松駅弁当は1943(昭和18)年6月に創業、1985(昭和60)年に高松駅観光デパートと合併して四国観光弘業となり、1999(平成11)年7月の社名変更で高松駅弁に変わり、2014(平成16)年9月の解散によりステーションクリエイト東四国が高松駅で販売する弁当の屋号となった。つまり高松駅弁という名称は、高松駅弁当という社名と、高松駅弁という社名と、高松駅弁という屋号の3種類がある。

販売駅
予讃線 高松(たかまつ)駅 1897(明治30)年2月21日開業 香川県高松市浜ノ町
調製元
高松駅弁当 株式会社 香川県高松市西の丸町 (2)2230

JR四国 多度津(たどつ)駅2020年8月29日訪問Googleマップ「多度津駅」
JR-Shikoku Tadotsu Station

駅名標 駅舎 駅構内

高松駅から電車で約30〜40分。多度津町は香川県の西側で瀬戸内海に面した、人口約2万人の港町。予讃線が土讃線を分け、明治時代には鉄道連絡船も発着し、その頃から鉄道工場がある、交通の要衝である。駅弁は明治時代から1970年代まで売られたが、今はない。1889(明治22)年5月23日開業、香川県仲多度郡多度津町栄町三丁目。