banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。実際に食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ「東京駅」
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はJRの子会社が調製するもので100種類以上とも、エキナカの商品を含めて400種類以上とも、デパ地下の弁当を含めて1000種類以上ともいわれる、世界一の駅弁販売駅。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

【掛紙】チキン弁当(900円)2018年7月15日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Chicken Bento

掛紙 掛紙

2018(平成30)年7月15日に購入した、東京駅弁のパッケージ。東京駅弁「チキン弁当」について、2018(平成30)年7月14日から期間限定で、パッケージの絵柄を「新幹線変形ロボ シンカリオン」にしたものが販売された。中身や値段は通常版と同じ。2015年から小学館の漫画雑誌「てれびくん」で連載され、2018年からTBS系列でテレビアニメになり、この駅弁が作中に出てきたという。調製元は2018(平成30)年3月までのNRE大増。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本ばし大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334

【終売】チキン弁当×ボンカレー(900円)2018年10月7日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋」で購入
Chicken Bento Boncurry (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2018(平成30)年10月5日に東京、品川、上野、大宮の各駅で発売。大塚食品のレトルトカレー「ボンカレー」の発売50周年を記念し、同社と日本レストランエンタプライズとJR東日本リテールネットが共同で、駅弁とコンビニおにぎりでコラボレーション商品を発売した。

いつものチキン弁当のバスケット型紙箱に、ボンカレーの名前と三重丸の黄色いマークが描かれる。中身は一方でカレーペーストと福神漬をターメリックライスに載せ、他方で通常版とカレー風味の鶏唐揚に玉子入マカロニサラダとスモークチーズを詰める。ボンカレーの味は個人的にあまり好みでないのだが、このドライカレーはおいしかった。パッケージに「ボンカレーゴールド中辛は使用しておりません」と明記される。2か月間の販売か。

ボンカレーは1968(昭和43)年2月に発売された、世界初の市販レトルト食品。食品を樹脂シートで密封し加圧加熱殺菌する、軍隊の糧食や宇宙食で使われた携帯食品保存技術を、大塚食品が一人用の具入りカレールーに活用した。昭和時代にTVCMで知名度と売上を拡大。後にハウス食品のククレカレーなど他社製品に押されてシェアを落としたが、今も現役の商品であるほか、懐かしさやこのようなタイアップを通したキャンペーンもよく見かける。

※2019年11月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本ばし大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334

【終売】信玄どりとチキン弁当(950円)2016年11月3日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 踊」で購入
Shingen Dori to Chicken Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」の新作駅弁として、2016(平成28)年9月29日から11月30日まで販売。同キャンペーンでは甲府駅の駅弁として出てきたが、調製元はNRE大増であり、実態は東京エリアの駅弁である。食品表示ラベルで文字が隠れたが、中央本線特急「あずさ」の運行開始50周年を記念している。

見た目のとおり、実物の実態も東京駅弁の名作「チキン弁当」の特別版。容器の配色がワイン色になり、あの鳥が兜をつけて馬に乗り、チキンライスに錦糸卵や干しぶどうや野菜ソテーを載せ、色が濃くなった鶏唐揚には味噌味と醤油味があり、いつものものとは違う香りや強めの味付けを持っていた。通常版のチキン弁当も併売。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334

【終売】スパイシーチキン弁当(800円)2013年8月11日に東京駅「「駅弁屋 祭」開店1周年記念駅弁大会」で購入
Spicy Chicken Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013年8月9日から18日まで、東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で開催された、「「駅弁屋 祭」開店1周年記念駅弁大会」の期間限定商品3種類のうちのひとつ。見た目も値段も通常版のチキン弁当と変わらないが、鶏唐揚をスパイシーにしたといい、パッケージにも「SPICY」と名乗る赤い服のチキンがシールで貼られる。その鶏唐揚は、中辛のレトルトカレーが限界という刺激に弱い舌でも、スパイシーとは感じないレベルのカレー味だった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7554

【終売】Christmasチキン弁当(800円)2011年12月4日に東京駅「東北新幹線全線開業1周年記念駅弁大会」で購入
Christmas Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

チキン弁当クリスマスバージョンの2011(平成23)年版で、今回は1日から25日までの販売。今回はクリスマスカードが復活、それ以外は前年と同じ。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334

【終売】Christmasチキン弁当(800円)2010年12月18日に東京駅の駅弁売店で購入
Christmas Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

チキン弁当クリスマスバージョンの2010(平成22)年版で、今回は10日から25日までの販売。買いそびれた2009年版では、チキンライスの上に振るチーズがクリスマスツリー型の玉子焼に変わり、今回はサンタクロース顔の金太郎飴がパチンコ玉の大きさのチョコレート2個に変わり、パッケージの背景がチェック柄から雪空?に変わり、クリスマスカードの添付がなくなった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【終売】発売45周年チキン弁当(800円)2009年10月24日に東京駅の「東日本縦断駅弁大会」で購入
Hatsubai 45-syunen Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009年10月24、25日に東京駅で開催された「第10回東日本縦断駅弁大会」で販売された、商品名どおりチキン弁当の発売45周年を記念する駅弁。いつもの形の容器に「発売45周年」の文字を加え、ニワトリの帽子の頭にも45の文字を追加し、地柄を赤煉瓦に差し替え、同じ絵柄のストラップを添付する。

中身はケチャップライスに降りかかる卵がニワトリ型になった以外は、この時点での通常版と同じで、おかずは鶏唐揚とポテトサラダとスモークチーズとレモン汁。添付の年表「チキン弁当のミニ歴史」は、また内容が詳しくなった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【終売】チキン弁当クリスマススペシャル2008(800円)2008年12月23日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Chicken Bento Christmas Special 2008 (end of sales)


掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 食後

チキン弁当クリスマスバージョンの2008(平成20)年版で、今回は13日から25日までの販売。前回との差異は、チキンライスに降り掛かっていた玉子そぼろがチーズに変わり、雪だるま型のチョコレートがサンタクロース顔の金太郎飴に変わり、星形パイン、ツリー型にんじん、マカロニを追加、そして通常版そのものの改訂に伴い、レモンが実物から果汁パックに差し替わり、レタスがなくなっている。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【終売】チキン弁当クリスマスバージョン(800円)2007年12月24日に上野駅1階コンコースの駅弁売店で購入
Chicken Bento Christmas Version (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

チキン弁当クリスマスバージョンの2007(平成19)年版で、今回は15日から25日までの販売。前回との差異は、チキンライスのグリーンピースをブロッコリーと星形のニンジンに差し替えたことと、添付のチョコレートが角形から丸形に変わったこと。これが売られている期間は、通常版は購入できない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【終売】チキン弁当(クリスマスカラー)(800円)2006年12月10日に東京駅の駅弁売店で購入
Chicken Bento Christmas Color (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の12月3日から25日まで販売された、チキン弁当史上初めてと思われるクリスマス版。いつものチキン弁当をベースに、紙箱を赤くして、中身に星形ハッシュドポテトとチョコレート2個を加え、名刺大のカードを添えていた。

鳥唐揚やチキンライスの人気で時代遅れな味は健在。簡単な手入れで特別版を名乗るチープさにもまた泣けるが、これがチキン弁当の魅力そのものである。この年は下記の復刻版も出ており、NRE社内でもようやくこの駅弁の人気と実力に気が付いてもらったようだ。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551